期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

『期間工は稼げる。嘘じゃない』ブラック企業の正社員から大企業の期間工になったら人生が変わった話

※下記の文章は、上記の動画の全文です。

 


「ブラック企業の正社員から大企業の期間工になったら人生が変わった」

 

 

私は2014年からスバルの期間従業員として働き始めました.
その結果、大袈裟ではなく自分の人生が大きく変わりました。仕事そのものに対する考え方も大きく変わりました
前職がブラック企業で働いていた私がスバルの期間工となり、どのように人生が変わっていったかを今回は紹介します


【正社員の仕事を辞めて期間社員として働こうと思った理由】

 

私は前職は中小工場の正社員として働いていました
自動車メーカーの子会社で自動車部品を作る仕事です
給料はとっても低く、残業時間も過労死ラインを超える毎月80~100時間くらいあるような会社でした。いわゆるブラック企業です

残業代が支払われないという事はなかったのですが、毎月80~100時間の残業を繰り返しても年収は350万円前後と低いものでした
数年に1度の昇給も3000円程度で、賞与だって年間で1.5ヶ月くらいのしかありませんでした
職場環境も悪く、安全に怪我なく仕事をするという意識、仕事で結果をちゃんと出す、職場を少しでも良くするという意識も会社全体で低かったです
そんな未来も夢も希望もない環境でず っと働いていた私は「このまま今の環境で働いていていいのだろうか?」と毎日のように考えて悩んでいました

そんな時にネットサーフィンをしていた時に知ったのが自動車メーカーの期間工の仕事です
日給が9000円~1万円と高く、満了金、皆勤手当てなどの賞与のような特別手当が年間に80~100万円と中小企業の正社員で働いている自分よりもはるかに高い給料に驚きました
さらに学歴・経験が不問で年収400万円以上可、寮費無料といった高待遇というのを見た時に「今の会社を辞めて期間工として働くか?」をとても悩みました
ずっと考えた結果、最終的には以下の事が決定打となり期間工になる決意をします

 

  1. 今と同じような工場勤 務で年収が400~450万円を稼ぐことができる
  2. 期間工として40~50代で働いている人もかなりいる
  3. 期間工の仕事には社員登用制度があり、20代で若い自分にはチャンスもある
  4. 今の会社で定年まで働いていても年収は400万円は超えることはなく、残業時間が減る見込みもない
  5. 残業時間が80~100時間が毎月あり、心身ともに疲れていて何とかしなくてはいけなかった


特に最後の部分が決め手ですかね。今の過労死ラインでの勤務状況をずっと続けていく自信もなかったし、体も限界に達していました
期間工として働く決意をしたらすぐに実行をします。会社に退職の意志を伝えて約1~2 か月後に退職をします
失業保険を受けながら、どの自動車メーカーで働くかを考えたところスバルの期間工の仕事が実家から近い事、正社員登用に力を入れている事もあって自分にはピッタリでした
面接に行くと、とんとん拍子に話が進んで約2週間後に赴任することが決まりました


【期間工の仕事は大変!それでも頑張れる理由】


実際にスバルの期間工として働いてみると想像以上に仕事は大変でした
工場で扱う道具や設備などの説明を受ける研修期間もありましたし、自分の工程を2週間ほどかけて覚える期間も与えられたのですが、それでも初めての仕事なので戸惑いましたね
交代制の勤務は初めてだったので 体が慣れるのにも時間がかかりました
初めての土地で初めての仕事をする時点で不安でしたし、仕事自体も無駄な時間がなく考えられているので楽ではありません
それでも期間工の仕事は働いた分以上の待遇を受けられると個人的には思っていて気に入っています。コスパがいいんですよね
スバルは深夜勤務手当が60%増しだったり、有給が当たり前のように使えたりと想像以上に待遇が良い事もありました

毎月の残業時間は40時間程度でしたが、給料は手取りで30万円を超えるのは当たり前のようになってきます


給料明細の画像

f:id:connectconnect:20170228125115j:plain


期間工の仕事は大変ですが給料明細を見ると疲れも吹き飛びます
自分には一生無理だった年収400万円の壁が超えられることに喜びを感じました。仕事をして報われる感覚を始めて味わったと思います

期間工になって大きく変わったのは給料だけでなくプライベートの時間を持てるようになったことです
中小企業で働いていた時は月の労働時間が約270時間で月収30万円もなかったのですが
スバルの期間工として働いたら月の労働時間が約210時間で月収が約33万円ほどになります
労働時間が月に約60時間も短くなったのですが、月給は約4万円、年収は満了金などの手当ても含めて約90~100万円はアップしました
給料のアップはもちろん嬉しかったですが、何よりも毎月約60時間が自由になったのが最高でしたね

映画だったら約30本くらい見れるようになる時間が1月に出来たんです
私は期間工になってから海外ドラマを見たり、ジムに通うようになったり、SNSを始めてみたりと様々な事を始めましたが、始められたのは時間にゆとりが出来るようになったからです
前職のブラック企業の時はスケジュールをいっぱいに詰め込まないと普段の買い物や家事も難しかったのですが、60時間も余裕ができると、いろんなことをやってみようと挑戦する意欲が出ましたね


【人生を変えたい人には期間工の仕事がお勧め】


中小の正社員から大企業の期間社員となってわかった事は、正規雇用も非正規雇用も関係なく待遇が良い仕事を選んだ方が良いという ことです
何が何でも正社員として働くべきという意見もあると思います。私も以前は正社員でなければ社会人として失格と考えて、安月給で過労死ラインを超えてまで働いていた人間でしたから・・・
その考えが自分の人生を狭くしていました。1歩だけでも踏み出せば価値観なんてガラっと変わる事が出来るんですが、その1歩を踏み出すのが難しいんですよね
踏み出せずに過労死してしまう方をニュースで見かけますが私も同じ状況になっていてもおかしくはありませんでした

そんな環境を抜け出せる機会を作ってくれた期間工の仕事に非常に感謝しています
抜け出したことだけでなく期間工から正社員への「社員登用試験」を筆頭にいろんな事 に挑戦できる「時間とお金」を手に入れる事ができチャンスが広がったのも期間工の仕事のおかげです

私はこれからブログで期間工の仕事の魅力を少しでも多くの人に伝えられればと思っています
伝えたい相手は今の環境に満足できていない人、変えたいと思っている過去の自分のような人です
偉そうなことを言わせてもらえば、自分と同じように苦しんでいる方に自分の経験を伝えることで手助けを出来ればと考えています

例えば「40~50代で期間工として働いている人もいますよ」と伝えることで自分も期間工として働いてみようと考える人もいると思うのです
ちゃんと伝えれば非正規の期間工として雇われるのは20~30代で 、それ以上の年齢を重ねたら雇われなくなって職を失うというマイナスな考え方もなくなるでしょうしね

 

期間工を実際に体験した人の2ch情報や口コミ情報まとめてみた

期間工の仕事はきつい、しんどいなど言われることが多いですが、実際のところ人によって受け取り方が異なるようです。

体が作られるまでは指・手・足・膝など痛くなる。作業中に疲労と痛みで腕が上がらないとか   物握れないとかしゃがめないとかある。仕事が終わると寮に帰るためのバスまで歩く気力も無いほど疲れる。   トリムは本当にきついから覚悟だけはしとけ。 引用元:【スバル】富士重工業の期間工87【SUBARU】
組立工は全部時間が決められて秒単位。 後ろでストップオッチ持って1工程測定されてる。 もっと速く作業しろといわれる。 引用元:YAHOO!JAPAN知恵袋
工程による。全部楽な工程もあればキツい工程もあるし特定の車種だけキツい工程もある。 動画で楽そうに見えるのはそういう工程だから。汗だくで必死にならなきゃこなせない工程なんて撮らないだろ ~中略~ 見るのとやるのじゃ大違いなんだよ楽そうに見えるのは作業者が慣れていて動きが滑らかだからだよ ほんとに楽なとこもあるけど 引用元:【スバル】富士重工業の期間工84【SUBARU】
ボデー課は糞暑いしキツい。ペイントが一番楽。 引用元:【スバル】SUBARUの期間工103【旧富士重工業】

一台の車に対して何秒で作業を終えるなどの決まりがあり、そのスピードに合わせて作業することがきつい、しんどいと感じる人もいれば、慣れればいいだけと前向きに捉えている人もいます。 工程についても、鋳造や塗装、組立、組付けなどいろいろとありますが、鋳造では作業場の暑さに耐えきれない人、寒い冬でも暑いくらいだから良いという人、塗装では塗料の独特な匂いに我慢できない人や、噴き付けたり塗料にパーツを機械を使って付けるだけだから簡単という人、組立ではバネ指などで作業を続けるのが辛いという人や、自分なりに克服したりしながら作業を続ける人など、さまざまです。 ただ、やはり人の命を預かる製品を作るモノづくりの現場にいるわけですから、安穏とした楽な工程というのはなかなか存在しません。 そんな工程があれば、辞める人も少ないでしょうし、むしろ人件費ばかりかかってしまいそうですから、そうした工程に期間工を入れる意味が会社側にありませんから、比較的楽な工程は正社員が入るところが多いようです。

最初はキツイと思う。作業もそうだが交代制勤務なんて、普通のヤツはしないから。生活のリズム掴むのが上手く行かないから。 慣れれば作業自体は単純だから楽と言えば楽。 引用元:【スバル】富士重工業の期間工84【SUBARU】

作業自体に特に不満などはなくても、交代勤務による生活リズムの乱れやそれに伴う疲労の解消が難しいという点で、体がついて行かず辞めてしまう人は少なからずいるようです。 メーカーによって昼勤・夜勤の入れ替わるタイミングは多少異なるようですが、4勤交代が多いようです。4日間昼勤を続けたら次は4日間夜勤が続くなど、体が慣れてきたころに昼夜逆転するなどが辛いと感じる人が多いようです。 ただ、これも更新を続けている期間工からは、1ヶ月耐えれば体は慣れるということらしいので、ひとまず1ヶ月続けることを目標にしてみたほうが、精神的な負担が軽くなりそうです。

トヨタ車で通勤したらいろいろ言われる? ホームページにはスバル者以外でもokって書いてあるけどほんとに大丈夫? ~中略~ 交通手当てに差が出る 他社月780円 スバル車月7800円 引用元:【スバル】SUBARUの期間工103【旧富士重工業】

期間工の通勤に車やバイクの使用を禁止するところは多いです。 そのなかで、幾つか限定的に使用を認めているところや会社全体で認めているところもあります。 寮から工場まで直通バスが用意されているところ、公共交通機関を利用して交通費を給料と一緒に支払ってくれるところもあります。 また、車やバイクの通勤を許可してくれるところでは、ガソリン代を支給してくれるところもあります。 スバルの場合は、交通手当という名目でガソリン代が支給されているようです。使用できる車種の限定はありませんが、メーカーによって支払われる額が違うのは、消費者の立場では腑に落ちませんが、会社としては売り上げに貢献している、宣伝になるなどの意味合いがありますから自社の車を乗る人に高額な手当を出すのは致し方ないのかもしれません。

22なら余裕で正社員なれるよ。パワハラとかはない。あったら会社内にホットなんちゃらってあるから密告してね 本社なら精神ボロボロはあるかもしれんが、工場だから肉体のほうが結構きついよ 正社員になっても期間と同じだよ、仕事はちょっと増える程度 引用元:【スバル】SUBARUの期間工102【旧富士重工業】

今やほとんどの大手企業では、正社員登用制度を設けています。 自動車産業においても、それは同じです。 そのため、年代を問わず期間工から正社員(プロパー)を目指す人は少なくありません。 ですが、実際には期間工から正社員になりにくい会社、なりやすい会社というのは存在するようです。 期間工から正社員になりにくい会社の場合、よほど上司に気に入られるなどしないと正社員登用試験への声掛けをしてもらえないようです。 期間工から正社員になりやすい会社の場合であれば、早いところでは半年、遅くても1年働けば、正社員登用試験を受ける権利が得られるところもあります。 期間工から正社員を目指すのであれば、正社員登用実績があり、採用人数が多いところを選んで、期間工として入社すると、正社員へのチャンスは得やすいでしょう。 特に、どこの会社でもそうですが、20代や30代前半といった若い人というのは、正社員登用されやすい傾向が高いようです。 仕事内容は、正社員になったからといってすぐに大きく変わるわけではなく、まず期間工と同じように現場の仕事を覚え、少しずつ期間工を取りまとめる班長やグループリーダーのような立場へと上がって行くようです。 正社員になれば仕事が増えてきつくなるのでは?と不安視する人がいるようですが、人をまとめる立場で楽な仕事などありませんが、正社員になったその日から仕事が急激に増えるようなことにはなりませんので、安心してください。

 

期間工の残業について~サービス残業が多いのか~

残業による規定が厳しくなってから、マスメディアでよく取り沙汰されるサービス残業ですが、こと大手企業の自動車製造工場においては、サービス残業自体はそれほどないようです。 稀にあったとしても、作業者である期間工の受け取り方にもよるようです。

スバルはサビ残ある? -- 名無しさん (2015-10-22 20:41:28) サビ残あっても10分くらいだよ。 -- 名無しさん (2015-10-22 20:49:15) 引用元: 
残業とかもやりたい人だけ残る感じですか? 7.5時間でいいよって人はさっさと寮に帰ってスーパーの弁当で夕飯って感じですか? ~中略~ んな訳ねぇだろw ~中略~ 残業は拒否できない 引用元:【スバル】SUBARUの期間工103【旧富士重工業】
基本的にサビ残はない  理由はバスに乗り遅れるため。自転車通勤の中国人研修生も当然サビ残なし。  しかし、場合によって反対直の準備のため数分やらされたり車通勤組はさせられる人がいる。 引用元:【スバル】富士重工業の期間工87【SUBARU】

作業の準備などで、本来それをしなければならない時間内にできずに、時間外に準備をするなどをすれば、それは業務の一環だから残業代がつくべきだとする人もいれば、自分の作業への効率の悪さから発生したものだから残業として申請できないとする人がいます。 ですから、サービス残業といっても時間にすれば十分程度であったりするようです。 会社によっては、1分単位で残業が付くところ、15分刻みで付くところなどがありますが、基本的には自動車製造工場でサービス残業はほぼないと言って良さそうです。

僕は8ヶ月で200万を貯めるためにスバルに来ましたので毎月の手取りが高いスバルに来ましたが長く働くならトヨタかデンソーの方が良いのかな スバルは早番で1.5時間、遅番で1時間の残業が必ずあり、早番の週には必ず土曜日に休日出勤がありますので自分の時間は限られますし、辛いです。 引用元:YAHOO!JAPAN知恵袋
休日出勤月2日毎日残業1~1.5h多少キツくても手取り30万前後安定して稼ぎたいならオススメ 人間関係は人並みに仕事出来れば良好 3週間は教育係ついてくれるから普通の人なら問題なく働けると思うぞ 引用元:引用元ページタイトル
日給安いけど、残業とか休出が多いから、そこそこ稼げるよ。 -- 名無しさん (2015-10-26 20:53:39) 引用元: 
デンソー…期間工の中で一番給料が多く、楽 スバル…残業が多く、デンソーと同じく期間工の中で一番給料が多い、寮から職場まで近い、きつさはトヨタと同じく期間工の中で一番 ホンダ…楽で食事が上手い、残業が少ないため給料は少ない、 日産横浜…寮が期間工の中で一番 配属先によって稼げる部署と稼げない部署があるが、デンソーとスバルは稼げる部署が多い。ここ最近はどの期間工も残業ありで土曜出勤があるため手取りで20万後半は貰える。 寮によってもバス通勤の辛さや騒音の辛さが違う 引用元:【画像】ワイ、期間工(19)のお給料がこちら→wwwwwww

残業そのものについては、工程や繁忙期かそうでないかなどの時期を含めて、時間外労働が多い少ないの差があるようです。 稼ぎたい人にとっては、残業が多い方がいいでしょうし、そこそこ稼げればいいという人にとっては残業が少ない方がいいでしょうが、割り当てられる工程は運に任せるしかありません。 知恵袋の書き込みは2015年7月時点のものですが、2chなどでは現在も残業が1時間あるなどの書き込みが見られるので、多いところでは残業は2時間ほど発生しますが、少ないところでは30分程度から全くないところもあるようです。 残業の程度についても、会社によっても残業が多い部署がたくさんある会社と、そうでない会社があります。 2chでは、いろいろな会社を渡り歩いている人もおり、どこの自動車会社が給料が良いのか、残業がどうであるのかなどを書き込みされたりしていて、現期間工や元期間工のブログなどと照らし合わせてみると、あながち嘘ではなさそうです。 ホワイトカラーなどでサービス残業をしている人のことを考えれば、仕事は大変ですが、期間工の待遇はそれほど悪いわけではないので、仕事の選択肢として期間工を選んでみるのもいいのではないでしょうか。

 

http://www.htc-connect.com/entry/2017/02/28/125700

トヨタの期間工から正社員へ!

実は、自動車メーカーの期間工は給料が良いというだけでなく、大手自動車メーカーの正社員になれる、という大きなチャンスもあるんです。もちろん期間工のすべてが正社員になれるわけではなく、いくらかの条件を揃える必要があります。 日本が誇る大企業トヨタも例外ではなく、むしろ積極的に正社員登用を行っているようにさえ感じますね。あの超一流企業の正社員ですからね、非常に魅力的な響きです。 全く学歴の無かった人が期間工として頑張って働き、やがて大会社の正社員へ。そしてそこからさらに上の役職へ……といったことも決して夢ではないのです。 それじゃどうすればトヨタの正社員になれるのか、ちょっと考えてみましょう。

やっぱり正社員は有利…期間工とどう違う?

まずは自動車メーカーの期間工が正社員になった場合、待遇や給料面がどう違うのかというところですが、これについては必ずしも正社員のほうが良いとは限らないようです。 というのも、期間工ってそもそも正社員並の福利厚生が受けられるうえに契約社員としては破格の待遇で雇われることが多いので、正社員になったからといって待遇が大きく良くなるわけでは無いみたいなんです。 ただ決定的に違うのはやっぱり「安定」という部分です。 契約社員や派遣社員なんかはメーカー側からすれば人員整理がしやすい、つまり生産状況によってはクビが切りやすい人たちなわけですが、正社員となるとカンタンにはクビは切れませんからね。 やっぱりそういう意味では正社員のほうが断然有利です。 トヨタのような超大手企業がそうカンタンに揺らぐ事はないと思いますが、工場の生産状況が大きく変わることはままあることですから、大手自動車メーカーの期間工だからって安心はできないんです。 将来的な安定を強く望むなら正社員一択でしょうね。 それから正社員と期間工で大きく違う点がもう一つ。 それは「責任の重さ」です。 期間工の仕事内容は主に工場のライン作業ですから、単純に体を動かす仕事のほうが多いわけですが、社員となるとちょっと事情が変わってくるはず。 例えば同じように体を動かす仕事だったとしても、班内の監督をすることがあったり、作業内容を全体的に把握する必要もあるかもしれません。書類仕事なんかも多いでしょうね。 たぶん期間工に比べて正社員のほうがメンタルへの負荷は大きいんじゃないかなーと思います。 大手メーカートヨタの正社員である以上、ある程度の社会常識は必要になりますし、正社員になるのならそれなりの重圧は覚悟しておいたほうがいいかもしれません。 まぁでもそれって、仕事にやりがいがあるってことでもあるんですけどね。

トヨタの期間工の正社員登用制度の詳細

今回はトヨタを例にあげて説明していますが、正社員の登用に力を入れているのは何もトヨタだけとは限りません。正社員登用制度のある自動車メーカーはかなり多いみたいです。 会社ごとに登用制度の詳細は違うと思いますが、社員になるまでの大きな流れはほとんど変わり無いようですので、それについてちょっと解説してみましょう。 まずトヨタで正社員登用制度を利用できるのは1年に1回だけです。期間工の契約期間は最長で2年11ヶ月ですから2回しかチャンスはありません。 そして正社員登用制度を利用するには期間工として一定の期間働く必要があるみたいです。1年か2年か、それとも1年未満でも大丈夫なのかはメーカー次第のようですが、トヨタの場合だと「1年以上」が条件になります。 それからトヨタの場合、もう一つの条件として「社員からの推薦」が必要になるみたいですね。これは他のメーカーでもそうみたいですが、長く働いている期間工には大抵は社員にならないか?という声がかかるようです。 もちろん勤務態度が真面目な人、遅刻や欠勤がない人、という最低限の条件は満たしていないとダメだと思いますが、多くの人に一度や二度はチャンスが巡ってくるみたいです。 2つの条件が揃った後、「準社員登用試験」という筆記試験を受けます。 正社員になるための試験とはいえそう難しいわけではなく、中学校レベル程度のカンタンなものだそうです。 試験と同時に面接も行われますが、そこそこの社会常識をわきまえていれば問題無いと思います。 トヨタに限らず、正社員登用制度を利用する場合にはやはり若いほうが有利、というデータがあるようです。これは他の一般的な会社のそれと同様仕方のないところでしょう。 ただ期間工が正社員を目指す場合、若くなければ絶対に無理というわけでもありません。 というのも、期間工には40代、50代でバリバリ働いている人もたくさんいますが、そういうわりと年齢が上の方々でも正社員になったケースが結構多いからなんです。 極端な話、期間工から正社員っていうのは40代、50代で学歴や資格が無い人が超大手メーカーの正社員を目指せる唯一の方法だと言えるのかもしれません。 だって50代の未経験者でもOKだなんて求人、他で見たことありませんよ。若い人ばかりじゃく、そういう人にこそ期間工を目指して欲しいですね。

トヨタの期間工の正社員登用面接の内容

ある程度の社会常識があれば面接は大丈夫だろうとお話しましたが、そうは言っても面接は緊張する!って人は結構多いと思いますので予備知識としてどんな内容かをおおまかに説明しておきましょう。 トヨタの場合面接が行われるのは2次試験です。 1次で履歴書なんかの書類審査と筆記試験が行われた後、正社員登用制度を受ける人全員で集団面接が行われます。これはトヨタの場合ですので、メーカーによっては個人面接だったりするかもしれません。 だいたい次のような質問をされると思いますが、大事なのは「落ちついて分かりやすく答える」ということ。他の人よりも上手に喋ろうなんて焦ってしまうとかえって逆効果です。ゆっくりでいいですから面接官にしっかりと伝わるように話すようにしたほうが良い結果が出やすいと思います。 ・今行っているあなたの仕事内容を教えてください。 ・現場で自主的に頑張っている点は何かありますか。 ・仕事を通じて学んだこと、得たものなどはありますか。 ・あなたの趣味を教えて下さい。 ・あなたの周りの人たちはトヨタの正社員になることについてどう思っていますか。 これはほんの一例です。担当者が変われば聞かれる内容も少なからず変わると思いますので、あくまで参考程度に覚えておいてください。 最後に登用制度の面接の注意点として一言。 期間工の時の面接と正社員登用制度の面接を同じように考えないでください。期間工の面接だと健康面のアピールや仕事へのやる気を見せればまぁ良かったんですが、登用制度の面接の場合はそれだけじゃ不十分です。 なぜ社員になるのかという点を自分なりに考えて自己アピールをするべきだと思います。合格枠の多い期間工と違って正社員登用の場合は枠が少ないはずですから、他の人より積極的になったほうが有利だと思います。 あなたを正社員にすることのメリットを面接官に伝えてあげましょう。

トヨタの期間工の正社員登用筆記試験の内容

ついでですからトヨタの正社員登用制度の筆記試験の内容も説明しておきましょう。 1次試験である筆記試験はよくある適性検査、通称SPIです。国語と数学のような問題が出題されるもので、転職する際なんかにもよく使われるみたいですね。 ネット上にいくらでも対策関連の記事がありますので心配な人は予習しておくと良いと思います。 こちらに例題のようなものがありましたので参考にしてみてください。 株式会社カナタ ウイニング就活塾

トヨタの期間工で正社員になるためには?

トヨタで正社員を目指すためには、期間工として働いている間の「勤務態度」が最も重要だと考える人もいるようです。 筆記試験や面接も大事だけど、日頃からの勤務態度や社員への印象が合否を大きく作用するそうで、そういった体験談などがブログで紹介されていたりします。 でもよく考えてみたら確かにそのほうが合点がいくんですよね。そもそも新規でその人を採用するわけではなく、1年以上も期間工として働いてもらっているわけですから、筆記や面接で見ることって今までのおさらいみたいなものなんですよね。 となると大事なのは、メーカー側がその人を期間工ではなく正社員にする「理由」なんだと思います。 一番単純な理由だと、その人が優秀だから是非残って欲しい、という理由ですよね。トヨタでは期間工は最長2年11ヶ月しか働けませんが、正社員になればずっと残ってもらえます。現場で重要な戦力になっているのならば期間満了で手放すのは惜しいですからね、当然こういった理由で残って欲しいと思うこともあるはずです。 社員の方とのお付き合いが上手くいっていれば、是非残って欲しいという「現場の声」が当然あがってくるはずですから、仕事を円滑に進めるためにも残したいと思いますしね。 つまり、正社員になるための重要なポイントはズバリ「日頃の行い」なんじゃないかなと、私は思うわけです。 仕事を真面目にこなし、自分なりに作業がスムーズになるような創意工夫を行ったり、仕事に慣れた後は積極的に新人への指導や助言をしたりするのも良いでしょう。場数を踏んだ期間工がリーダー役をやることも少なくはありませんし、そういった方には必ず社員から声がかかります。 また、工場の現場では仕事の改善案や気になった点などを発表する場が設けられていることもありますので、そういった時には自分から積極的に意見を出すようにしたほうが良いでしょう。 仕事だけじゃありません。実際に正社員になった方が体験談としてブログで語られていましたが、プライベートで社員の方と仲良くなって飲み会などにも積極的に参加するようにしたほうがはるかに有利だそうです。 社員の方だって自分が嫌いな人よりは好きなに人に残ってもらいたいでしょうからね。 人の心理を考えてもこれは十分あり得ます。 結局のところ、真面目に働いて社員や他の期間工の方々と楽しく触れ合っていければ、おのずと正社員への道は開けるんだと思います。 人付き合いが苦手だという人も、一歩踏み出して積極的に人間関係を築いていってはどうでしょう。その先には一流企業の正社員という魅力的な「オマケ」が付いてきますよ。

実際どれくらいの人がトヨタの期間工から正社員になっている?

ざっと調べたところ、トヨタが期間工を正社員として登用した実績は2014年から2016年にかけて飛躍的に伸びていることがわかりました。 2014年にはたったの90人しか正社員へ登用していなかったのが、2015年には387人、2016年には500人を登用予定という計画を発表していました。 要するにトヨタは「本当に」期間工の正社員登用に力を入れている、ということなんです。 トヨタだけじゃありません。自動車メーカーで大手と言われるところは正社員登用制度を積極的に取り入れてます。「アイシンAW」という会社はものすごい数の期間工を正社員として登用していることで有名です。 参考までに2015年までの各社の登用人数を載せておきます。実数のものもあれば、あくまで予定として発表されたものも含んでます。参考程度にお願いします。 ※(2015年までに登用された合計人数です。その年だけの採用人数じゃない点にご注意ください。) ・アイシンAW:679人 ・スバル:580人 ・トヨタ自動車:387人(この数字は2015年度のみ。) ・デンソー:108人 トヨタで働いている期間工は数千人規模ですから、仮に500名の正社員枠があったとしても何倍もの倍率になります。正社員の椅子を勝ち取るのは決して楽ではないでしょう。ですが、期間工のすべてが正社員登用制度を利用するわけではありませんので、そう考えれば思ったよりはチャンスが大きいはずです。 むしろ日頃から積極的に仕事に取り組み正社員を目指している人は少ないかもしれませんから、真面目に正社員を目指していれば可能性は大きいのかもしれませんね。

正社員が厳しいなら契約社員の期間工を目指す?

なんだかんだ言っても正社員になるには努力が必要じゃん、面倒くせーよ!ってな人もいるでしょう。正直、期間工の待遇の良さを考えると、なにがなんでも正社員じゃなきゃダメだとは私も思いません。 例えば結婚などにあまり興味の無い独身族であれば身軽ですからね、仮に契約満了になってもその度に別のメーカーに移ってまた期間工をやるってこともできます。 特にある程度の年齢になってしまった方はどうしても正社員になれる可能性は低くなります。 無理に正社員を目指さず期間工として長く務めるほうが良い場合もあるでしょう。 世間では期間工スパイラルなんて言われてますが、そんな生き方も十分にありだと思いますよ。 でも期間工として働くにしてもいくつかの注意点を押さえておいたほうがいいと思いますので、それについて解説してみようと思います。

正社員・派遣社員・契約社員、それぞれ何が違う?

そもそも自動車メーカーの雇用形態ってちょっと分かりづらいところ無いですか? いや、正社員と期間工の違いはまぁわかるんですが、期間工と派遣社員ってどう違うんだろう?どっちも契約社員なの?って思っている人も多いみたいです。 ちょっとおさらいしてみましょう。 まず「正社員」はというと、これは言うまでもなくメーカーが直接雇用している正規の社員のことです。 それから「期間工」ですが、期間工というのは言わば通称です。 昔は季節工なんて呼ばれ方もしてました。メーカー側は期間工とは言わず「期間従業員」「期間社員」と呼びますので、いろいろな呼び方があるわけです。 その期間工の正式な雇用形態は一定期間の間だけの社員という意味の「契約社員」となります。 次に派遣社員について。カンタンに言えばメーカーが直接雇用するわけではなく、派遣会社所属の社員が派遣されて自動車メーカーで働く人たちのことを指してます。 私が分かりづらいと言った点は、派遣会社紹介でメーカーの直接雇用(期間工)となる場合と、派遣会社へ入社して派遣社員としてメーカーで働く場合の二通りがあるというところなんです。 期間工の求人を探していると、メーカーが直接応募しているものより大手派遣会社が各メーカーの仕事を「紹介」しているものが多いことに気付くはずです。 派遣会社が紹介する仕事は、メーカーが直接募集しているものに比べ「特典」が追加されていたりと、条件が良い場合もあります。 入社祝金20万円!特別手当10万円!などがそうですね。 また、同じメーカーの同じ工場で働く場合でも、メーカー直接雇用の期間工と派遣会社所属の契約社員では給料や待遇面が大きく異なっている場合もありますので、この点にも注意しておかないと、全く同じ仕事なのに他の人より条件が悪い、なんてことにもなりかねないわけです。 ちょっとまとめてみましょう。 自動車メーカーで期間工として働くには以下の3通りが考えられる。 ・メーカー直接雇用の期間工 ・派遣会社紹介で直接雇用となった期間工 ・派遣会社所属の派遣社員(派遣期間工) それぞれに給料面、待遇面の違いがあり、求人を探す際には募集要項をしっかりと確認する必要がある。ということを覚えておいてください。 それぞれの働き方の詳しい特徴については次でご説明します。

雇用形態それぞれのメリット・デメリットを把握しよう

ではそれぞれの働き方の特徴についてご説明しましょう。 正社員、契約社員、派遣社員それぞれは給料や待遇が違いますが、特に気をつけなければいけないのは「メーカー直接雇用か派遣会社雇用か」という点です。 先に説明したように、同じ職場で働いていたとしても、この違いで給料や待遇が違ってくる場合があるからです。 その点も踏まえて、それぞれの雇用形態のメリットとデメリットを以下にまとめてみました。

正社員のメリット

・なりたての頃は給料が安いが、年齢に比例して増えていく。 ・賞与・退職金がある。 ・期間工や派遣社員に比べ、クビになる可能性が低い。 ・一流企業の正式な社員なので社会的地位が高いと言える。 ・責任があり、やりがいのある仕事ができる。

正社員のデメリット

・場合によっては期間工よりも給料が安くなることがある。 ・責任が重い分精神的なストレスは大きい。 ・登用制度を利用する場合は人間関係に悩む場合が多い。

契約社員(期間工)のメリット

・面接などがカンタンで入社しやすいと言われている。 ・満了慰労金などの高額な手当がもらえる。 ・派遣会社紹介の案件ならば、各種手当+特別手当が貰える場合がある。 ・作業は単純、マニュアルさえ把握すれば誰でもできる。 ・正社員に比べやることはシンプル、精神的負担も少ない。 ・1年以上勤めれば待機期間なしで失業保険が使える。

契約社員(期間工)のデメリット

・常に会社都合による契約解除の可能性がある。つまりクビ。 ・作業はカンタンだが同じことの繰り返し。仕事に飽きる人もいる。 ・部署によっては体力的にかなり辛い場所もある。組立・溶接など。 ・社会的地位が低くみられがち。底辺などと言う人もいる。

派遣社員のメリット

・所属する派遣会社のサポートが受けられる。面接対策などがいい例。 ・メーカー側が用意している手当とは別に、派遣会社から入社祝金などが支給される。 ・勤務先で契約が満了してしまってもすぐ次の仕事を用意してもらえる。 ・メーカー直接雇用の面接よりもさらに受かりやすいという声もある。 ・派遣会社が用意している寮がレオパレスなどの綺麗な個室寮だったりする。

派遣社員のデメリット

・契約社員と同様、常に契約解除の可能性がある。 ・メーカー直接雇用ではないため、各種手当が少ない場合がある。(給料が安い) ・1年以上勤めた後にクビになってしまった場合でも失業保険が会社都合にならない。 (派遣会社が次の仕事を用意するので会社都合にならないことが多いそうです。) 他にも細かく言えば様々なメリット・デメリットがあるのでしょうが、パっと思いつくものだとだいたいこんなところでしょうか。 何度も言いますが、派遣会社紹介のメーカー直接雇用と派遣会社所属の派遣期間工の違いはしっかりと把握するようにしてください。派遣と期間工では待遇に大きな違いがありますので、勘違いで応募してしまうと大変ですからね。 それに期間工の求人は紹介している派遣会社やメーカーごとにいろんな種類の手当や待遇がありますので、募集要項をきっちり読み込む必要があります。 決して面倒くさがって読み飛ばしたりしないように。

期間工の年齢制限と勤続年数による待遇

期間工の年齢制限については最も多い質問の一つです。2chやYhoo知恵袋などで検索すれば関連した質問内容がたくさん出てくると思います。 大抵のメーカーは年齢制限というものは特に設定しておらず、トヨタでは実際に50代や60代の方が期間工として働いている現場もあるようです。 その他のメーカーでも40~50歳の期間工は珍しくありません。 私が思うに、ちゃんと体が動いて仕事をこなせさえすれば年齢という概念は全く気にしないのが期間工の採用事情なのではないでしょうか。 もちろん期間工は体力仕事ですから、年齢とともに体力が衰えて行く以上はそれがある意味での年齢制限となることは仕方ありません。 しかし年を食った分人生経験も豊富ですし人当たりも柔らかくなることが多いです。若いとほんのちょっとのことで目くじらを立てたり、すぐに仕事を辞めてしまったりすることも多いと聞きます。そう考えると年齢が高いって悪いことばかりじゃないでしょう? ハッキリ言って期間工に一番望まれるのは一定期間をきっちり働いてくれるだけの能力ですので、将来性や必要以上の能力などは必要無いんじゃないでしょうか。 年は食っててもおたくの会社で働けるだけの体力ややる気はありますよ、っていうこういうスタンスであれば採用してもらえる可能性は高い気がします。 メーカーによっては「経験者手当」や「勤続ボーナス」といった期間工としての経験を活かせる手当もありますし、高齢だからといって不安になる事はないと思います。 これから期間工になろうと思っている方も、どうかご自分の年齢は気にせず試験や面接にチャレンジしてみてください。契約社員だと気も楽ですから、まずはトライという感じで一つやってみてはどうでしょうか。

元期間工:20代 男性

*****************************

PAGE TOP