読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

『期間工は稼げる。嘘じゃない』ブラック企業の正社員から大企業の期間工になったら人生が変わった話

※下記の文章は、上記の動画の全文です。


「ブラック企業の正社員から大企業の期間工になったら人生が変わった」


私は2014年からスバルの期間従業員として働き始めました.
その結果、大袈裟ではなく自分の人生が大きく変わりました。仕事そのものに対する考え方も大きく変わりました
前職がブラック企業で働いていた私がスバルの期間工となり、どのように人生が変わっていったかを今回は紹介します


【正社員の仕事を辞めて期間社員として働こうと思った理由】

 

私は前職は中小工場の正社員として働いていました
自動車メーカーの子会社で自動車部品を作る仕事です
給料はとっても低く、残業時間も過労死ラインを超える毎月80~100時間くらいあるような会社でした。いわゆるブラック企業です

残業代が支払われないという事はなかったのですが、毎月80~100時間の残業を繰り返しても年収は350万円前後と低いものでした
数年に1度の昇給も3000円程度で、賞与だって年間で1.5ヶ月くらいのしかありませんでした
職場環境も悪く、安全に怪我なく仕事をするという意識、仕事で結果をちゃんと出す、職場を少しでも良くするという意識も会社全体で低かったです
そんな未来も夢も希望もない環境でず っと働いていた私は「このまま今の環境で働いていていいのだろうか?」と毎日のように考えて悩んでいました

そんな時にネットサーフィンをしていた時に知ったのが自動車メーカーの期間工の仕事です
日給が9000円~1万円と高く、満了金、皆勤手当てなどの賞与のような特別手当が年間に80~100万円と中小企業の正社員で働いている自分よりもはるかに高い給料に驚きました
さらに学歴・経験が不問で年収400万円以上可、寮費無料といった高待遇というのを見た時に「今の会社を辞めて期間工として働くか?」をとても悩みました
ずっと考えた結果、最終的には以下の事が決定打となり期間工になる決意をします


1:今と同じような工場勤 務で年収が400~450万円を稼ぐことができる
2:期間工として40~50代で働いている人もかなりいる
3:期間工の仕事には社員登用制度があり、20代で若い自分にはチャンスもある
4:今の会社で定年まで働いていても年収は400万円は超えることはなく、残業時間が減る見込みもない
5:残業時間が80~100時間が毎月あり、心身ともに疲れていて何とかしなくてはいけなかった


特に最後の部分が決め手ですかね。今の過労死ラインでの勤務状況をずっと続けていく自信もなかったし、体も限界に達していました
期間工として働く決意をしたらすぐに実行をします。会社に退職の意志を伝えて約1~2 か月後に退職をします
失業保険を受けながら、どの自動車メーカーで働くかを考えたところスバルの期間工の仕事が実家から近い事、正社員登用に力を入れている事もあって自分にはピッタリでした
面接に行くと、とんとん拍子に話が進んで約2週間後に赴任することが決まりました


【期間工の仕事は大変!それでも頑張れる理由】


実際にスバルの期間工として働いてみると想像以上に仕事は大変でした
工場で扱う道具や設備などの説明を受ける研修期間もありましたし、自分の工程を2週間ほどかけて覚える期間も与えられたのですが、それでも初めての仕事なので戸惑いましたね
交代制の勤務は初めてだったので 体が慣れるのにも時間がかかりました
初めての土地で初めての仕事をする時点で不安でしたし、仕事自体も無駄な時間がなく考えられているので楽ではありません
それでも期間工の仕事は働いた分以上の待遇を受けられると個人的には思っていて気に入っています。コスパがいいんですよね
スバルは深夜勤務手当が60%増しだったり、有給が当たり前のように使えたりと想像以上に待遇が良い事もありました

毎月の残業時間は40時間程度でしたが、給料は手取りで30万円を超えるのは当たり前のようになってきます


給料明細の画像

f:id:connectconnect:20170228125115j:plain


期間工の仕事は大変ですが給料明細を見ると疲れも吹き飛びます
自分には一生無理だった年収400万円の壁が超えられることに喜びを感じました。仕事をして報われる感覚を始めて味わったと思います

期間工になって大きく変わったのは給料だけでなくプライベートの時間を持てるようになったことです
中小企業で働いていた時は月の労働時間が約270時間で月収30万円もなかったのですが
スバルの期間工として働いたら月の労働時間が約210時間で月収が約33万円ほどになります
労働時間が月に約60時間も短くなったのですが、月給は約4万円、年収は満了金などの手当ても含めて約90~100万円はアップしました
給料のアップはもちろん嬉しかったですが、何よりも毎月約60時間が自由になったのが最高でしたね

映画だったら約30本くらい見れるようになる時間が1月に出来たんです
私は期間工になってから海外ドラマを見たり、ジムに通うようになったり、SNSを始めてみたりと様々な事を始めましたが、始められたのは時間にゆとりが出来るようになったからです
前職のブラック企業の時はスケジュールをいっぱいに詰め込まないと普段の買い物や家事も難しかったのですが、60時間も余裕ができると、いろんなことをやってみようと挑戦する意欲が出ましたね


【人生を変えたい人には期間工の仕事がお勧め】


中小の正社員から大企業の期間社員となってわかった事は、正規雇用も非正規雇用も関係なく待遇が良い仕事を選んだ方が良いという ことです
何が何でも正社員として働くべきという意見もあると思います。私も以前は正社員でなければ社会人として失格と考えて、安月給で過労死ラインを超えてまで働いていた人間でしたから・・・
その考えが自分の人生を狭くしていました。1歩だけでも踏み出せば価値観なんてガラっと変わる事が出来るんですが、その1歩を踏み出すのが難しいんですよね
踏み出せずに過労死してしまう方をニュースで見かけますが私も同じ状況になっていてもおかしくはありませんでした

そんな環境を抜け出せる機会を作ってくれた期間工の仕事に非常に感謝しています
抜け出したことだけでなく期間工から正社員への「社員登用試験」を筆頭にいろんな事 に挑戦できる「時間とお金」を手に入れる事ができチャンスが広がったのも期間工の仕事のおかげです

私はこれからブログで期間工の仕事の魅力を少しでも多くの人に伝えられればと思っています
伝えたい相手は今の環境に満足できていない人、変えたいと思っている過去の自分のような人です
偉そうなことを言わせてもらえば、自分と同じように苦しんでいる方に自分の経験を伝えることで手助けを出来ればと考えています

例えば「40~50代で期間工として働いている人もいますよ」と伝えることで自分も期間工として働いてみようと考える人もいると思うのです
ちゃんと伝えれば非正規の期間工として雇われるのは20~30代で 、それ以上の年齢を重ねたら雇われなくなって職を失うというマイナスな考え方もなくなるでしょうしね

 

まとめ

期間工の仕事の魅力だけでなく、期間工の仕事の大変さやデメリットも当然ですが伝えていきます
良い部分も悪い部分も実際に期間工として働いている人間だからこそ感じる情報は非常に役立つと思います
「このブログを見て期間工となり自分も期間工になった。そして大きく人生を良い方向に変えることができた」
というコメントを頂けるように頑張っていきたいと思います。

 

元期間工:20代 男性

*****************************