読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

【これで完璧?!】期間工の履歴書、志望動機の書き方&マツダやデンソーの面接内容

期間工 面接/履歴書
これから期間工のお仕事に応募しようと考えている人の中で、履歴書の書き方や志望動機の書き方がわからないという方に、期間工で応募する際の履歴書の書き方、志望動機の書き方をご紹介します。

期間工のお仕事というと、単純作業、軽作業というイメージから、そこまで履歴書をきちんと書かなくても受かるのでは?と書類選考や面接に対して事前準備をしない人も少なくありません。

しかし合格するために、履歴書、志望動機の内容は重要な要素です。そのため、今回は具体的にマツダやデンソーの期間工に応募する際の履歴書や志望動機の書き方を、実際に働いたことがある人たちの事例をまじえて解説していきます。

期間工に応募する際のベストな志望動機とは


期間工で応募する場合、必ず聞かれることはどこの会社でもほぼ変わりません。その中で一番みなさん、回答に困るのが志望動機だと思いますが、あまり難しいことは考えず、素直な気持ちで応募しようと思った理由を伝えるのでいいと思います。

言ってはいけない事があるとすれば「複数受けていて受かれば仕事はなんでもいい」みたいなニュアンスは避けるべきで、逆に応募する会社・仕事で働きたいという意欲が伝わればベストだと思います。

期間工のお仕事は、定期的に大勢の求人募集が出ており、会社によっては常時募集している会社も少なくありません。そのため、期間工の面接担当者は、普通の会社の人事担当者よりも、多くの応募者の履歴書を見たり、面接を経験しています。

そのため、志望動機の内容が履歴書の例文そのままだったり、どこかの面接対策で使い古された志望動機だった場合「自分が本当に思っている言葉、気持ちじゃないな」と見抜かれてしまいます。

そのため、短い言葉だったとしても、きちんと自分の言葉でなぜ期間工に応募しようと思ったのかを履歴書の志望動機として表現することが重要です。

実際に、期間工で受かった人の面接のアドバイスもあるので、合格者のアドバイスから、ベストな志望動機について考えていきましょう。


面接官から聞かれたことに対して、きちんと答えれば、面接で落とされることはまずないと思います(なるべく嘘はつかない方が良いと思います。なぜなら面接官と話をしている間にボロが出る可能性が高いからです)

私の場合は、志望動機を聞かれた時、「他の仕事よりも給料面が良いと思ったからです」と素直に答えました。
自分を変に飾ったり、あやふやな志望動機を話すと面接で落とされるかもしれません。

参照:トヨタ期間工まとめブログ


この方は「他の仕事よりも給料面が良いと思ったからです」と素直でシンプルな志望動機を伝えていますが、求人から募集を探している人にとって、給与面などの条件と、シフトなどの労働環境、通勤面などで決める人がほとんどだと思いますので、その理由をそのまま伝えて問題ありません。

志望動機を伝える際に、もう一つ重要なのが堂々としていることです。あまりにもオドオドしていたり、自信なさげにしていた場合、面接担当者に不安を与えてしまい、結果不採用につながるケースも少なくありません。そのため、自分の話しやすい志望動機を伝え、つっこまれてもきちんと理由をこたえられるというだけでも堂々と出来ますので、無理に不安要素につながるような志望動機は避けましょう。

マツダ期間社員面接の体験談


期間工を募集している会社で多いのが自動車メーカーの工場での期間社員の募集です。その中でも特に人気がある会社がマツダです。

先日、世界最大のブランドコンサルティング会社であるインターブランド社が毎年発表している2016年版の「Japan’s Best Global Brands」にて、マツダはなんと前年の17位から、13位に躍進していました。日本では既に有名ブランドではありますが、海外でもMAZDAとして、HONDAやTOYOTAのように認知されているということがこのデータからもわかります。

そんなマツダでは、期間工でどのようなお仕事の募集があるのでしょうか?仕事内容としては、鉄やアルミニウムなどを溶かして自動車部品を作るという工程から、部品の組み立て、車体の組み立て、塗装など、さまざまな工程で期間工が働いています。

仕事内容はとてもハードですが、大企業ですので福利厚生もしっかりとしており、シフト管理や教育・管理体制など、きちんと働きやすい環境が整っています。仕事内容以外に気になるポイントとしては、給与などの諸条件や、福利厚生などの待遇面だと思います。期間工の待遇面に関しては、実際にマツダの期間社員で働いた経験のある人の体験談ブログがありますので、その情報をもとに解説いたします。


2月分給与明細公開です。出勤23日(日:13日 夜:10日) 有給1日休出 16.75時間残業 約8時間支給本給 244,800時間外賃金 47,177深夜割増金 39,610特定時間割増金 9,395皆勤手当 20,000現物寮費課税 3,134計 364,116控除所得税 9,860住民税 12,800各種保険・年金 45,952組合費 800労連共済掛金 550寮食費 6,683現物寮費課税処理控除 3,134計 79,779差引 284,337今月分より日給10,200円に昇給し、時間割賃金も1,398円にUPしました。...

参照:続 きかんこうぶろぐ


この情報を見ると基本給も24万と高額なのですが、そこに各種手当がついて、合計の額面が36万で、手取りでも28万という金額です。この方は広島のマツダの寮に入っているということですが、寮食費と寮費を合計しても1万程度なので、一人暮らしよりも家賃分で稼げることも魅力です。


手取りで考えるとマツダが一番良いと思います。
マツダは控除額がとにかく少ない、これに尽きます。

総支給だけで考えると痛い目を見ます。
ここからどれだけ控除があり、手取りがどれだけあるのかをシビアに見ていかなければなりません。
情報収集・取捨選択を自分からしないと、入社後に不満の嵐確定です。

参照:きかんこうぶろぐ


求人募集で比較した場合、一見月額給与の高い募集に目が行きがちです。しかし実際に詳しい条件を比較した場合、手取り額ではマツダの期間工は控除額が少ない分、稼げるという口コミを多く見かけます。そのため、稼げる期間工のお仕事と考えたとき、やはり世界のMAZDAが最強だなと感じます。

更に言うと、マツダの期間工で働く場合、可能な限り寮に入って働く方が稼げますのでオススメです。

デンソーの期間工に応募する際の履歴書・志望動機の書き方


期間工に応募をする際、実際にデンソーの期間工に応募・合格した先輩たちは、どのような志望動機を履歴書に書いたのでしょうか?
実際の体験談をもとに解説いたします。

交替勤務の経験があり、製造業のコツコツとした仕事は自分に合っていると思いました。待遇面も魅力的でしたので応募させて頂きました。

参照:俺の人生エラーだらけ


この方がデンソーの期間工に応募した際の履歴書の志望動機は、交代勤務の経験や、性格的に自分に製造業の業務が合っているということをアピールした上で、待遇面にも魅力を感じたことを挙げています。

やはり求人でお仕事を探す場合、給与などの条件面と仕事として自分がやれる仕事か?ということをまずは見ると思います。しかしこの方の志望動機の良いところは、さりげなく自分が「今回の募集の条件にマッチした人材ですよ」ということをアピールしているところです。

しかも、期間工のお仕事が長続きしない人がいるとすれば、黙々とした単純作業が苦痛に感じるような人は、長続きしない傾向にあります。これは一度経験したことがある人であれば、期間工の仕事が大体どういう仕事が多いのかがイメージつくと思いますが、全くの未経験者の場合、面接ではやる気をアピールするものの、実際に働き始めてからミスマッチに気付き、途中で続かなくなるという人もいます。

そうならないためにも、黙々とした仕事や交代勤務の経験など、似たような業務経験がある人は、履歴書の志望動機で自身の過去の経験や、適正を感じる部分をアピールしましょう。


志望動機や本人希望と自己PR
「デンソーに入りたい理由」「自分の良い所」「勤務体系への希望」など、しっかり記入しましょう。

参照:デンソー太郎のお気楽期間工生活


この方の場合、具体的にどういう志望動機をアピールして受かったかまでは書かれていませんでしたが、自分がデンソーに入りたいと思った理由をきちんと伝え、自分の長所や勤務体系の希望をアピールしたことをアドバイスしています。

やはり「本当に仕事を探しているの?」と聞き返したくなるくらい、働きたいという意欲を自分からアピール出来ない人もいますが、そういう人はかなりの高確率で落とされてしまいます。そうならない為にも、他の仕事ではなく、デンソーの期間工の仕事で働きたいという意欲を伝え、自分の良さをきちんと伝える必要があります。

また、シフトなどの希望が全くない人は別ですが、事前に条件や質問がある人は、積極的に自分の希望や質問を伝えることで、積極的な人柄をアピールすることが出来ます。積極的なひとは、仕事面でも受け身にならず、自らわからないことがあれば質問したり、自分から動ける人と見られるため、合格率アップにつながります。

期間工の応募で履歴書、面接で押さえるべきポイントを解説!


期間工の募集に応募する場合、書類選考で履歴書を提出したり、面接で志望動機をアピールする場面があります。面接では志望動機や本人希望(シフトなどの条件)自己PRを求められるので、事前に声に出して話す練習もしておくことで、面接本番も安心です。

また、履歴書に志望動機を書く場合でも、採用担当者はどういう人材を求めて求人募集をしているか考え、自分と募集内容との共通点を見つけてアピールしましょう。第一印象で「募集の仕事に合っていないな」と判断されてしまった場合、なかなかそのイメージを覆すことは大変です。

その為、履歴書の志望動機に「募集の仕事に合っている人が応募してきたな」と思われるような文章を書くことが出来たり、面接で期間工の仕事に対するやる気をアピール出来たら完璧です。