期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

マツダで自動車を作る、求人から見る期間工という選択

マツダやトヨタなど自動車を作っている企業で車を作る仕事をするという事に憧れたことがある人もいるかもしれません。マツダ(mazda)の求人情報を見ていると期加工(期間従業員)という見慣れない仕事への募集があります。この記事では期間工とはどういう仕事なのか、待遇はどうなのかを求人の情報から紹介します。

 

期間工とはなに

 

期間工(きかんこう)とは自動車や電子部品を作っている工場で働く契約社員のことを言います。企業の中ではシンプルに期間従業員や期間契約社員と呼ばれることがあるようです。

 

雇用形態は派遣社員と違い、社会保障がつき、契約期間内での解雇は労働法によって禁じられていることも特徴です。

 

期間工雇用形態もしっかりしていて給与も良く、なかなか魅力のあるお仕事です。

この職業を扱った企業の中でも、大手のマツダではいったい期間工はどんな待遇を受けているのか、1つ1つ見ていきましょう。

 

実は、ものすごく稼げる!マツダ(mazda)の求人情報から見る期間工の給料、待遇

 

マツダ(mazda)の期間工の仕事内容は?

 

マツダのの期間工の仕事の内容は主に次の通りです。

 

・マツダ車の加工
・組立
・紐付け
・プレス加工
・鈑金
・塗装
・鋳造
・鍛造
・その他製造
 

特に仕事内容は他の期間工と比べても差異はありません。

マツダでは期間工は期間社員と呼ばれるのが正式なようです。

 

勤務地

 

勤務地は広島工場と防府工場があります。

寮も勤務地の工場に近くて通勤は楽なようです。

 

広島工場の勤務時間

1.08:15~17:00

2.20:15~05:39

 

防府工場

1.08:25~17:10

2.20:25~05:49

 

マツダ期間工はどちらの工場で働くか好きに選べることができるようです(状況によって変わる可能性あり)。

特に広島の本社工場は徒歩7分と駅からも近く立地条件はかなり良いです。

 

マツダ(mazda)の期間工の給料は?

 

マツダの給与基本賃金日給は8,000円から10,200円

契約更新ごとに日給が上がっていくシステムです。

それに合わせて慰労金(半年ごとに支給)も増えていきます。

 

契約更新1回目日給8,000円 慰労金120,000円
契約更新2回目日給9,100円 慰労金136,500円
契約更新5,6回目日給10,200円 慰労金153,000円
(契約更新は6か月ごとで最長2年11か月まで勤続可能)
 

日給や満了慰労金は他の自動車メーカーより低いです。しかし勤務地が広島や山口という点を考慮すれば、地方は東京より生活費も安くて済むため、貯金をするということを考えるとマツダの期間工の日給はそこまで悪くありません。

 

マツダ(mazda)の待遇は?

 

マツダの日給や慰労金はほかのメーカーより若干低いですが、しかし期間工の待遇や手当は充実しています。

 

・選考会参加50,000円
・入社金+入社特別手当350,000円
・慰労金120,000円
・契約更新手当50,000円
・特別手当30,000円(夏季・冬季に支給)
・食事補助15,000円(入社後最大6か月)
・皆勤手当2万円 月ごと
・社員登用制度あり
・有給休暇有
 

これだけの豊富な手当てがあるのもマツダの魅力です。

この中で特筆すべき点は、入社祝い金がかなり高い点と、社員登用制度、そして有給休暇がとりやすい点です。これだけ手当てがあり、入社祝い金が高いメーカーはあまりありません。そして年間に期間工を100人以上も、正社員にしているのはかなり魅力的です。また有給休暇も入社して2週間程で10日分使えるようになります。普通の自動車メーカーでは、半年は働かないと有給休暇をもらえないのがほとんどなので、すぐに有給休暇をもらえるのは嬉しい点です。

 

マツダ(mazda)の期間工の寮は?

 

mazdaの期間工の寮は個室で1人部屋です。インターネットが完備されています。

トイレや風呂は共同のようです。防音対策などもばっちりで聞こえても廊下の歩く音が少々響くくらいなようです。嬉しいのが通勤の楽さです。工場の近くに寮がありますので、大体は徒歩で5分、または社内バスで5分から10分でついてしまいます。

 

豊富な手当てや社員登用制度が充実しているマツダに期間工として働きたいという方も多いはず。

そんな方々のためにもマツダの面接がどのようなものかまとめてみました。

間口が広いのも魅力!マツダ(mazda)採用試験

 

面接というのは、意外に手間や時間がかかり労力を要します。その間の収入はもちろん無いわけですからすぐにお金を稼ぎたい人には、面接という作業はかなり大変なものになります。

 

その点でいえばマツダの面接をどこでも受けられるのでおすすめです。

マツダは西日本を中心としたメーカーですが、名古屋や東京でも面接可能なのです。

わざわざ遠出しなくていいのも交通費の節約になってうれしいですね。

 

またマツダは女性の期間工を多く採用しており、沢山の期間工の採用活動を行っていますので、マツダの面接は比較的通過しやすいと思われます。

 

しかし面接内容はしっかりとしています。握力検査、筆記テスト、面接、体力テストなどがあり、受かりやすいと言われているからと言って油断して準備を怠ってはいけません。

 

まとめ

 

マツダやほかの自動車メーカーの求人を比較して感じた印象は、マツダの日給は業界の中では若干低めですが、その分、入社祝い金や選考参加費、入社特別手当がかなり大きく、最初の給料はとても良いということです。

面接も受けやすいので、大きいお金がすぐ欲しいという方には、マツダはとてもおすすめかもしれません。寮も悪くなく、通勤も楽なため生活環境なども、かなり良い待遇をしてくれます。残業手当や割増手当などで手取り月22万から29万まで稼ぐこともできるそうです。

 

PAGE TOP