期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

車体系から部品系へ転職する期間工が知っておくと得する話

 

こんにちは!

 

このコーナーはデンソーやトヨタの期間工経験者である「もちまる」が実体験をもとに期間工について抱く疑問に答えていくものとなっています。

 

それでは今回は「トヨタやホンダ、日産といった車体系の期間工から、デンソーやアイシンといった部品系の期間工に転職するときに、実際に私が思った不安」についてお話していきたいと思います。

 

 

 

◆期間工が車体系から部品系へ転職するときの不安をまとめてみた

 

 

まず車体系の期間工や部品系の期間工といってもピンとこない方も多いと思うので、少しそのことについて説明させていただきたいと思います。

 

 

 

◇期間工とは?

 

一般的に期間工とは自動車関連企業の製造工場で働く期間契約社員のことをいうわけですが、自動車関連企業の中でもいくつか分野があります。

 

皆さんご存知の有名なトヨタやホンダという会社で自動車をつくる期間工と、それとは別にデンソーやアイシンといったトヨタやホンダなどに部品やパーツなどを卸している会社で部品やパーツの製造をする期間契約社員のことも同じく期間工と言ったりします。

 

やはり車体系の期間工と部品系の期間工では全然仕事内容が違ってきたりします

 

基本的にはライン作業で流れてくる車や、流れてくるパーツの加工もしますけれども、ほかの仕事で車体系の期間工では一切することのないような仕事を部品系でしていたり、部品系でよくある仕事を車体系では全然していなかったりといった、ちょっとした違いから大きな違いまであります

 

もし私と同じような車体系から部品系に転職する方が、今後同じ不安を抱くようであれば、今回の話で転職する際の判断材料にしてもらいたいと思います。

 

 

 

◆私が転職する際に、感じていた不安の4つ

 

 

もちまるがホンダからデンソーに移る際に感じていた不安は以下の4つです!




    1. 作業が細かすぎるのではないか?

 

    1. 作業の速度が速すぎてついていけないのでは?

 

    1. 残業が多すぎて長期的に仕事を続けられるか?

 

    1. 女性が多いことに関して不安



これについて1つずつ説明していこうと思います。

 

 

 

◇作業が細かすぎるのではないか?

 

1つ目の作業が細かすぎるのではないかということです。

 

一般的に車体系の期間工は大きなパーツ、例えばドアだったりとかボンネットだったりとかエンジンだったりを車体にくっつける仕事になっています。

 

それに対して、部品系の期間工はその車体系が車に組み込むパーツをつくる仕事になっています。

 

例えばカーエアコンをつくったりだとか、エンジンのパーツをつくったりだとかインジェクション、トランスミッションをつくったりということになるので、車体系の作業より細かい作業が多くなっています。

 

そういったものをもともとネットの情報で調べていたので、すごく細かい作業が待っていると思いました。

 

実際就業してみて思ったのは、やはり細かい作業が多いということですね。

 

車体のほうと同じでライン作業もあるのですが、小さい部品の管理の仕事もやはり非常に多いです。

 

正直、車体から部品系に転職するときに想像していた仕事内容とは全く違うものになっていました。

 

ただ細かいといっても、特別手が器用じゃないとできないようなものではありませんでした。一般的な人であればできる程度の細かさということです。やはり不安通り作業が細かかったですが、できない程のことではないということが分かったので、今では普通に作業ができています。

 

 

 

◇作業の速度が速すぎてついていけないのでは?

 

2つ目の不安ですね。作業が速すぎてついていけないのではという不安です。

 

これも1つ目と似たような不安ですが、やはりネットでラインのスピードがすごく速くてついていけない、女性の作業がすごく速くて自分が一番速いトップのスピードで作業をしても、女性は7割方8割方のスピードで作業をしていて、どうなっているのか分からないなんていうことを書いているブログのブロガーさんもいらっしゃいました。

 

それを見て自分ではついていけるのかなと不安に思いましたね。

 

実際に就業してみてわかったのは、やはり作業がすごく速かったです

 

私の担当している工程はそう素早いライン作業じゃなかったので、何とかやっていけていましたが正直ライン作業になってしまったら、今も続けてられていたか不安に思うレベルです。

 

就業する際に配属される工程に関わらず、一通りどんな仕事をするのかという体験をするのですが、その中で部品の検査というものがあります。

 

ラインで流れてくる部品を顕微鏡のようなもので一つ一つ見ていき、不良がないか、傷がないかということを確認する作業ですが、例えば40秒ラインが流れる間の中に、5つの部品の中から不良があるかどうか確認していかなきゃいけないという作業が最初の研修のときにありましたが、私は全くついていけませんでした。

 

どれに不良があるか分からないということもあって、1つ1つゆっくり、それでも私の中では速いスピードで見ていったのですが、2つ部品を見ただけで全て流れてしまいましたね。これは車体系のところにいたときも、ラインのスピードについて行けないのではないかっていうふうに就業した最初の頃は思っていましたが、結局最終的には余裕を持って仕事を終わらせて次の車体というかたちで作業ができました

 

なので実際にそれを数ヶ月続けていくと部品系のラインのスピードにもついていけるのかなとは思います。

 

結論としてやはり目を使う仕事になってきます。

 

体を動かして車体を組み立てるものとは全く別のものになるので、注意を払ったりとか、それで見逃してしまったら不良品が流れてしまうことになるので、そういったプレッシャーもありました。

 

やっていて目も疲れるなっていうふうには感じたので、やはりそこの作業に、例えば今から配置転換で行けと言われたら、正直続くか分からないというレベルで作業が速いなというふうに感じました。

 

私の場合は担当する工程がそうでなかったから続けてられていますが、この不安は思っていた通り的中してしまって、ただ自分が違うところに行けて、行けたから続けられているというような内容のものになっていますね。

 

もし私と同じように素早い作業が苦手だという方がそういう工程に配属されてしまった場合は、一度上司の方に相談してみてもいいかもしれません

 

デンソーやアイシンといった会社は結構部署異動を積極的に行っているようなので、タイミングが合えばほかの部署、ほかの工程に異動させてくれることもあると思います。

 

 

 

◇残業が多すぎて長期的に仕事を続けられるか?

 

はい、次3つ目ですね。

 

残業が多すぎて長期的に仕事を続けていけるかどうかということです。

 

一般的に車体系といわれる会社にも残業が多い会社は多いですが、ただやはりホンダやトヨタといった残業が少ない会社の方が全体的に多いです。私も残業少なめな部署でした。

 

それに比べて、例えばデンソーなんかは期間工の中でもトップクラスに稼げると言われているほど、残業が多いです

 

やはりそのギャップがあったので、体力的に持つかなという不安はあったのですが、案外やってみると残業もそこまで苦にならないかなというような感じですね。

 

結構寮とかも工場に近いので、実際の拘束時間がほぼその仕事の時間ということになるので、多少残業が多くても例えばホンダなんかは出勤時間が長いなんていうことで有名ですから、実質的な拘束時間でいうとそこまで大差なかったというのが個人的な感想です。

 

極端にプライベートなことで勉強がしたいとか副業がしたいとかいうようなかたちで時間を取りたいというのであれば、あまり部品系の期間工はよくないかもしれません。

 

そうでないというのであれば、部品系の期間工でガッツリ仕事してもらってもいいのかなと思います

 

 

 

◇女性が多いことに関して不安

 

最後4つ目ですね。女性が多いことについてです

 

今まで車体系の会社で働いていましたが、もろ男性の男の職場といった感じだったので、周りに女性が一切いませんでした。

 

多少女性が普通にいるというぐらいだったらまあいいですけど、デンソーは部署によってはほぼ女性だらけで、男性が数人しかいないというような部署もあるというふうに書き込みを見ていたので、そういう職場はさすがに少し不安に感じるなということがありました。

 

人間関係的にも長く続けて行けるかなという不安がありました。

 

実際にそういった部署はいくつか見てきました。実際に配属された部署ではそういう部署はなかったのですが、やはり少し男性にとって肩身の狭い職場になりそうだなというふうには思いましたし、実際に同僚の女性がやはり発言権が強くて、ちょっと男の肩身が狭いというふうに愚痴をこぼしている同僚もいました。

 

ただ男性だ女性だという、そういった性別は考えず、1人の人間としてその仕事をするときはその仕事に向かってちゃんと作業をするというふうにしてれば、そこまで気になることではないのかなと思いました。

 

私の職場も普通に女性もいる職場になっていますが、全然思ったほど気にならないという感じでした。なのでちょっと女性が多すぎるのも不安だなと思う方もいるかもしれませんが、そこまで気にしなくてもいいのかなと思います。

 

 

 

【まとめ】

 

 

今回この4つの不安はほぼ残業以外に関しては、やはり実際に就業してみても思うことになっていますね。

 

ただこれをどれだけ自分で対応していけるかでまた変わってくると思うので、もし細かい作業や早い作業が苦手だなとか、女性が多いと少し嫌だなというふうに思う方もいるかもしれませんが、ひとまずデンソーに就職してみて仕事をしてみるのもありかもしれません

 

ただやはりあまりそんなにお金をもらわなくてもいいかなというふうに考えているのであれば、わざわざデンソーやアイシンといった部品系の会社へ就職しなくても、ほかの車体系の会社へ期間工として就職するというのも手だと思いますね。

 

それでは今回はここまでにしようと思います。ありがとうございました。