期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

《3年目で雇い止め?!》そんな期間社員での働き方に終止符を・・・

そんなに長期間働きたくない

自分のスキルを磨くために転職をしたい

仕事に飽きやすい

給料が高いところで働きたい

今よりも良い環境で働きたい

これから、新たに仕事を探したい

そんな方に向けて耳寄りな情報をお届けします。

今回はその中でも期間社員という職業を分析し紹介させていただきます。

期間社員とは?契約社員と違うの?と感じている方もいらっしゃると思います。

まずはその疑問から解決していきましょう。

期間工と契約社員と派遣社員の違いとは?《徹底解説》

 期間工と契約社員、更に派遣社員は全然違います。同じように考えている方は、違うものとして考えておくといいでしょう。その違いは雇用形態や給料の額などの違いがあります。

  • 期間工は、一定の期間だけ仕事をしてもらう方法で、期間工として採用された場合は、まず3ヶ月を目安に仕事をします。そして問題がないと思われた場合は、期間工として仕事を続けるために会社側が交渉します。同意するなら延長されて、そのうち正社員登用が行われるか、ある程度社員が集まったので期間工の契約を満了される状況が来た場合、会社から去ることとなります。期間工の場合は、給料の額が高いことに加えて、入社しただけでお金が貰える場合もあります。また退職金に該当する満了金がかなり高い数字となっています。
  • 契約社員は、その会社と契約を行うことによって仕事を行います。期間が設定されている場合も多く、一定の期間だけ契約を取り、それ以降は機関を延長するか、契約満了によって退社することになります。延長する場合は、正社員契約に切り替える場合もありますが、契約社員として延長されるだけの場合もあります。契約社員は、別名で期間社員と呼ばれる場合もあり、どちらを利用しても問題はありません。
  • 派遣社員は、派遣会社に登録して、必要としている会社に派遣されることで仕事を行います。契約社員のように思われますが、契約をしているのは会社で、雇用しているのは派遣会社と考えればいいでしょう。給料は派遣される会社が提示している金額によって決められ、あまり高い金額に設定されません。派遣される業種も限定されており、一部の業種では認められていません。そのため派遣会社は、製造業や事務関連の仕事など、限られたところでのみ行われているのです。

このように、期間工は一定の期間の仕事を続け、延長もあり得る雇用形態、契約社員は一定の期間の仕事を社員契約として行うこと、派遣社員は派遣会社に登録して仕事を行うものと考えておきましょう。

 

契約社員(期間社員)で期間工として働くとどんな仕事内容?

契約社員とは、期間工と同じように契約期間を付けられて仕事を行います。期間工として工場で働くこととが、大体契約社員と同じものと考えていいです。

トヨタの場合は、自動車の組み立て業務のために期間工を考えており、契約社員として一定期間の採用を行っています。期間社員という言い方もされますが、工場の場合は期間工として言われることが多いです。仕事内容は部品の取り付け、自動車を実際に組み立てる、塗装を行うなどの作業があります。

他には日産も期間工を採用しています。こちらも期間社員として期間工を採用しています。仕事内容はトヨタと大体同じで、こちらも自動車の組み立てや部品の取り付け業務を行っています。担当している部分で仕事を実施して、次の人に引き渡すような形です。

期間工は、組み立てや取付作業が中心となり、仕事内容としてはそこまで難しくありません。業務としても割り当てられる仕事によって、多少難易度が変わってくる程度となります。

 

3年で雇い止め?期間社員は…3年間を超える働き方ができない

期間社員の問題として、3年以上の契約はできない仕組みとなっています。期間社員として仕事をしている方は、最長3年として契約を更新し続けて、3年が経過した段階で解除することとなります。いわゆる雇い止めという状況となり、期間社員はこの段階で働けない状態となります。

3年というのは、法律で定められていることで、3年で雇い止めをしないと駄目な仕組みとなっています。自分が望んでいたとしても、働けないためにまた新しい仕事を探すことになります。雇用を変更してもらえば、3年での雇い止めもありませんが、それは正社員に昇格する以外にありません。

働き方の問題で、3年での雇い止めを受けてしまうのが期間社員です。一定の期間までは仕事ができるものの、3年で契約は終了となり、雇い止めとなります。働けないままでは大変なので、結果的に3年後には新しい仕事を探さなければならないなど、大変な部分もあります。働き方も多様化しているとされますが、期間社員は3年での雇い止めが少し厄介なところです。

 

期間社員から正社員への道?!

契約社員には正社員になるチャンスがあります。

それは3年間同一の会社で働き続けると契約社員ではなく正社員として、扱わなければならないといわれています。

なので、通常の企業では3年経過する前に雇用期間を満了させるケースが非常に多いらしいです。

企業側も契約社員を正社員として受け入れる資金よりも、新たに契約社員を受け入れ1から教育するほうが、手間ではあるが資金面では非常に有利なのです。

どうしてもその企業の正社員になりたいのであれば、事前に口利きなどをして、意欲などを見せておくと良いです。

また契約打ち切りの場合「雇い止めの30日以上前に予告する」という規定があるので、多くの企業は2年11ヶ月で契約を打ち切られます

 

期間社員の注意すべき点!!

企業側としては契約社員には2年11ヶ月まで働いてほしいことが多いので、正社員雇用を約束しながらも最後の最後で契約を延長せずに雇用を切ることがあるそうです。

最初から正社員雇用を目標に働いている人に対してはヒドイ話ですが、企業側も業績の不振などで人件費を削減する必要などがあるのです。

正社員雇用は絶対ではないというのは肝に銘じておいてください。

ですが、どうしても正社員になりたい方にとって、こうした契約の打ち切りは非常に悲しいものです。現状有効求人倍率が1%を上回っており、就職しやすいなどと言われてますが、正社員のみを対象とした場合の有効求人倍率は1%を下回っているのです。

ですが、正社員をあきらめてはいけません。

今回ここで期間工という職をご紹介させていただきます。

 

期間社員になるなら期間工がおすすめ!!

期間工とは製造業の工場で働く契約社員のことを指します。

つまり期間工として働く場合、大手自動車メーカーで勤務するのです。

この大手自動車メーカーというのはトヨタ、日産、ホンダ、スバル、いすゞなどが当てはまります。

大手企業ということもあり、給料も通常の契約社員よりもかなり高く、福利厚生もとても充実しています。

また期間工も契約社員なので、正社員雇用があるんです。

つまり日本最大手の自動車メーカーに正社員として受け入れてもらえる可能性があるということです。

さらにこの正社員の実績ですが、トヨタの場合はニュースにも取り上げられていました。

トヨタは採用から1年たった期間従業員について、優秀な人材であれば職場推薦や面接などを経て正社員として登用している。15年度にはこの数を約3倍に増やしたが、16年度はさらに増やす。2月末時点で約4300人の期間従業員がおり、8~9人に1人は正社員になれる計算だ。

参照:日経新聞

このように中小企業では多くの採用は難しいですが、日本最大手の自動車メーカーともなればこれほどまでの契約社員を正社員へすることも可能なのです。

期間工から正社員になるためには、何度か試験を乗り越える必要があります。

その例としてトヨタ自動車のケースをご覧ください。

期間工2年目以降の人を対象に、半年に1度工場で働く正社員からの推薦をいただくことができれば準採用試験をうけることができるのです。準採用試験で合格した者のみに正社員への道が開かれるという仕組みになっています。その準採用試験の内容としては高校レベルのテストと集団での面接が行われるそうです。

その面接で聞かれる中身としては以下のとおりです。

  • トヨタで働いて得た学びは?
  • 自分の仕事内容を簡単に説明する
  • 会社で頑張っている事は?
  • 趣味は?
  • 創意工夫は出せてるか?

《参照:http://www.toyota-kikankou.xyz/regularmember.html

このように書かれると非常に簡単そうではありますが、3年間で正社員になれるチャンスは2回のみです。雇用総数は増加したものの工場の正社員より推薦をいただくまでの難しさがありますが、これまでの仕事のやる気や仕事への熱量を発揮することが出来れば正社員になることは可能です。

派遣社員として工場でを働くならどの企業が良い?

 派遣社員として派遣される会社は、派遣社員が契約している会社に限られています。ただ期間工という形式を採用すれば、派遣社員として派遣されますが、高い給料を得られます。期間工は正社員登用も可能になっていますから、頑張っていれば正社員の道も開けていい方法です。工場での仕事に多い形式なので、工場で仕事を行っている企業に狙いを定めるといいでしょう。

特に自動車関連の企業は、派遣社員で期間工を募集していることもあります。派遣企業側に相談して、派遣社員でもいいから期間工をお願いしたいとしています。派遣企業は、登録している人に工場の仕事を紹介して、自動車工場での製造に携わってもらいます。期間工という形ではありますが、正社員登用もあり得ますし、かなり給料が高いことで人気のある仕事です。

企業側も、社員を何とか増やしたいと思っている部分があります。期間工を募集するのは当然で、派遣企業にお願いしている要素もあります。派遣社員として自動車工場で仕事ができる場合もあるので、自動車関連の企業を狙っていくのが一番いいでしょう。特にトヨタは期間工の収入も多く、正社員登用も積極的です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

トヨタがここまで正社員雇用に前向きな姿勢を見せていることは驚きでしたでしょうか?

このほかの会社でも多くの正社員雇用を行っているので、是非期間工も今後の働き方の選択肢に加えてみてはいかがでしょうか?