期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

住み込みの求人を探されている方は必見!中卒でも働けます!

中卒で住み込みの仕事を探している…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、中卒の場合、住み込みの求人で、待遇の良い求人がなかなか見つからないことも多いと言えるでしょう。

そこで、中卒でも働ける、住み込みの求人にはどのようなものがあるのでしょうか。詳しく見て行きましょう。

◇そもそも期間工って何!?中卒でもなれるの?

期間工とはそもそも、どのようなものなのでしょうか。

期間工とは、期間従業員という形で募集している、働く期間が決まっている契約社員のような形態を指します。

工場の生産が活発になり、人員が必要になるタイミングで募集が多くなりますが、企業との直接雇用であるため、待遇も良いのが特徴です。

期間工の仕事内容ですが、自動車製造などのラインで行う作業がメインですし、部署によってはエンジン組み立てや、加工などのお仕事もあります。

上司が最初は丁寧にアドバイスをしてくれるので、未経験者の方でも中卒の方でも安心して働くことが出来るというのが期間工の特徴であると言えるでしょう。

◇期間工は魅力がいっぱい!こんなに稼ぐことができます!

期間工のお仕事は、時給や月給も高く設定されているのはもちろん、さまざまな手当が充実しているのが特徴です。

時給に、深夜手当や、残業手当などもしっかりと付きますので、月収にプラスアルファでお給料を貰うことが出来るのがうれしいところです。

また、ほとんどの期間工の求人で、寮が完備されていて、面接で採用後、入社と同時に寮に入ることが出来ます。

寮費は無料で、光熱費なども無料となっていることが多いので、生活費を浮かすことが出来、短期間でもがっつりと貯金をすることが出来ると言えるでしょう。

待遇や生活面で保障されていて、休暇もしっかりと取ることが出来るので、中卒や職歴がない方でも働きやすいのが特徴です。

◇中卒で期間工は大変?期間工で中卒の人の口コミは?

期間工のお仕事は、これほどまでに魅力的ですが、中には、中卒なので、期間工として働くことが出来るのか…と不安を感じている方も居るのではないでしょうか。

しかし、結論から言うと、中卒でも期間工になることは十分に可能となっています。

スバル、トヨタ、ダイハツ、日産などの大手の直接雇用の期間工であったとしても、学歴は基本的には関係がありません。

このため、中卒でも期間工として活躍することは可能ですし、一定期間経験を積むことによって、正社員登用試験を受けることが出来ると言えるでしょう。

確かに、最も多く採用されているのは高卒ですが、中卒の期間工を見かけることも少なくないとのことです。

特殊な技術が必要なお仕事ではないため、真面目に働けば、誰でも正社員になれるチャンスはあると言えるでしょう。

◇未経験者でもなれる!期間工になる方法

このように、中卒であったとしても、期間工になって活躍することは十分に可能です。

そこで、未経験から期間工になるためには、どのような方法があるのでしょうか。

まずは、企業のホームページから、期間工の求人をチェックして、そして応募をするという方法があります。

この方法の場合、直接応募という形になりますので、そのまま面接を受け、採用されれば、直接期間工として働くことが出来ます。

また、他の方法に、派遣会社を通して、紹介して貰い、期間工として採用されるという方法があります。

これは、派遣社員として働くというわけではなく、派遣会社に紹介されて、その後直接雇用をされるため、派遣社員ではありません

しかし、応募をする際には、派遣会社を経由して採用された方が、結果的にお得であることが多いです。

それは、入社する際の入社祝い金です。

派遣会社を経由することで、入社祝い金が数十万ほど変わってくることもあり、お給料を重視したい人は、派遣会社を通した方が稼げる可能性もあります。

待遇などはほとんど同じですが、同じように雇用されるのであれば、少しでも祝い金が多い方を選んだ方がお得であると言えます。

これから応募を考えているという方は、一度派遣会社を通して応募をしてみることがオススメです。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか。

住み込み求人を中卒で探している…という方には、期間工のお仕事がおすすめです。

期間工として働いた場合、寮が完備されているので、すぐに寮に入ることが出来ますし、寮費や光熱費も無料のため、生活費を節約することが出来、お金を貯めることが出来ると言えます。

また、トヨタやダイハツなどの大手の直接雇用の場合も、学歴は関係がありませんし、体力があり、健康であれば、基本的には採用される可能性が高いです。

応募の際には、いろんな方法がありますが、直接ホームページから応募をするよりも、派遣会社を通して申し込む方がお得であることが多いです。

このため、派遣会社に登録をして、その後紹介されるという形で雇用される方法がおすすめです。