期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

【こんなにもメリットがあったのか?!】短期の派遣で働くなら工場?!

 現在、仕事のスタイルは、どんどん多様化しています。正社員で働きたいという方がいるのは当然ですが、今の時代「在宅勤務」「フリーランスとして働く」という方法を選択する人も多くなっています。また、正社員という形ではなく、派遣社員という雇用形態で、働きたい時だけ働く、というのも選択肢としてはありでしょう。

 今回は、そんな「派遣で働く」ということを希望している方にとっての、お奨めのワークスタイルについて、詳しい記事をお届けしていきたいと思います。特に派遣で仕事を探している場合は、工場での勤務をおすすめしたいのですが、その理由についても詳しく解説していきます。 

 

【仕事内容!】工場の派遣てどんな仕事をするの??

 では、派遣での仕事、特に「工場で派遣社員として働く場合」、どんな仕事をするのでしょうか?

 工場での仕事、しかも派遣社員でも出来る仕事となりますので、その仕事内容は限られてくる事になります。一般的に工場での仕事、といってもピンからキリまであります。中には、職人技の技量が要求されるような仕事もありますので、それらを派遣社員がこなす、というのは至難の技です。

 したがって、一般的に派遣社員でも行える工場での仕事は、「簡単な製造補助作業」という事になります。

 例えば、自動車関連や電機製品、機械部品の組み立ての一部を担うような仕事です。一例を挙げてみると、自動車の製造ラインでのエンジンの組み立て、などの作業があります。自動車の製造ラインでは、ゆっくりと製品と部品が流れてきますので、そのラインに立って指示された通りに、部品を取り付けたりする作業を行います。

 最初は体力的に慣れない事もあるかもしれませんが、殆どの方は短い期間で慣れます。早い人では2週間、長い人でも1ヶ月程度で仕事に慣れて、作業が楽しくなってきます。

【報酬?!】短期間だけの工場の派遣でお金が貯まる??

 派遣社員として仕事を探す目的、勤める会社に求めるものなどは色々あると思いますが、その最も大きな目的は「報酬の高さ」ではないでしょうか? 派遣社員は一般の正社員とは異なり、安定という意味で言えば少々劣ることとなります。したがって、正社員と同じ給与では、派遣社員として働くメリットはありません。

 その点を考えると、派遣社員として働く場合は、オフィス勤務などでの派遣社員よりも、工場での仕事を選択する事をおすすめします。何故なら、同じ派遣社員で働くなら、工場勤務をする事で、とことん貯金ができるからです。

 なぜ、工場勤務をするだけでとことん貯金ができるのか?不思議に思われる方も多いかもしれませんが、その理由の一つに「工場勤務の場合は、無料の寮が与えられることがある」という点があります。例えば、月給が25万円で一般的なオフィスワークをしている派遣社員と、無料の寮で働く工場派遣社員の場合で比較してみましょう。

 前者の方は、月給が25万円でも、そこから家賃が6万円、食費が5万円、そして職場までの交通費が毎月1万円かかるとなると、実際に手元に残るのはたった「13万円」という事になります。一方で工場勤務の場合は、月給が25万円だったとしても、無料の寮に住めば住居費が無料、食費も1万円前後、さらには職場までの交通費もかかりません。したがって、手元に残るお金は24万円程度という事になります。

 以上の事を考えると、同じ派遣で働くなら、断然工場勤務をおすすめします。

きつかったら続かない!工場への派遣ってつらいの?

 では、そんな魅力的な条件の工場勤務ですが、ほんとうに辛い事はないのでしょうか?

 まず、体力面ですが上記でも簡単に触れた通り、重たい部品を持ったり、部品を取り付けたりする作業が伴いますので、最初はなれずに筋肉痛になったりするケースもあります。しばらくは腰が痛くなったり、腕が痛くなったりする事もあるかと思います。しかし、それも最初だけですので、すぐに慣れるようになります。それよりも、対人関係のストレスが殆どない職場で働く事になりますので、人に気を使わずにひたすら作業に没頭する事が可能です。営業系の仕事などでは、お客様からの無理難題を受けたりして、ストレスがたまる場合も多いですが、工場勤務の場合はそんなストレスとは無縁です。

 また、気になる勤務時間ですが、多くの企業では以下のように2交代勤務と3交代勤務などがあります。いずれも1週間程度で勤務時間が異なります。例えば1週目は昼間の勤務、次の1週間は夜間の勤務、といった具合です。もちろんその境目には休日が設定されていますので、充分身体を休めることも可能です。

 <勤務時間の一例>

2交代勤務→1直勤務時間「6:25〜15:05」 2直勤務時間「16:00〜0:40」

3交代勤務→1直勤務時間「6:25〜15:05」 2直勤務時間「13:55〜22:35」3直勤務時間「22:10〜6:50」

※各々10分程度の休憩時間が定期的設定されていて、食事休憩もあります。

 

【期間工?!】そんな工場で派遣社員として働いてみませんか?

 ここまでで、派遣社員で仕事を探しているなら、特に工場がお奨めであるという事をお伝えしてきました。尚、工場で働く場合は、契約社員・アルバイトやパートなどという様々な雇用形態があるのですが、ここで最もおすすめしたいのは「期間工」というワークスタイルです。

 なぜ「期間工」がおすすめなのか?というと、最も待遇が良いからです。例えば自動車関連の工場では、期間工の募集を常時行っています。それだけ、期間工に対するニーズが高く、日本の自動車産業にとってはなくてはならないという存在だからです。また、それだけニーズの高い期間工ですから、月給以外の待遇も厚くなっています。

 例えば、指定された契約期間を満了した時にもらえる満了慰労金、入社時に支給される入社祝い金、そして帰任手当てや赴任手当て、食費などがその一例です。例えば、それらの諸手当を含む3ヶ月収入例としては、120万円を超えるケースもあるくらいです。一般的な派遣社員として工場で働く場合は、どれだけがんばっても月給が25万円程度となり、それ以外の手当ては殆ど支給されません。それに対し期間工は、本当に様々な手当てが用意されていますので、高待遇を狙っている方にとっては、非常におすすめの仕事と言えます。

  

【まとめ】

 以上、今回は派遣社員として仕事を探しているなら「工場での仕事」を選ぶ、その中でも「期間工」として働く事は、もっとも待遇面でメリットがあるという事をお伝えしました。ではポイントをもう一度おさらいしておきましょう。

  •  派遣で働くなら、対人関係などのストレスが少ない工場勤務がおすすめ。
  • その中でも、期間工なら月給以外にも様々な手当てが支給され、しかも無料の寮に住むことができるので、稼ぎたい人にはおすすめ
  • 工場で働く場合、体力面や夜勤など、最初はなれない事もあるかも知れないが、殆どの人はすぐに慣れる。それよりもストレスのない職場で作業に没頭できるので、仕事とプライベートを切り分けたい方にとっては、特におすすめの仕事である。

 以上、仕事を探す場合には、目先の時給や月給だけではなく、その他の手当てや毎月かかる費用についても、よく考えて総合的に判断する事が大切になってきます。今回お届けした記事を、是非今後の仕事探しの参考にしていただければと思います。