期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

50代で転職?未経験でもOKな仕事お教えします!

50代で転職。とても勇気のいることです。

手に職でもあれば別ですが、「長いこと事務しかしたことがない。営業しかしたことがない」、そんな方も多いと思います。

それでも、転職しないといけないことは、やはりどうしてもあります。

50代だとそこそこ給料ももらえないとやっていけないこともあるでしょう。生活、医療、教育、お金がかかることばかり。

未経験でも大丈夫で稼げる仕事。そんな都合のいい転職先があるでしょうか。

あるんです! これから詳しく説明していきますので、ぜひ目を通してください!

実際、50代で転職は可能なのか?

50代でも転職したい。その理由は様々でしょう。

最も多いのは「会社の考えが合わない」次いで「人間関係が合わない」「会社の将来に不安がある」などが、50代の転職理由としてあげられるようです。

ところが、実際に転職となると、技術職でもない限り、現状と同じかそれよりよい待遇で転職できるということは無いといっていいでしょう。

なにか特別なスキルをもっていて、引き抜きでもされるようなら話は別ですが、事務や営業、ひとつのことで何年もやってきたということであれば、難しいのが現実です。

50代といえば、もっともお金がかかる世代です。住宅ローンに教育費、将来のために貯蓄もしておかないといけません。

また、もっとも健康に気を付けないといけない世代ともいえます。長い残業や徹夜の付き合いなど、少しずつそうしたことをセーブして身体のことを考えて、お休みも大切にしたところ。

しかしながら、給与が良く、お休みもしっかりととれて、未経験でも大丈夫なんて仕事、なかなか見つけられるものではありません。

さらに、会社と考えが合い、人間関係に頭を悩ませることなく、会社の将来を心配しなくていいような職場を探すのは、本当に難しいといえます。

50代転職をスムーズに行う手段

現代日本は深刻な少子高齢化社会。

街を見渡すと、ほとんどの人が白髪交じりだったり、杖をつかれていたり、押し車を押されていたり。

このような状況で、人手不足が慢性化しているのが「介護業界」

介護福祉士などの介護資格をもっている人、薬剤師や看護師さんなど国家資格がある人など、介護業界、医療業界の専門家ももちろんそうですが、資格者でない介護士など介護職の求人でも、いつも需要過多の状態です。

給料が少なく、人と直接かかわる仕事であることから、スタッフの流動が激しく、人材を確保するのが本当に難しい業種であるといえます。

こうしたことを踏まえると、50代からの転職でもっとも近道と見えるのが「介護職」

これは、もちろん給料や条件を考えずに、転職だけを考えた場合です。

絶えず人手が不足しているので、男性でも女性でも、運転手でも介護職でも、仕事自体は豊富にあります。

また、「初任者研修」など、資格取得も比較的簡単に行えますから、資格者、専門家になってから転職し、いきなり管理部門という方法もないわけではありません。

ただし、介護業界では管理部門でも給料は一般職員と変わらないことが多く、年収にして手取り200万円程度と、条件はけっしてよいとはいえないでしょう。

介護士として就職するには、好きでなければストレスになるだけで、相手も自分も不幸。

もし、「高齢者と関わるのが好き」「人の助けになる仕事がしたい」「介護が大好き」と心から思えるのであれば、すぐに「初任者研修」を受講し、資格者として介護士になることをおすすめします。

50代からの転職をスムーズに行うには、それが最も近道であることは間違いがありません。

ただし、とくに介護に興味がないのであれば、それはおすすめできません。

「ほかになにもないから仕方なく介護を選んだ」という動機で選ぶ仕事ではないからです。

そんなことをしなくても、「期間工」という選択があります。

期間工なら、待遇が介護職とは全く違います。

「ほかにすることがないから選んだ」という理由でも、待遇がとてもいいことで、やる気、やりがいにつながるからです。

50代でも未経験でOKな期間工求人

とはいえ、50代でも未経験で受け入れてくれる企業となると難しいのはあたりまえ。
期間工の応募資格には18歳以上の記載以外には制限がありませんから、国家資格もいりませんし、リフトの資格者などである必要もありません。
製造の専門家であることも必要ありません。
未経験者歓迎。
女性歓迎。
このように書かれている求人も多数あります。
ということは、50代未経験者でも、チャンスはあるということです。
年齢制限はありませんし、資格者である必要も、専門家である必要もありません。
経験者である必要もないのです。
50代、未経験でもチャンスはあります!
そのうえで、比較的50代が採用されやすいであろう求人を探してみましょう。
まず、条件がとてもいい求人で50代でも大丈夫なのが「アイシンAW」
実際に未経験の50代の方が採用された実績があるようです。
アイシンAWといわれても、ほとんどの人が「何の会社?」と思われているのではないでしょうか。
アイシンAWは、自動車部品製造の会社。
とくにオートマチックトランスミッションやカーナビを創っている企業で、世界中で取引のある大企業です。
大企業ですから、待遇も一流。
トヨタなどの有名企業と遜色ありません。
勤務地は愛知県をはじめ、いくつかありますが、寮が完備されていて、費用も水道光熱費も無料となっています。
研修も充実していますから、採用さえされれば50代でも十分に活躍できると思います。
実績では、50代の方は「部品供給」という部署に配属になったそうです。
これは電動車に滑車をつなげて部品を各部署へ運ぶ作業です。
比較的楽な部署ですが、それでも部品の積み下ろしが大変です。
ただし、配属部署は選べませんので期待はできません。
そのほか、トヨタでも、スバルでも、デンソーでも、マツダでも、50代期間工は活躍しています。
こうしたことを踏まえても、転職採用は、本人のやる気次第といえそうです。
資格者でなくても、管理部門でなくても、かなりの待遇で迎えてくれますから、誠実に、積極的に面接に臨んでください。
1つダメでも次々チャレンジしましょう。
一度採用されれば次からは「経験者」です!

給与、体力、未経験。不安要素はなし!期間工という選択。

期間工は大手企業と直接契約するので、待遇がとてもよいのです。

例えば、給与は月収30万以上。これは「未経験」で「初月」からの額です。これに、入社祝い金、残業手当、深夜手当、交代勤務手当、食費補助、満了慰労金など、他の職種ではつかない手当が相当数あるのです。

ただしほとんどの場合、工場周辺の寮に入居することになりますが、家から寮までの旅費は赴任旅費という形で支給される場合が多く、生活に必要な設備は洗濯機からテレビまで完備されていますので、引越しに手間がかかることはありません。

お休みは週休二日以上の場合が多いので、のんびり実家で過ごすこともできます。そのほか、ゴールデンウイークや夏季、冬季休暇、有給休暇もあり、身体を壊すことなくゆっくりと休んでいただけます。

仕事自体は単調な作業です。慣れてしまえば難しくはありません。

人とかかわることもほとんどない職場ですから、人間関係で悩むこともありません。

大企業が直接雇用してくださいますから、会社の方向性や将来性は、入社前からはっきりしています。

もちろん社会保険は完備。福利厚生も充実しています。多くの場合、正社員登用制度も設けられています。

50代からの新しいやりがい

50代での転職には、プライドもあるでしょう。
若い世代に交じって同じように働くことを苦痛に思うこともあるかもしれません。
期間工は、20代~50代の世代を超えた従業員が働いています。
そのなかには、日本の製造業の礎として誇りをもって働く方もたくさんいらっしゃるそうです。

日本の製造業自体が、いまだに世界を牽引している部分もあります。
50代。かつて終身雇用の時代、管理職として出世していく世代でした。
現代、日本の製造業、世界の製造業を支えているという実感を持ちながら、ひたむきに仕事をするということを、新しい50代のやりがいとして提案したいと思います。
自分のためだけでない。若い世代や、日本の製造業のために、懸命に働く50代というのも、けっして悪くはありません。

50代で転職なら、未経験でもOKな期間工!

50代での転職は、様々な障害が予想されます。

それでも、「期間工」という選択には、給与がよく、手当が多く、お休みがしっかりとれて、社会保険も完備、未経験でも大丈夫、やりがいがあるなど、いい条件がそろっています。

転職について、さまざまな企業や仕事をお探しでしょうが、こういった条件のいい案件というのは、なかなか見つからないのではないでしょうか。
是非とも、期間工を選択肢に加えてください!

PAGE TOP