期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

【必見!】栃木の稼げる工場情報|正社員登用あり!

栃木県の正社員、工場求人を検索すると、さまざまな求人情報が見つかります。

UTエイム株式会社、株式会社スタッフブレーンなど「無期雇用派遣」の仕事が多いようです。

工場求人というと、昔は繁忙期と閑散期の差が激しいため、繁忙期には派遣社員を雇い入れ、閑散期には派遣社員を減らすというようなことが多かっただろうと思います。

現在では、派遣会社が正社員として雇用し、工場へ派遣するため、正社員の工場求人を多く見るようになったといえます。

こうした無期雇用派遣の形態は、工場で必要なくなっても、派遣会社が次の派遣先を用意してくれるため、安定して働くことができるのです。

ただし、工場で働くならもっとお得な雇用形態もあり、ほかの一般求人と比べても待遇のいい仕事があります。

そのあたりを解説していきましょう。

工場求人の雇用形態

そもそも工場求人の雇用形態はさまざまなものがあります。

アルバイト、派遣社員、無期雇用派遣、正社員、そして期間工。

工場の雇用形態にはこうした種類があり、それぞれにメリット、デメリットがあります。

アルバイトであれば、比較的自由にシフトが組めますが、給料は時給で、福利厚生も受けられません。

派遣社員の場合も、給料は時給制。

比較的就業しやすい反面、期間が過ぎれば失業してしまうというデメリットがあります。

無期雇用派遣は、派遣会社の正社員となりますので、給料は月給制で安定はしています。

福利厚生も派遣会社のものが利用できます。

ただ、派遣先企業の満了金の支給や正社員登用制度は受けられません。

正社員雇用になると、資格や経験が必要になる場合が多く、採用自体が難しくなってきます。

工場なら期間工がお得

期間工という雇用形態なら、雇用先は工場を運営する大手企業。

直接雇用されるため、正社員登用制度や、満了金の支給などを受けることができます。

そもそも期間工とは、自動車製造会社の工場で期間を限定して働く雇用形態です。

その期間は最短で3ヶ月。

その後、3ヶ月ごとの契約更新を行い、最長35ヶ月まで働くことができます。

月収例は30万円以上。

社会保険は完備で、福利厚生は大手企業のものをそのまま利用できます。

寮に入る場合、寮は水道光熱費込みで無料。

食事は食堂を利用することができ、食事補助が支給されることもあります。

期間を満了するたびに、満了報奨金、満了慰労金といった「満了金」が支給されます。

この満了金は、トヨタであれば、35ヶ月で300万円にもなります。

こうした待遇の良さが期間工の最大のメリット。

期間工から正社員にも

期間工には、正社員登用制度というものが導入されています。

毎年1回以上の正社員登用試験が開催され、試験に合格した期間工は、正社員として迎え入れられます。

こうした制度を利用すれば、期間工から正社員に昇格して工場勤務を続けることができます。

もちろん、簡単なことではありませんが、トヨタやスバルといった大企業であることを考えると、正社員になれるチャンスがあること自体がすごいことだともいえます。

正社員に登用されるためには、筆記試験と面接試験を受ける必要があります。

筆記試験は中学生程度の国語と数学、ほか常識問題などが出題されます。

こうした試験をクリアするには、上司の推薦が必要になります。

そのためには、仕事でミスすることなく、遅刻、欠勤はせず、上司のいうことはよく聞いて良好な関係を気づくことが大切です。

栃木県の期間工

栃木県には、日産といすゞの自動車工場があります。

この2つの工場求人をご紹介しましょう。

日産の勤務地は、河内郡上三川町。

月収例は34万円。

これは自動車会社の期間工でもかなり多い方だといえます。

入社祝金3万円。

こちらは他と比べると少ない方です。

赴任手当2万円。

食事補助3万円。

食事補助が3万円もある企業はなかなかありません。

皆勤手当も2ヶ月で8万円と通常より多い方です。

お休みは土日。

備品付き寮は水道光熱費込みで無料。

なかなかの高待遇です。

いすゞはどうでしょうか。

勤務地は栃木市大平町。

月収例は30万円以上。

食事補助2万円、食堂では1食130円から。

満了金はなんと3ヶ月で21万円!

寮完備。

水道光熱費込みで無料です。

いすゞもかなりの高待遇。

栃木の期間工は条件が比較的いいといえます。

まとめ

栃木県の工場求人、正社員についてみてきました。

最近では、無期雇用派遣という形態があるため、正社員として安定的に工場で働けることになったのも事実です。

ただし、待遇面では、期間工に勝ることはなく、寮費が無料でなかったり、満了金がなかったり、大手企業の正社員登用が利用できなかったりと、デメリットもあります。

はじめから満了金、正社員登用などに興味がないのであれば、無期雇用派遣もいいでしょう。

それでも、栃木県には日産やいすゞといった大手メーカーの工場がありますので、期間工を選択肢から外すのは少しもったいないような気がします。

とにかく、自分の希望に合った雇用形態はどれなのか、企業ならどこなのか、そうしたことをはっきりとさせてから求人を探すことをおすすめします。

自分に合った求人が必ず見つかることでしょう。

PAGE TOP