期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

【オススメ求人】マツダ防府工場で期間工として働こう

防府市は防府天満宮や毛利博物館などがある観光でも有名な毛利氏ゆかりの地。
毛利元就の七男元政を祖とする右田毛利家のお家元です。
そんな防府市には、世界的大企業のマツダの工場があります。
所在地は山口県防府市西浦の西浦地区と、山口県防府市大字浜方字大浜の中関地区。
基本方針は「資源、エネルギーを大切にし、人と地球環境にやさしい、クリーンな工場をめざそう!」です。
リユース、再資源化、廃棄物ゼロなどの取り組みに積極的で、5年間で廃棄物発生量を50%も削減するなど、大きな実績を残しています。
毛利氏で名を馳せた防府市は、今ではマツダが盛り上げています。
マツダは、自動車自体の環境だけでなく、工場の環境にも非常に力を入れ、地球にも地元にも優しい自動車工場を実現しています。

マツダの工場求人なら期間工!

そんなマツダの防府工場で働くなら、期間工がおすすめ。
期間工は、期間社員、期間従業員、期間契約社員ともよばれ、働く期間を定めた契約社員こと。
マツダでは最短6ヶ月から、契約を更新し最長35ヶ月まで働くことができます。
もちろん正社員登用制度が導入されていて、正社員登用に積極的な企業ですので、正社員として働き続けることができる可能性も。
月収例は29万円。
皆勤手当2万円。
食事補助1万5千円。
6ヶ月ごとの満了慰労金は12万円~。
寮費はもちろん水道光熱費込みで無料。
選考会参加で10万円、入社祝金35万円のキャンペーンを行っている人材紹介サイトもあります。
社会保険は完備で福利厚生も充実。
自宅出勤であれば交通費支給。

車通勤OK。
これほどの求人は、ほかではなかなかありません。

マツダで働く!

ここで、マツダという会社の紹介をしておきましょう。

マツダは言わずと知れた自動車製造の大手企業。

正式名はマツダ株式会社。

設立は大正9年にさかのぼります。

本社は広島県安芸郡。

従業員数は6万7千名にも及ぶ大企業です。

ここ数年の業績は、2012年の赤字から2013年には黒字に推移。

その後は毎年業績を順調に伸ばしています。

そのキャッチコピーは「人馬一体」

なかでもトランスミッションやエンジンの製造には、高い品質のものを目指す強いこだわりがあり、そのトランスミッションを製造しているのが防府工場。

アルミの溶解から、世界最高水準といわれる鋳型充填などをとおして一つひとつ鋳造していきます。

こうしたこだわりが「人馬一体」を思わせる走りにつながっていくのです。

世界で認められるには訳があります。

そうした企業で働くことは、ひとつの誇りであろうと思います。

応募は専門のサイトから

マツダの防府工場で働くなら、専門のサイトからの応募がお得です。
工場系、製造系の求人サイトは、今では数えきれないくらいあります。
きちんと検索して、特典やキャンペーンを確認してください。
とくにマツダの求人は、入社祝金がサイトによって違うことが多く、数万円単位で損をすることになりかねません。
マツダの期間工は、入社祝金が高い傾向があり、短期で稼ぎたい人に人気です。
ただし、ほかの企業は最短期間が3ヶ月なのにたいし、マツダは6ヶ月となっています。
現在は選考会参加で2万円もらえるキャンペーンをしているサイトが多く、最初の一年で、給与以外に、特別手当10万円、食事補助9万円、入社祝金35万円、選考会参加費2万円、皆勤手当24万円、慰労金24万円の合計100万円支給。
期間工は繁忙期、閑散期で条件が変わりますから、マツダは今がチャンスです!

期間工の仕事の内容は?

マツダ防府工場では、トランスミッションなどの製造がおこなわれています。

工程は「鋳造」「鍛造」「熱処理」「組立」「塗装」など。

「鋳造」は、アルミを溶かして型に流すとても暑い作業。

「鍛造」は、機械を使って金属を加工する作業。

「熱処理」も機械を使っての作業。暑さと戦う仕事です。

「組立」は、形になったトランスミッションの部品をインパクトレンチという自動のねじ巻きを使って組立てていく仕事。

「塗装」は機械で色を付ける仕事。

どれも、非常に体力のいるきつい仕事ですが、このきつい作業が、マツダの「人馬一体」を支える職人の仕事になっているわけです。

想像できるとおりのきつい仕事です。

ただ、マツダの自動車製造を支える誇れる仕事であり、結果の見えるやりがいのある仕事です。

まとめ

いかがですか?

戦国時代には毛利氏のお陰で繁栄し、明治維新には日本を変える原動力ともなった防府市。

現代では、日本が世界に誇るマツダが工場を有する土地となりました。

マツダは、工場のクリーン化を積極的にすすめ、リユース、リサイクル、廃棄物ゼロを達成。

「人馬一体」のキャッチコピーを掲げ、世界最高の水準を目指して邁進しています。

正社員登用実績、給与や手当をみれば、期間工の待遇も世界水準といえるでしょう。

防府工場では、その心臓部とも動脈部ともいえるトランスミッションを製造。

その内容は、確かにきついものではあります。

最初の1ヶ月で半数が辞めてしまうともいわれています。

ただ、だからこそ職人の仕事。

期間工が誇りとやりがいをもってできる仕事である証拠ともいえます。

防府から世界へ。

ぜひ、マツダの期間工として世界に通用する素晴らしい自動車を製造してください!

PAGE TOP