期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

ロッテの工場の評判まとめてみた

工場の作業員を募集している会社は色々ありますが、今回はそんな中でも「ロッテ」の作業員について、そのメリット・デメリットをまとめてみました。

お菓子やアイスクリームなど、製菓製品で有名なロッテですが、実際ロッテの工場スタッフとして働いた場合の給料はどうなのか?そして仕事はきついのかどうかなど、色々調べてみました。特に食品や製菓などの工場勤務をする場合、募集要項には掲載されていないような、口コミや情報などがとても重要になってきます。これを読まれている方が、工場勤務の仕事を探しておられるなら、今回の記事も、是非参考になさってください。

 

ロッテの工場勤務って何をするの?

まず、ロッテの工場で働いた場合には、どのような仕事を担当するのか、ご紹介します。

※その仕事が辛いのかどうかについては、この後詳しく触れていきたいと思います。

まず、一つ目がお菓子の製造作業です。例えば、クッキー一つとっても、材料を混ぜ合わせ、香料や保存料などの材料を投入し、型に入れて焼く、という一連の作業が必要ですが、そのライン作業の機械の操作をしたりするのが主な仕事です。

二つ目が、検品作業です。やはり人の口に入るものですから、相当な衛生管理が求められます。また不良品を市場に出すわけにも行かないので、一つ一つ人間の目でもチェックしていき、不良品は出荷できないようにストップさせます。かなり気を使う仕事です。

三つ目が梱包・出荷作業です。出来上がった製品を、パッケージや段ボールに詰め込んでいき、そして出荷ヤードへ運び込みます。さすがに運び込むのはフォークリフトなどを使いますが、少々体力が必要な工程でもあります。

 

ロッテの工場勤務の給料の手取りって?

そんなロッテの工場勤務ですが、実際の給料はどんな感じなのでしょうか?

求人情報をチェックしてみると、時給ベースでも一番高くて1,400円程度となっています。毎日8時間働いて20日勤務としても額面で22万円程度、そこに残業や夜勤、休日出勤などが入ったとしても、おおよそ27万円前後といったところでしょうか?そこから税金などが引かれますので、実際の手取りは17万円弱という感じになります。

さらに正社員などで募集されている場合は、そこに賞与等がプラスされますが、現在ロッテが募集しているのは、派遣社員などの非正規雇用のスタッフなので、賞与等は支給されません。したがって、この時給でいくと、年収は200万円台…という事になります。ちょっと給料面では魅力はないのかもしれませんね。

 

ロッテの工場の評判とは?

次に、実際にロッテで働いたことのある方々からの口コミもチェックしてみました。

その中で最も多いのは、作業自体が単調で耐えられない…という内容のものでした。例えば、お菓子一つをとってみても、毎日毎日同じお菓子、同じ匂いの職場で、延々とそのお菓子がラインに流れているのを見ながら、機械を操作する必要が出てきます。また、その全てが食品という事になりますので、髪の毛が伸びていたりきちんと防護されていないと、ものすごく厳しい指導を受けますし、そういった面では中々自由が利かないのも事実です。

お菓子作りが好きなら、最適な仕事かも…と想像してしまいますが、実際にはお菓子は機械で作りますし、個人的なお菓子作りのスキルも要求されません。したがって、お菓子作りの技術を身につけたい!と思っている人も、やめておいたほうが良さそうです。

 

ロッテの工場勤務のメリット、デメリット?

そんな感じのロッテの工場勤務なのですが、ここでそのメリット・デメリットについて。簡単にまとめてみます。

 

<メリット>

作っている品物がお菓子という事もあり、それほど重たいものは扱いません。したがって、比較的体力的にも楽というメリットはあります。また、実際のお菓子作りのスキルは身に付きませんが、お菓子がとにかく好き!食品関係の仕事に就きたい!と思っているような方にとっては最適な職場と言えるでしょう。

 

<デメリット>

最も大きなデメリットは、暑さ寒さが激しい工場があるという事です。例えばアイスクリームを製造している工場なら、常に寒いところで仕事をしないといけませんし、クッキーなどを焼く工程では、ある程度の暑さにも耐える必要があります。また、お菓子を焼いたりする工程では、最初は魅力的に感じた匂いも、やがて苦痛に変わってくることもあるようです。

ここまでで、ロッテの工場勤務の条件や仕事内容、口コミなどをご紹介しました。これらを見てどんな印象を受けられたでしょうか?正直なところ「イメージとは少し違う」と思われた方が殆どだと思います。そんな方の為に、同じ工場勤務を探しているなら、どんな仕事が最適なのか、次の項でご紹介したいと思います。

 

それならこっちの工場にすれば?

ここで皆様に一度検討いただきたい働き方があります。

それは「期間工」という働き方です。

期間工は期間限定(1年や2年※最長でも2年11ヶ月)で働く工員の事を指しますが、立派なメーカー直接雇用の社員です。

 

なぜ期間工を検討いただきたいかというと、その待遇の良さや、後々その経験が全て給料に反映される仕組みがあるからです。先ほどのロッテの給料は、額面でも27万円前後、年収では200万円台と、非常に厳しいものがありました。一方、期間工の場合はなんと年収で400万円は充分狙えます。また期間工として一度勤務して、再び期間工として同じ会社に戻ってきた場合には、経験者手当てというものが支給され、会社によっては10万円~20万円程度が給料とは別で支給されます。

 

そのような点を考えると、ロッテで単調作業をして年収200万円台より、期間工で少々体力的に厳しくても年収が400万円もらえるなら、検討してみる価値もありそうですね。現在、期間工は大手自動車メーカー(トヨタ・日産・日野・いすゞ・スバル・ホンダ)や、大手電装部品メーカーのデンソーなどで盛んに募集されています。

 

まとめ

いかがでしたか?

ロッテの工場勤務と聞くと、あま~いお菓子の匂いに包まれながら、楽しく毎日作業ができるというイメージだったかもしれませんが、お菓子の匂いは甘くても、実際の仕事はそんなに甘くはなさそうですね。

 

今回ご紹介したような内容や口コミを見ても、同じ工場勤務を希望しているなら、年収も400万円狙える期間工を検討したほうが懸命だと思います。また期間工なら、無料の寮が利用できて、水道光熱費も無料なので、ロッテで働くよりも何倍もの貯金ができるかもしれません。是非今回の記事が、皆様の仕事探しの参考になれば幸いです。

PAGE TOP