期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

工場勤務をする前に必ず読むべき!工場勤務のメリット、デメリットとは?

工場で働くことに興味を持ってはいても、そもそもどんな職場環境なのか、どんな仕事内容なのか、工場で働くメリットとデメリットは何なのか?

 

このように、興味はあっても分からないことが多くて一歩踏み出すことに抵抗をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

今回の記事ではそんな方々に向けて、工場で働くメリット・デメリットをまとめました。

ネガティブなイメージを少しでも払拭して働いてもらえるとうれしいです。

 

【実はメリットが多い?!】製造業の工場で働くべきメリットとは?

 

製造業の工場で働くことに対してどのようなイメージをお持ちでしょうか?

 

いろいろなイメージがあるでしょうが、ここでは実はメリットが多いという点をご紹介します。

 

まず、工場は多くの仕事がマニュアル化されていますので、たとえ未経験であったとしても簡単な仕事から徐々に仕事を覚えながら成長していくことができます。

 

また、工場での作業を行っていると「つまらない作業を楽しくしよう。」とか、「1つの作業をより効率よくスピードアップさせることができないか?」などいろいろなアイディアを考えることもあるので、アイディアを考える力になります。

 

普及している商品の場合ですと、自分が作っている製品のエンドユーザーが実は身近にいて愛用している、というケースにも出会え、やりがいを感じることができるかもしれません。

 

工場と言うと、激務薄給のイメージもあったりしますが、そういった職種ばかりではありません。工場長や海外工場の生産責任者などは年収1千万を超える求人もあったりと、ばかにできません。高卒であっても中小企業の工場では上位の役職を担える可能性もあるのです。

 

大手製造メーカーの工場であれば、福利厚生もしっかり整っていて、寮費や食堂が付いている工場も多いというメリットがあります。実際、人材サービスを手掛けるVSNが2015年に行った調査によりますと、業界別で調べたときの福利厚生の満足度では鉄鋼業・製造業が上位になるという結果が出ています。

 

工場で働いている場合、各種手当(残業手当、休日出勤手当、夜勤手当など)が給料のうち大きな割合を占めることがあります。時間外手当は基本給の25%と法律で定められていますので残業手当が年収に及ぼす影響は大きいと言えるでしょう。
 

【ライン作業が天敵?】工場でおこるデメリットとは?

 

逆に工場で働くことのデメリットをご紹介します。

 

よく聞くのがライン作業などの単純作業を繰り返すことで仕事がつまらないと感じるようになることですね。人間の脳の特徴には「過去と繋げて認識する」というものがあり、どうしてもずっとやり続けていることに対しては新鮮さ、感動よりはマンネリで認識してしまいがちです。マンネリが蓄積していくと仕事のモチベーションの低下にもつながり、最終的に仕事をしたくなくなってしまうという懸念があります。

 

工場で働いていることを友達や知り合いに話す際、抵抗感がある人もいるのではないでしょうか。どうしても社会的なイメージで工場イコール、ださいとか資本主義社会の底辺の人がやる仕事という偏見の目を持っている方もいます。「キツイ、キタナイ、クサイ」という3Kでイメージされることも多く、イメージが悪いです。

 

少人数の町工場などでは社員全員が働くのが当たり前になりすぎて、有給休暇を取りづらい雰囲気がまん延している工場もあるそうです。そういった工場の場合、有給はあっても実質使えないという残念なことにもなりえます。

 

人間関係で言うと、お客様と直接相対してコミュニケーションを取るということもまずなかったり、同僚の人ともそれほど話さなずとも済むことが多いので、人間関係は希薄になりがちです。職場の人とも濃い関係性を築きたい人にとっては物足りなさを感じることもあるでしょう。

 

工場で働くことは、転職活動に役立つことがほぼありません。その会社独自の知識であったり、技術であったりするからです。転職してさらに上のキャリアを目指す人にとっては、工場で働くことのメリットはありません。

 

工場勤務のデメリットを改善できる期間工とは?

 

上記でいろいろとご紹介したデメリットを解決できるのが、実は「期間工」という働き方なのです。

 

期間工というのは、トヨタやホンダなどの主に自動車メーカーの契約社員のことです。直接雇用であるため待遇がよく、寮費、光熱費も無料のところが多いです。生活にかかるお金が少ない分、貯金に回せる給料が多いというメリットがあります。学校を中退するなど、一度社会からドロップアウトした人であっても採用されやすい特徴があります。さらに、中小零細企業では出ないことも多い残業代もしっかり支給されます。


期間工の契約期間は、3ヶ月や6ヶ月など、最大2年11ヶ月以内の短期という特徴があります。ずっと同じ作業を繰り返さなければいけない恐怖も、期間が限定されていれば緩和されるでしょう。正社員ではない分、変な責任感を背負うこともなく、精神的に楽だという点もメリットです。

 

期間工は、誰もが名前をしっている、有名な大手自動車メーカーで働けますので、友達や知り合いにも堂々と「自分は〇〇というメーカーで自動車を作っているんだ!」と話せることでしょう。

 

期間工は日本全国各地から働くために集まってきますから、いろんな地域の人たちと知り合うことができます。同じ地域の人だけとの付き合いでは得られない、知らない世界、多様な価値観と出会うことを通して、人としての器も広がることでしょう。

 

体力がいるきつい仕事ですが、大手メーカーであるが故の待遇の良さと給与の良さで、短期間でお金を稼ぎたい方にはピッタリの働き方でもあるのが期間工です。さらに、期間工として一定期間マジメに働けば、正社員になる道も開けてきます。
 

まとめ

 

ここまで、工場で働くことのメリットとデメリットをご紹介した上で、後者のデメリットを解決することができる、期間工という働き方についてご説明してきました。

 

期間工には、工場で働くことのデメリットを解決できる魅力が

たくさんあります。

 

期間工として働くことに興味はあるけれど、一歩踏み出す勇気がなかなか出ない人にとって、この記事がその一歩を踏み出すキッカケとなれば幸いです。



 

PAGE TOP