期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

【応募前に読むべき】工場のおすすめ企業徹底解説!!

 

今回の記事のテーマは「工場のおすすめ仕事」です。工場勤務と一口に言っても、食品工場や電化製品の工場、自動車工場や衣料品の工場など、様々な職種や企業があり、どの工場がおすすめなのか?少し迷ってしまいますよね?

そんな方の為に、お勧めの企業とそのおすすめポイントをしっかりお伝えしていきたいと思います。どの会社が給料がいいのか?また将来的な展望を考えると、どの企業がいいのか?など、工場勤務の仕事を探している方の参考になれば幸いです。

 

工場勤務のメリットは?

まず、いろんな仕事がある中で、工場勤務を選択するメリットから、お伝えしていきたいと思います。

・対人関係のストレスが少ない

工場勤務の場合、営業などの仕事と違って、顧客と直接接する事はありませんから、顧客からのクレームや、成績を競う同僚同士のいざこざとは無縁となります。したがって、工場勤務は、比較的対人関係のストレスが少ないことで有名です。

・残業が少ない

オフィスで働く方々は、顧客の都合や自分の都合でいくらでも残業をしようと思えば出来てしまいます。しかし、工場勤務の場合は、自分が残業したいと思っても、機械が稼動していないと働けませんし、そもそも機械を動かすだけでも電気代や燃料費などの費用がかかりますので、一般的な工場ではむやみやたらに残業をさせるようなことはしません。毎月の生産予定量に沿って、計画的に残業が指示されるので、計画的に時間を使えます。

・技術スキルが向上する

工場の種類にもよりますが、様々な製品を作り上げる技術が身に付いたり、いろんな機械を操作するオペレータとしての技術も身に付きます。また、工程を管理したり、工程の効率化を考えたりするスキルも身に付くのが工場での仕事の特徴です。

 

給料が高い工場勤務できる企業とは?

では、早速工場勤務ならこの企業!というおすすめの企業をご紹介しましょう。

まずは、給与面から調べてみたいと思います。

ちなみに、企業の紹介をする前に、工場勤務の中でも最も給料の高い働き方を皆さんにご紹介します。それは「期間工として働く」という方法です。期間工とは1年や2年(最長でも2年11ヶ月)と期限を決めて、大手自動車メーカーなどに勤務する働き方ですが、月給はもちろん満期慰労金や諸手当が高額なことで有名です。

そんな期間工として工場勤務をするなら、やはり自動車メーカー「スバル」がお勧めです。下記の参考URLにも記載されていますが、スバルなら様々な諸手当や残業代を含むと、年収はなんと450万円を超えます。

次は世界の自動車メーカー「トヨタ」ですね。こちらも残業や満了慰労金などの諸手当を含むと、年収は400万円を超えるようです。

 

最後に大手電装部品メーカーの「デンソー」です。こちらの給与明細を見てみると、なんと年収ベースでは480万円クラスとの事です。あと一歩で500万円の大台に乗るわけですから、相当な高給がもらえるという事になりますね。

 

参考URL:期間工の給与(給料)・年収のリアルな数字比較まとめ トヨタ,デンソー,ホンダ,スバル,いすゞ,マツダの実例
 

福利厚生が良い工場勤務の企業とは?

次に、福利厚生面から見てみたいと思います。

 

まず、おすすめしたいのは先ほどもご紹介した「トヨタ自動車」です。なぜトヨタがおすすめなのか?というと、トヨタ自動車の従業員向けに提供されている福利厚生施設が利用できたり、健康保険組合が斡旋しているサービスが利用できるからです。またコナミスポーツクラブと提携していたり、全国各地のゴルフ場やボーリング場を格安で利用できたりするので、本当におすすめです。

 

次に日産自動車も期間工として働く事ができる企業ですが、福利厚生施設も充実しています。日産自動車もコナミスポーツやセントラルスポーツと提携していますので、それらの施設の優待価格で利用する事が可能です。また、全国の日産自動車が保有している保養所(法人会員施設セラヴィリゾート泉郷、リゾートトラストなど)も利用できるので、余暇を楽しむことも出来ます。

 

工場勤務は、少々体力的にも厳しいことが考えられますから、余暇の時間を心身ともにリフレッシュする為、このような福利厚生施設と提携している企業を選ばれることをお勧めします。


 

○○したいならこの企業!

 

次に、給与や福利厚生以外の面からもチェックしていきましょう。

 

・正社員登用人数が多い会社

こちらもおすすめの企業は「トヨタ自動車」となります。なぜならトヨタ自動車は、期間工からの正社員登用を積極的に行っており、2016年度の正社員登用人数はなんと「377人」となっています。ちなみにですが、期間工として働くと、自動的に正社員になれる訳ではありませんが、期間工の任務終了後に上司からの推薦をもらえて、所定の試験に合格すれば正社員登用される事になります。トヨタ自動車も優秀な人材をどんどん正社員化していこうという動きがありますので、働く側としてもモチベーションがあがりますね。

 

・比較的仕事が楽な会社

ネット上の口コミを見ても、圧倒的に楽な期間工として有名なのが、「デンソー」の期間工です。期間工は主に自動車メーカー系と部品系の会社に分かれるのですが、デンソーは後者の部品系に分類される企業です。つまり、自動車メーカーと比較しても製造しているもの自体が小さく軽いので、それほど体力を必要としないのです。

 

・休日が多い会社

こちらもトヨタ自動車がお勧め企業として有名です。トヨタはやはり一流企業ですから、労務管理もしっかりしており、年間を通して休日が多い事でも有名です。例えば、年末年始・ゴールデンウィーク・お盆など、年に三回程度は10日間程度の連休を取得する事が可能です。期間工の場合は、家族から離れて寮で暮らす人も多いので、長期休暇があると家族とも一緒に過ごせることができるので、本当にありがたいですね。


 

まとめ

 

いかがでしたか? 工場でおすすめしたい仕事・企業といっても、今回ご紹介したようにいろんな視点から見ることが大切です。給料がよくても休みが少なかったりするケースもありますので、注意して募集要項をしっかり見ることも大切ですね。

 

この記事でお伝えしたような期間工なら、給料もいいですし、寮も無料で使うことが出来ます。さらに勤務するのは大手企業ですから、福利厚生もバッチリです! そんな期間工に一度チャレンジして、将来はそのまま大手メーカーの正社員に!という道も悪くないですね。





 

PAGE TOP