期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

工場勤務に向き不向きはある?

工場勤務をお考えの方には、「自分は工場勤務に向いているのだろうか?」と心配されている方も多いのではないでしょうか。

やってみたいけど自分に本当にできるだろうか。

こうした不安はよくわかります。

実際、工場勤務に向き不向きはあるのでしょうか。

結論からいうと、「向き不向きは極力なく、誰にでもできるように工夫されている」といったところでしょうか。

「工場の人手は十分」ということはいつの時代もなかなかありません。

そのため、作業自体が洗練されたものであり、誰にでもできるようにかなり工夫されているといって差し支えないと思います。

工場求人を見ても、「未経験OK」「未経験者歓迎」など、未経験でもできることを強調する記載が多いです。

向き不向きがないように工夫されているが、それでも向き不向きはあるというのが本当のところでしょうか。

工場勤務に向いている人

それでは、工場勤務に向いている人とはどんな人でしょうか。
工場はモノを作るところですので、手先の器用な人だといいでしょう。
さらに、細かなことまでこだわれる人。
「これくらいいいや」とミスを見逃してしまう人はダメかも。
黙々と同じことをできる人。
工場の作業は単純作業の繰り返しですから、こうしたことに耐えられる人であることは重要です。
ある程度体力に自信がある人。
体力はあった方がいいですが、全く体力に自信がないというのでなければ大丈夫でしょう。
慣れるまで持続できる忍耐がある人。
工夫ができる人。
生産工程職でライン作業をしていると、時間内に仕事をこなさなければいけません。
どうしたら早く丁寧に仕事ができるか、自分で考え工夫できること。
こうしたことが全部できる人はすごい人ですね。
そうでなくても、工場で働きたいという気持ちがあるとか、モノを作る仕事が好きとか、製造業に携わりたいという気持ちがあることは大切な前提だと思います。

工場勤務に向いていない人

工場に向いていない人がいるとすれば、まずは次の作業工程のことをまったく考えられない人ですね。

ライン作業をするとなると、次の工程で次の作業員がどういう作業をするかということを考えてあげられることが、ライン作業では最も重要だと思います。

こうしたことが、わずかでも頭にチラつく人は優秀な人でしょう。

あとは、向いてる人の反対で、不器用な人。

「これくらいいいや」と思ってしまう人。

単純作業の繰り返しが耐えられない人。

体力に自信のない人。

慣れるまでの我慢ができない人。

なによりも、製造業に興味がない人。

ただ、やってるうちに興味が出てくることもありますから、やっぱり向き不向きは気にしなくてもいいかもしれません。

作業自体は、誰にでもできる簡単な作業ですし、マニュアル化されていて、誰でもできるようにすでに工夫されているからです。

工場勤務に向いてなくてもモチベーションで乗り切る

「あぁ、俺向いてないわ」と思わないでください。

人間、やる気があれば何でもできます。

工場勤務はあなたをやる気にしてくれる雇用形態を持っています。

それが「期間工」

この期間工は、待遇がものすごくいいため、モチベーションが上がります。

3ヶ月から35ヶ月までの期間限定の仕事ですので、待遇の良さだけでモチベーションを保てます。

なにしろ、35ヶ月満了で、貯金額が300万円を超えることも可能。

こうした「モチベーション」が、工場勤務に向いてなくても工場勤務を乗り切る力になります。

期間工なら短期! 高収入!

期間工は、月収例が30万円を超えることもある高収入な製造スタッフです。

その秘密は、トヨタやデンソーといった大手企業と直接雇用契約を結ぶこと。

そのため、大手企業の社会保険が完備、福利厚生が適用。

そのほか、寮は水道光熱費込みで無料。

個室でテレビ、エアコンなど家電充実。

食堂が利用できて、食事補助もあり。

最短3カ月からの短期で、期間を満了するたびに満了金が支給され、契約を更新することで35ヶ月まで延長が可能。

35ヶ月満了で、トヨタでは満了金が300万円になることも。

給料で生活して、満了金を貯金するだけでも300万円です。

こうした手当は、出勤率が90%以上であることが条件。

ようするに休むともらえないのです。

なので、期間工は意地でも休まない人が多いです。

休まなければ、皆勤手当も2万、3万支給されます。

こうした待遇が、モチベーションになるのです!

まとめ

工場勤務の向き不向きについてみてきました。

結論は、「工場勤務の不向きは、期間工のモチベーションで乗り切れ!」

ということですが、実際には向き不向きはあります。

ある程度のやる気がないと、きつい仕事であることも確か。

器用だから、こだわりがあるから、黙々と作業できるから、体力があるから、工夫ができるから、モノ作りが好きだから、待遇がいいから、「だから乗り切れる」というものが一つでもあれば、ぜひチャレンジしてみてください!

PAGE TOP