期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

【必見!】工場の仕事でのストレス対策

工場の仕事をお考えの方のなかには、就職後のストレスを考えると不安だという方もいらっしゃるでしょう。
どんなストレスがあるのか、自分に乗り切れるのか、そう考えると心配で、なかなか一歩を踏み出せませんね。
工場の仕事にはメリットもたくさんあるのですが、やはり同じようにストレスと感じることもたくさんあるようです。
そうした工場の仕事でのストレスに限らず、一般的な職場でのストレスも含めて、ストレス対策を考えていきたいと思います。
明日から職場で使える知識もあるかもしれません。
どうすればストレスなく毎日楽しく働くことができるのか。
ストレスの多い現代の社会人なら必読の記事ですね!

ストレスとは、苦痛や苦悩を意味する英単語「distress」が短縮された単語。
苦痛に感じること、苦悩に感じることを「ストレス」というようです。
これには、大きく分けると二つの種類があり、「精神的ストレス」と「肉体的ストレス」があります。
工場の仕事における二つのストレスを見ていきましょう。

工場の精神的ストレス

工場勤務における精神的ストレスには、まず、ライン作業でのストレスがあります。
トイレに自由に行けないストレス。
ミスしたり遅れたりすると仕事を止めてしまうストレス。
逆に、誰かのミスで何度も仕事を止められてしまうストレス。

次は人間関係のストレス。
一般職でも、上司に嫌味をいわれたり、要望通りに動いてくれなかったり、当たり前のことができていなかったり、人間関係悩みのストレスはどこにでもあります。

3つ目は、単調な作業によるストレス。
工場の仕事では、単純な作業を延々と繰り返すこともストレスとなります。
「あと○○分」と、残り時間を意識しだすと苦痛でしょうがありません。
工場の精神的ストレスには、こうしたものがあげられます。

「予定通りにいかない」「思ったようにいかない」「合理的にいかない」「効率よくいかない」など、自分が求めている通りにいかないときに、ストレスを強く感じる傾向があるようです。

工場の肉体的ストレス

工場では、肉体的なストレスもたくさんあります。

そのうちの一つが「筋肉痛」

ほかにも、「騒音」「高温」「脱水」「体力」など、肉体的ストレスの要素は工場にはたくさんあるのです。

たとえば、紙や布の仕分けであっても、まとまっているとある程度の重さはあります。

1日8時間以上、数キロの紙や布を仕分けていく作業は、数キロのダンベルで8時間運動しているのと変わりません。

数キロの紙や布でもそうですが、これが十数キロの金属部品になると、かなりの筋トレになります。

工場は、機械があちこちで稼働していますから、騒音も大変なものです。

鋳造や溶接などの工程があれば、部屋の温度は40度を超すこともあり、水分補給をしっかりとしていなければ、すぐに脱水してしまいます。

こうした工程に慣れていなければ、仕事が終われば立てないほどの疲労。

このように工場には、肉体的ストレスもたくさんあるのです。

工場の仕事のストレス対策!

こうした工場のストレスに、どう対処していくか。

これには、対処療法的な方法と、根本治療的な方法があります。

精神的ストレスの場合、その原因は「求めている通りに行かない」のが原因です。

対処療法としては、一人で悩まず相談できる人に話すとか、休日は好きなことをしてリフレッシュするなど。

自分で何とかできることに関しては、自分で何とかする努力も必要です。

自分で求めていることを、自分でやってしまうということですね。

さらに根本的な方法として、「あきらめる」ということ。

あきらめたうえで、新しい方法を考え、自分の求めていることに近づけていく。

これはとても難しいですが、うまくいけばストレスはかなり軽減します。

肉体的ストレスに関しては、テーピングやサポーターを駆使して筋肉痛に対処。

耳栓で騒音に対処。

こまめな水分補給で脱水に対処。

慣れるまでは夜遊びを控えて睡眠時間を多くとる。

こうした地道な対策が、意外と大きな効果をもたらします!

まとめ

工場でのストレスのポイントついてみてきました。

精神的ストレスについては、ライン作業でのストレス。

人間関係のストレス。

単純作業のストレスがありました。

肉体的ストレスでは、筋肉痛のストレス。

騒音のストレス。

高温、脱水のストレス。

肉体疲労のストレスがあります。

こうしたストレスには、「対策」があり、その内容は画期的ではない地道なものです。

ただ、こうした「対策」を実行するかどうかで、成果はかなり違うものとなるのです!

PAGE TOP