期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

契約社員の契約書で注意しておかなければいけないポイントとは?

期間社員として仕事をするからには、契約書の内容を守らないと大変なことになってしまいますよね。もしかして、あなたも契約書の内容を守っていないかもしれませんよ。守らなかったらどうなるのか、ある程度わかっているのではないでしょうか。

契約書に書かれていることは、本当に守らなければならないことで、企業も仕事をする人も守らなければならないことです。守らない場合にどうなるのか、そして破ったら罰を受けてしまうのかなど、チェックしておきましょう。


契約書での記載上の注意

期間社員として仕事をするからには、契約書が必ず出されているはずです。ここで気をつけておきたいのは、いつまで契約を行っているかです。雇用契約書の場合は、契約されている期間がしっかりと設定されています。この期間を勘違いしていると、短期間しか仕事のできない状況を知らないまま、契約することもあります。

次に、更新しなければならないタイミングについてです。契約を更新して、期間社員を継続してくれると考えられる場合は、契約を更新すると告げてくれるようになりますが、更新しない場合にいつ伝えるのかが書かれています。大体の場合は30日前に伝えるなどと書かれていますので、この部分もチェックしておきましょう。

最後に、労働時間をチェックしておきましょう。労働時間は、実際に仕事をする時間となっています。もちろん残業時間はここに入っていません。残業の場合についても記載がありますので、仕事の時間についても記載のチェックが大事です。


契約書っていつ提出するの?


契約書を提出する時期は、多くの場合入社前までに行う形になります。入社前には、雇用契約書が出されますから、これを見て内容を確認して、問題がなければ記入するところに書き込みます。そして企業に提出をすれば、労働契約が結ばれるようになります。

期間社員として仕事をする場合でも、契約書を書くタイミングは変わりません。つまり入社前に行っている可能性が高いのですが、小さい会社だと書くタイミングが変わってしまいます。忙しくて雇用契約書を出すタイミングが無いとか、入社した直後に書かされるなんてこともあり、会社によって違いが生じる場合もあります。

多くの場合は、契約書を提出するのは入る前です。期間社員だってそれは同じことですから、明らかに遅いと思っているなら、会社に連絡をしてみるといいでしょう。


契約条件を破った場合どうなる?

雇用契約書に書かれている内容を破ってしまった場合、破っている状況によって変わってきます。

軽度の違反だった場合は、警告を受けるだけで済む場合もあります。あまり影響のないことであれば、違反で退職させられるとか、停職するに至らないと判断されるので、軽い処分で済みます。

一方で違反のレベルがある程度高い場合、停職するように要求される場合もあります。一定の期間は停職扱いとなっているので、給料も支払われません。情報漏えいなど、本来行ってはいけないと書かれている内容に違反している場合が多くなっています。

更に厳しい処分もあります。犯罪などを起こしていた場合や、会社に多額の損失を計上するような問題、更には契約違反でも重大と判断されているものは解雇されてしまいます。

解雇されると言っても、大半が懲戒免職という方法になっていて、退職金などが出ません。つまり一方的に悪いと判断されて、契約を切られてしまうと判断してください。

このように違反することは、様々な処分が待っていますので、破らないようにしましょう。

 

契約書の更新のおける注意点とは?


契約を更新してもらえて、期間社員として仕事が続けられる場合には、契約書の契約期間を超えてしまうので、新しく契約を結ぶことになります。

ここでは、新しい契約書を出されるようになり、次の契約が提示されています。この時に契約される日数について確認を取ってください。契約する期間が、前回よりも長く設定されている場合があるので、期間社員として長く仕事ができる場合もあります。必ず長くなっている理由は聞いておいてください。

次に持っていくものがあります。会社によって変わりますが、印鑑がなければ契約書にサインされていると判断されない場合もあります。もし契約を更新するとなれば、「ハンコを持ってきて」と言われる場合もあります。持ってこないと更新ができないので、持っていくように言われたら持っていきましょう。

最後に、契約書の内容は大体同じとなっていますが、給料などの数字が部分的に変わっているケースもあります。労働時間が異なっている場合など、更新される内容が今と違うなら、積極的に話をした方がいいでしょう。

 

まとめ

期間社員は、期間工という仕事が多くなっていますので、期間工の人は契約書についてよく見る機会があるでしょう。注意すべき内容をしっかり理解しておくこと、そして破ってはいけない内容が書かれていると理解して、契約書にサインをしてください。

期間工は、最終的に正社員に登用される場合もあります。しかも給料が高く、待遇もアルバイトよりもいいとされています。短期間で契約書の更新が多くなる傾向はありますが、仕事によるメリットは大きいです。気になる方は期間工も考えてみましょう。


 

PAGE TOP