期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

世界のTOYOTAで働くなら派遣社員?それとも期間工?

そもそも派遣社員と期間工はどう違うの?

期間工はメーカーと直接雇用契約を結ぶ雇用形態のこと。

派遣の社員は派遣会社と雇用契約を結ぶことになります。

派遣会社が雇用元で、実際に仕事をする自動車メーカーが派遣先です。

期間工はメーカーと雇用関係にあるので、メーカーの規定に準じた福利厚生などを受けることができます。

派遣社員は、たとえばトヨタ自動車で働いていても、トヨタ自動車の社員ではないわけです。

求人に応募する側から考えると、どちらも同じような印象を受けますが、自動車メーカーからすれば、自社で募集をかけるとそれだけの人件費や時間がかかりますが、派遣会社に求人を依頼すれば、人材が送り込まれてくるのを待っているだけなので、メリットは大きいのです。

しかも、メーカーが独自で募集し、採用した人材と、派遣会社から送られてきた人材のどちからを解雇するとしたら、派遣会社から送られてきた人材を解雇する方が簡単ですね。その時の仕事量によって、人数の調整がしやすいのです。

これを逆に考えると、メーカーに直接採用された期間工の方が解雇されるリスクが少なく、安心して働けるということになります。

 

では給料面では期間工と派遣社員で差はあるの?

通常に考えると、派遣会社は、雇用関係の中間に入ることで、マージンを取っています。その分、派遣社員にわたる給料は少なくなると考えられます。

しかし、昨今では、派遣会社が多く乱立していることから、求人応募をしてきた人に対して、最大限の特典をつけることで、人材確保を行っている派遣会社が多くなりました。

より優秀な人材を揃えておくことで、企業からのニーズに速やかに応えられるような人材をいつでも送り込むことができます。派遣会社にとって、人材をどれだけ揃えているかが重要なので、期間工の待遇により近い数字を打ち出して、人材確保に力を入れています。

派遣応募期間限定の特別手当をつけたり、入社祝い金を多く出したりと、派遣会社同士の競争は激しくなっており、まさに人材の奪い合いが続いています。

期間満了金もメーカー直雇用の期間工の場合と派遣社員とは条件が違う場合もあるので、入社する前に疑問点はしっかりと解決しておきましょう。

 

将来に向けての期間工と派遣社員との違い

最初に書いたように、期間工はそのメーカーの社員という扱いになります。となれば、期間工からそのメーカーの社員に雇用形態を変えられる可能性があります。

それはつまり、社員登用制度です。期間工を経験した人の中に、会社が求める人材がいた場合、社員登用の試験を受けることができます。

昨今では、その人数が増えてきており、トヨタでは2年間の間に700人以上の社員登用があったと聞いています。

派遣社員ではその資格はありません。あくまでも派遣会社の社員だからです。

こうして考えてみると、将来、自動車関係の仕事を続けていこうと思うなら、派遣社員よりは期間工が絶対にお勧めなのです。

また、期間工は、有期契約での雇用のため、仕事を辞めた時に給付制限がありません。ハローワークに離職票を持って行けば、待期期間だけ待つと、失業保険を受給できます。

派遣社員の場合は、自己都合で契約を断った場合は給付制限がつきますし、派遣先の会社都合で解雇されても、派遣会社が用意する次の仕事が決まっていたら、会社都合とは認めてもらえない場合がほとんどなのです。

このように、総合的に考えると、トヨタに直接雇用される期間工の方がはるかに派遣社員よりもお勧めなのがわかりますね。

PAGE TOP