期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

同じライン作業をするなら派遣よりも期間工で決まり!

工場のライン作業に派遣社員を採用するわけ

f:id:connectconnect:20170908154907p:plain

ライン作業の仕事探しをしていると、派遣会社の求人募集が多いことに気づきますね。

昨今では求人募集の半分以上が派遣会社からのものだと言えるでしょう。何故、これだけ派遣会社の募集が多くなったのでしょうか?

それにはいくつかの理由があります。
たとえば、ある会社で求人をしようと思えば、それだけの広告を打ったり、採用するための面接に人件費が生じたりと、費用面と手間、時間がかかることが大きなデメリットとして挙げられます。これを派遣会社に委託することで、それなりの人材を揃えて送り込んでくれるという手っ取り速さがあります。

また、一定の費用をかければ定期的に、そして継続的に人材不足の穴を埋めることができるのです。そして、一番大きなポイントは、閑散期になった時、派遣社員であれば契約期間完了という形で雇用を打ち切ることができるというメリットです。

 

自動車メーカーが直接求人している場合の雇用形態は?

これに反して、自動車メーカーは繁忙期になると、人材不足に陥るためより確実な人材確保に尽力します。

それが期間工という形です。

期間工は、期間限定社員として、メーカーが直接雇用関係を結ぶ形態で、メーカーが雇用に責任を持って採用してくれます。その中で、優秀な人材は会社の社員へと確保したいのが本音で、期間工の中から、社員として活躍してくれる人を探しているのです。

メーカーとしては、繁忙期の時期に、期間工を一人でも多く入社してもらいたいのです。そのため、他のメーカーに優秀な人材を取られないよう、自社で大量な求人募集を始めます。期間工で応募してくる中には、経験者も多いので、即戦力となる人々がかなり存在します。

 

派遣と期間工とライン作業の内容は違うの?

会社によっては、業務が全く違うところもあるようですが、ほとんどの会社では派遣も期間工もやる仕事は同じです。ただし、年齢や性別で仕事が分けられることはあります。

同じ作業内容なら、同じ給与がもらえるのでしょうか?

これも派遣会社やメーカーによっても様々ですが、一般的に考えると、派遣会社が中間マージンを取っていることは間違いありませんので、その分、派遣社員の給与は安くなると考えられます。ただし、その代わりに、派遣会社では様々な特典をつけたり、派遣社員のサポート体制を強化するなど、派遣社員離れにあらゆる手段を講じています。

同じライン作業をしている中で、期間工の中には経験者も多数いますので、その経験値を活かして様々な新しい仕事に回される場合があります。新しい仕事に移されることは、別の仕事の技術を覚えることにつながるので、ずっと自動車関係の仕事を続けたい人にとっては、嬉しい異動と言えますね。

 

会社から見た派遣社員と期間工の違い

現場を仕切っている上司の立場からすると、派遣会社の社員と自社の直接雇用の期間工ではやはり見方が違ってきます。

派遣社員はすぐに辞めてしまう存在で、期間工は長ければ2年11ヶ月くらい働いてくれる仲間という存在です。同じように仕事をしていても、期間工は社員登用の試験を受けて、もしかしたら同じ社員として活躍してくれるかもしれません。

また、派遣社員は常に派遣会社の存在が見え隠れしますが、期間工はダイレクトで話をすることができ、親近感も芽生えるそうです。

 

派遣社員と期間工と一体どちらが得なのか

派遣社員は派遣会社の言葉が絶対で、たとえば急に他の仕事への変換を指示されたり、いきなり職場を変えられることもあります。この裏には、実は派遣先の会社から人材採用を辞めたいなどという申し入れがある場合も珍しくありません。いわゆる派遣切りと言われるものですが、この決定には逆らうことはできず、派遣会社の言うままに勤務地を変えたり、職種を変更せざる負えない場合があります。

一方、期間工は自分で直接メーカーと契約を交わすわけですから、採用された後はそのメーカーの社員としての立場が守られます。社員登用の可能性もありますし、何よりも理不尽な解雇はあり得ません。

派遣社員と期間工では、メーカー直接雇用の期間工をお勧めします。
 

PAGE TOP