期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

工場勤務、30代女性でも大丈夫?

30代の女性でも大丈夫な、工場勤務の求人をざっと調べてみても、いい話は見つかりません。

パートで7年やっても正社員になれない。

ボーナスも出ない。

お局さんにいじめられる。

精神的にきつくて3ヶ月でやめた。

など。

どれも、ウワサだけではなさそうな、本当にありそうな話ばかりですね。

それでも、時給は千円以上とか、土日は休みとか、悪い話ばかりでもなさそうです。

はたして30代女性でも工場勤務できるのでしょうか。

それともウワサ通りの過酷な環境ばかりなのでしょうか。

実際に30代の女性でも工場勤務はできるのか、なにが問題で、なにがメリットなのか詳しく見ていくことにしましょう。

かならず、希望の求人が見つかると思います。

工場勤務のメリットは資格も経験もいらないこと

工場勤務の求人は、たいていの場合「未経験OK」「女性歓迎」と書かれていると思います。

だいたいは未経験でもできる仕事であり、女性だから応募できないということはありません。

現代の工場は、機械化が進み、仕事が細分化、システム化されていますので、複雑な作業はほとんどなく、未経験でも、無資格でもできる作業ばかり。

そのため、女性でも未経験、無資格ですぐに仕事ができるのがポイント。

工場勤務は、一般のパートやアルバイトと比べると時給の大きいものが多く、未経験、無資格でもはじめられるのがメリットです。

製造業には、さまざまな分野があり、食品加工や電子部品、アパレル関連など、比較的「軽作業」と呼ばれる分野で女性が活躍されているようです。

期間工なら、30代でも女性でも大丈夫

工場勤務には、期間工という雇用形態があります。

これは、自動車製造や自動車部品製造の分野でよくある形態で、派遣社員とは違い、直接トヨタや日産といった大企業と契約を結ぶ期間限定の社員です。

期間は、3ヶ月の短期から、契約更新で最長35ヶ月まで働くことができます。

期間工のメリットは、月収例が30万円以上と高収入。

各種手当が充実していて、35ヶ月の期間満了で支給されるボーナスの合計は、トヨタ自動車では300万円にもおよびます!

工場に通えない遠方の方ですと、個室の寮が用意されます。

寮は、家賃も水道光熱費も無料。

テレビやエアコンといった生活に必要な家電や家具は部屋についています。

そのため、生活費がほとんどかからず、35ヶ月の期間を満了する頃には100万円を超える貯金ができるということで人気の雇用形態。

応募資格は18歳以上であれば、30代でも女性でも大丈夫です。

仕事がきついのは慣れるまでの間だけ

工場勤務は仕事がきついといわれます。

都市伝説のようにいわれていますが、これはある程度事実です。

考えてみるとわかります。

それまでは使ったことのないような筋肉を、毎日反復して8時間使うわけですから、筋肉痛が出ない方がおかしいですよね。

不自然な姿勢で8時間立ちっぱなしの仕事ですから、仕事が済んだら疲れているのはあたりまえ。

ライン作業は流れ作業ですから、時間内に仕事を終わらせなければ、次の人にも前の人にも迷惑が掛かります。

夜勤や交代勤務は不規則ですから、睡眠不足や眠気は大変なストレスです。

こうした工場勤務の厳しさは、慣れるまでは本当にきついです。

何の対策もしなければ、おそらく1ヶ月持たないと思います。

1日持たない人もいるくらいですから。

対策しとけば大丈夫!

こうした工場勤務のきつさは、対策次第で乗り切れます。

慣れるまでが勝負。

身体が慣れてしまえば、筋肉痛もなく、疲労もほとんどなく、鼻歌を歌いながらでもラインで遅れることはなくなります。

筋肉痛対策は、小休憩では必ずストレッチをすること。

痛いところは氷で冷やし、入浴中はシャワーで済ませずしっかりと温まること。

たんぱく質を意識して摂取すること。

作業中はテーピングやサポーターで固定すること。

整骨院があればプロにケアしてもらうこと。

疲労対策は、食事をケチらずしっかりと食べること。

慣れるまでは予定を入れず、早く寝て睡眠時間を確保し、休みもゆっくりすること。

夜勤対策は、夜勤の前にはかならず睡眠を確保すること。

不規則な交代制では、「スマホを見てた」「テレビを見てた」「買い物してた」などつまらない理由で夜勤前の睡眠を削ることが多いです。

こうしたことのないように、夜勤前には必ず寝ておくこと。

まとめ

30代女性の工場勤務の可能性を見てきました。

30代女性でも、工場勤務はできること。

工場勤務には、資格も経験もいらないこと。

期間工という高待遇な雇用形態もあること。

工場勤務は確かにきつく、対策が必要であること。

対策は「びっくりするようなこと」はなにもなく、地味なことばかり。

この地味な対策を、するとしないでは最終的に辞める辞めないまで行きます。

こうした対策をしっかりと実行して、工場勤務に早く慣れてください。

慣れると、「単調な仕事との闘い」や「やりがいさがし」など、新たなきつさが現れますが、それ以前に、まずは工場勤務になれること。

慣れてしまえば、仕事自体は鼻歌を歌いながらできる楽な仕事になりますから。

PAGE TOP