期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

工場の食堂っておいしいの??【メニューの紹介】

 

人生のトラブルでお金が必要だったり家が無かったりする人でも、十分にお金が出るどころか貯金できる量の給料が出る上に、寮などが完備されているため貯金なども十分に可能なお仕事、それが期間工です。期間工は、基本的に工場で住み込みで働くことになるため、地方などが仕事の中心となりますが、それでも大手車会社に正社員で就職できたり、様々な手当てが付くため予想以上に給料がもらえたりと良い面がたくさんあります。そうした住み込みで働く場合、気になるのは食事ではないでしょうか?今回は、期間工の食事についてピックアップしてみました。

 

工場にある食堂って実際どうなの?

工場の食事と聞くとアニメや漫画などの影響でしょうか、あまり清潔でなかったり美味しくなかったりするようなイメージがあると思います。しかし、実際はそんなことありません。とても綺麗な食堂などがしっかりと整備されています。よく考えれば正社員の方々も利用する場合もあるのですから、当然かもしれませんね。



食堂のメニューは会社によってかなり異なっています。日替わりの1~3種類の中から選ぶものであったり、或いは決められたメニューから選ぶものであったりといったぐあいです。定食のようにメインとご飯と汁物が付く食事を出しているところもあれば、麺類や丼ものといったように炭水化物で食べやすいものを出しているところもあります。ただ、安いということと頼んでからすぐに出てくることというのは共通しているようです。中には、毎日の食事が1食200円台で済むところもあるようで、お金が必要な人たちにとっては非常にうれしいポイントなのではないでしょうか。

 

工場にある食堂のメニュー紹介!!!!

それでは、注目の食事の様子についてみていきましょう。まずは、正社員登用数や日給の伸び率など、給料や待遇面で非常に人気のあるTOYOTAからです。

どれも非常に綺麗で美味しそうですね。ネットの口コミなどを見ているとTOYOTAの食事は高い!というコメントが多くついています。日替わりの定食で442円という形で、さらに小皿やうどんなどを追加していくと1,000円を超えてしまうこともあるとか。大食いの人には少しツラい状況かもしれませんね。

続いて、食事ということで評価の高い日産について注目してみましょう。日産の場合は、食事が安いということだけでなく、食事補助という形で月々給料の代わりに手当てがついてくるところもポイントが高いですね。

日産の食事の画像はなかなか見つかりませんでしたが、非常に健康的な食事だということが伝わってきますね。特に小鉢が多いのが気になります。これで、だいたい350円程度というのですから驚きです。確かにTOYOTAと比べて高い!と言う人が出てきてもおかしくないクオリティだと思いますよ。

続いて、いすゞ自動車についてみてみましょう。

いすゞ自動車は定食が240円と非常に安くサイドメニューも充実しています。今回写真で紹介しているものは、サイドメニューが付いています。それでも300~330円という価格です。定食以外にも小鉢のサイドメニューがあるのは、舌が飽きずに楽しめるということで非常に点数が高いのではないでしょうか。

そして、希望すれば残業も多く、求人広告以上の給料がもらえるということで人気のあるスバル。

スバルの食事は定食が主といったところです。メインがしっかりついてこれで夕食は410円。小鉢も色々と選べるようで、1品80円といった価格設定になっています。こちらも非常に良心的ですよね。

最後にご紹介するのがデンソーです。

デンソーはボリュームが!という口コミが非常に多いです。果物は別料金だそうですが非常にみずみずしくて美味しそうですね。期間工は肉体労働なので、食事はかなり気を付けた方がいいといわれています。特に、炭水化物ばかり取っていると疲れが十分に取れなかったりしますので、夏場や長時間労働など厳しい環境では、食事に気を付けてしっかり寝ることで、給料にもそのまま影響するのではないでしょうか。

 

食堂のメニューが美味しい企業ランキング!!

TOYOTA・日産・いすゞ・スバル・デンソーと5つの企業を紹介しました。他にもHONDAの食事が美味しいという評判がネットにはあるのですが、画像が見つからなかったので今回は割愛させていただきました。それでは、5つの企業についてランキングを付けてみましょう。

順位

会社名

理由

1

日産

値段も安く、何よりも小鉢が充実しているため栄養バランスに優れている

2

デンソー

肉体労働のためにはやはり量が重要

3

スバル

定食中心でバランスが取れている。

4

いすゞ

サイドメニューを駆使すれば安くバランスが取れる

5

TOYOTA

やはり高いのが辛い

ランキングにしてみましたが、2~4位については甲乙つけがたいと思います。かなり無理してランキングしてみました。今回ご紹介した中ではやはり日産が食事はずば抜けているのではないでしょうか。小鉢もしっかりあって、値段も安い。上手くやりくりすれば、TOYOTAで働くよりも食費が半額以下になるという口コミも合ったぐらいです。デンソー・スバル・いすゞについても、工場で働く上で不満はほとんどないという感じでした。一方、今回残念ながら最下位とさせていただいたTOYOTAについては、値段の問題がどこでもクローズアップされています。実は、TOYOTAは正社員の場合、キャッシュバックシステムが付いているため、事実上半額で食堂を利用できるのですが期間工は契約社員という立てつけ上、このキャッシュバックシステムの恩恵を受けることができないんです。ぜひ、このあたりの対応をTOYOTAには期待していきたいと思います。
 

まとめ

いかがだったでしょうか。工場労働と言われていたけども、思った以上にしっかりとした食事があって驚いている人もいるのではないでしょうか。工場という肉体労働で、しかも地方で入寮するということで、娯楽も少なくなりがちな期間工では、食事についてはかなり配慮されています。一般的な工場労働者に比べても待遇が良いのは明らかです。ぜひ、給料や待遇という視点だけでなく、食事という視点からも期間工、考えてみてはいかがでしょうか。

 

PAGE TOP