期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

神戸製鋼工場って給料高いの?他の工場と比較してみた!

神戸製鋼は、日本全国に工場を持っている有名な会社です。工場の勤務って、意外と給料が高いことをご存知ですか?安いように思われているんですが、神戸製鋼クラスになると、工場でも高い給料が得られるんですよ。

でも工場の仕事には、ちょっとしたデメリットもあります。長く仕事を続けるとマンネリ化しやすいですし、採用されるか不安に感じますよね。そこで短期間で採用されやすい、期間工という方法が採用されていて、神戸製鋼でもこちらの方法を取り入れているんです。

 

神戸製鋼工場の給料は??

神戸製鋼の工場は、行っている作業によって給料が変わっています。組立作業を行っている社員と、機械を担当している社員は、大体月額24万円くらいの給料を得られています。工場の仕事が安いように思われている中、安定して給料を出してくれるところも神戸製鋼の良さとなっています。

一方で溶接について担当している人は、26万円くらいの給料となっています。組み立てなどを対応している人に比べて、難しい仕事を担当していると判断されて、給料が少しだけ高くなっています。会社に仕事によって差が生まれているのは、他の社員からすると気になるかもしれませんが、これは仕事の難しさという部分が影響しているので、仕方ない要素もあります。

 

給料が高いことを考えると、仕事をしやすい会社であると判断できるかもしれません。期間工でも書かれている給料が支給されますので、正社員じゃなかったとしても給料はそれなりに受け取れるようになります。

 

神戸製鋼工場の勤務時間はどのくらい?

 

仕事の時間についてですが、神戸製鋼の工場は2交代のような時間を設定しています。つまり昼に仕事をしている人と、夜に仕事をしている人がいるという形になります。これは工場によって多少異なりますが、昼と夜の仕事をしている人で待遇も給料も変わっていく形になります。

昼の仕事を担当している人は、8時から仕事が開始されて、大体17時に仕事が終わるような方針となっています。これは一般的な会社でも採用されている時間ですから、あまり違いを感じることもないでしょう。昼の仕事であれば、ある程度慣れている時間に仕事ができます。

 

一方で夜勤が用意されている工場で、夜勤の場合は20時から仕事をスタートさせ、朝の5時に終わる形となります。完全に深夜の仕事となりますので、慣れていない人にとっては厳しい部分があるかもしれません。それでも仕事内容によっては、夜勤しかできない場合もあります。

 

神戸製鋼工場の仕事内容とは?

 

神戸製鋼の工場で仕事を行っていく場合、仕事の内容が分かれています。そして工場によっても分かれているので、仕事をする工場によって、担当する仕事が変わっていくかもしれないと考えてください。

 

1つは組み立てを担当している作業員です。機械や関連している部品の加工を行って、組み立てを実施してく仕事となります。こちらは日中の仕事となることが多くなっていて、組み立てのラインに入って作業をしていく形になります。

 

もう1つは溶接を担当している仕事です。こちらは溶接のレベルなどを事前にチェックされて、配属される場合が多いです。部品や機械の溶接を担当していて、様々な部分を固定する作業を行っています。熟練の作業が必要となっている作業もあります。

 

神戸製鋼工場より働きやすく給料が高い工場の紹介

 

神戸製鋼の工場もいいのですが、もっと働きやすい工場もあります。それがトヨタの工場です。

 

トヨタの場合は、社員寮を準備しているだけでなく、頑張りによって給料が増える仕組みも採用されているので、頑張っている分だけ給料がもらえます。夜勤が苦手としている方でも働きやすいような形になっていて、神戸製鋼よりも未経験者が取り組みやすい仕事内容にしています。

 

他にはスバルの工場も働きやすいとされています。こちらは給料が高いですし、手当や福利厚生が充実していて、仕事以外の部分でもいいと感じられる要素が多いです。

 

給料については、以下の違いがあります。

神戸製鋼:最大で26万円

トヨタ:約28万円~

スバル:平均で約32万円

 

期間工の給料とは?

 

期間工の給料は、大体正社員と変わらない傾向にあります。神戸製鋼の場合でも、正社員と期間工の給料はそこまで変えていませんし、同じ金額をしっかり出すようにしています。ある程度経験している正社員であれば、昇給によって給料は高くなっていますが、初任給であればほぼ変わらない数字です。

金額がそこまで変わらないことを考えると、期間工も給料自体はしっかり受け取れるものと考えてください。かなり安くされているとか、工場の仕事が中心だから安くなりやすいというわけでもありません。

各種手当もしっかり出てきますし、神戸製鋼の場合は夜勤によって手当が出るようにしていますから、更に高い給料が得られる場合もあります。

 

まとめ

 

神戸製鋼は、溶接や機械、対応している部品の製造が主体となっている工場です。年収の部分でもそれなりに受け取れる金額が多くありますので、ある程度経験したいと思っている方、製造の現場で頑張ってみたい方には狙いやすいでしょう。

短期間でも仕事をしてみたいと思っているなら、期間工が用意されています。期間工は短期の仕事ではありますが、正社員登用のチャンスもありますし、短期間だからこそのメリットもあります。最初は期間工から考えるといいでしょう。



 

 


 

PAGE TOP