期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

期間契約社員って契約社員と何が違うの?意義付けしてみた!

期間契約社員って、どのような定義を持っているかわかりづらいですよね。実際に期間契約社員と言うのは、会社と契約期間を決めて仕事をする社員のことを指します。もしかしたら自分も期間契約社員かもと思っている方、契約内容を思い出してみましょう。

あなたは期間契約社員に該当していませんか?契約期間が設定されているなら、それは期間契約社員です。このケースでよくあるのが、工場で仕事をしている社員です。工場で仕事をしている人は、期間工として呼ばれることが多いですよ。

 

期間契約社員と契約社員って何が違うの?

 

期間契約社員と、契約社員はどのような違いを持っているのでしょうか。ここが気になっている方も多くいるはずです。

 

期間契約社員は、雇用される期間が決められていて、契約を結んでいる人です。期間工や期間従業員、更には臨時社員なんかも同じ状況になっています。契約されている期間がある程度決められていれば、それは期間契約社員として該当していることになります。

では契約社員として書かれている場合、期間契約社員と違うのかと感じてしまう部分はあるかもしれません。しかし期間という言葉が使われていないだけで、期間契約社員と契約社員は全て同じことを指しています。

 

どちらの言葉を利用されているかは、会社によって異なっている部分もありますので、使われている用語に気をつけておくといいでしょう。

期間契約社員と同じ扱いをされている言葉に、準社員や有期間社員もありますので、どのような書かれ方をしても期間契約社員であると思ってください。

 

契約社員と正社員の違いとは?

 

契約社員と正社員、ここには大きな違いがあります。

 

契約社員の場合は、契約されている期間が設定されています。この期間だけ仕事をしてほしいと言われて、延長する場合は更に契約を更新するための手続きを行います。契約を更新しないなら、そのまま契約は終了となり、会社で働けなくなります。

正社員の場合、契約されている期間は無制限となっています。この期間までというのはほぼ決められていなくて、定められている定年までは仕事が可能となります。定年になっても、契約社員に切り替えて仕事を続けられるようになるので、正社員の場合は長く仕事ができるようになります。

 

2つの呼び名は、ただ言葉が違っているだけでなく、実は契約している期間もかなり異なっていると思ってください。契約社員だと、最初に提示されている雇用期間が必ずあり、正社員の場合は雇用期間の定めなしなどと書かれます。雇用期間の違いが、正社員と契約社員の違いだと考えましょう。

 

契約社員のメリットは?

 

契約社員にメリットはあるのでしょうか。ここを気にしている方は多くいるでしょう。

 

メリットとしては、契約社員は決められている契約期間で仕事ができることです。つまり一定の危険が経過している場合、嫌だと思えば辞めることができます。選択肢を与えられていると考えれば、仕事をしやすいと感じられるでしょう。

もう1つは、アルバイトとは異なり、給料は正社員と大体同じ金額が出ていることです。待遇なども同じ扱いをされていますから、問題なく仕事が続けられるようになり、契約社員だったとしても不当な扱いをされる状況にならないのです。

 

契約社員のデメリットは?


契約社員のデメリットは、全てにおいて契約されている期間が限定されている部分にあります。

正社員の場合、仕事のできる期間は制限されていませんから、会社から解雇を伝えられない限りは仕事が可能です。一方で契約社員の場合、一定の期間が経過して、延長するつもりがないなら契約を更新されません。仕事を続けたいと思っても、契約を更新されないことで仕事ができないなんてことも多いです。

もう1つの問題は、契約社員には雇用期間の限界があり、更新しても続けられる年数が決まっています。ルールとして定められているので、更新を続けても契約社員として仕事を続けるには限界があります。

 

正社員登用されないと、どちらにしても会社から契約を切られる状況になりますが、契約社員を登用する方針を取っている企業は少なく、結果的に何処かで切られるという印象を持ちやすいのです。

 

期間工なら契約社員のデメリットも解消?!

 

期間工は、契約社員の1つに該当しています。一定の期間だけ工場で仕事をしている人が契約する方法となっていて、工場で仕事をしているから期間工という呼び名で呼ばれています。

 

実は期間工の場合、正社員登用制度を採用している企業が多く、仕事をしている内容がいいと判断された場合、期間工から正社員に昇格できます。一定の期間が経過すると、期間工として仕事ができなくなってしまうものの、正社員に登用されれば同じ仕事が可能となります。

デメリットとして挙げられている、途中で契約を切られてしまうという方法が取られなくなり、長期間の仕事をしている場合にはチャンスが生まれます。そして待遇が正社員レベルで高くなっている期間工は、契約社員のデメリットを解消しているのです。

 

まとめ

 

契約社員は、定義として定められている部分があります。契約されている期間が用意されていれば、それは全て契約社員となります。期間がかなり短い場合もあるので、短期の仕事しかできない可能性もあると思っておきましょう。

しかし、期間工というのは、意外と更新してくれるケースが多いことに加えて、正社員への期待のある仕事です。期間工は、契約社員の中でも働きやすく、期待をもたせやすい仕事です。狙ってみるのもいい方法です。




 

PAGE TOP