期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

工場仕事探し@東京

東京で工場の仕事をお探しですか?
東京には大きな工場が少ないので、仕事も限定されがちですね。
ネットの求人情報では、「東京都」で検索しても、「東京都で面接できるだけで勤務地は別の仕事」がヒットしてきます。
とても探しにくいですね。
東京に住んでいるから東京で探している場合と、東京に住みたいから東京で探している場合があると思います。
東京都の場合、後者の方が多いでしょうから、東京都で面接されて地方で勤務では意味がありませんよね。
東京都で住み込める工場の仕事があれば、バッチリってわけですね。
そんな工場の仕事はあるんでしょうか。
そのあたりをしっかりと見ていきましょう。

東京の工場なら「日野自動車」

東京といえば日野自動車。

もともと日野自動車は、日野市に本社工場を構えていました。

こちらは茨城県の古河工場に移転が決まっているようです。

日野自動車は、ほかに東京都羽村市に羽村工場を持っています。

都心から45分程度という立地の良さ。

青梅線と中央線で新宿まではすぐです。

これほど大きな規模で、東京都に工場を持っている企業は他にはないと思います。

横浜であれば、日産。

埼玉であれば、ホンダなどが有名ですが、東京となるとやはり日野自動車です。

日野自動車に勤務するには、二つのパターンが考えられます。

1つはUTエイム株式会社などの人材派遣会社の「無期雇用派遣」を利用する方法。

もう1つは、期間工で日野自動車に直接雇用してもらう方法です。

安定なら無期雇用派遣 稼ぐなら期間工

無期雇用派遣とは、UTエイム株式会社の正社員として派遣先の日野自動車で働くスタイルです。
正社員雇用ですので安定した収入と派遣先が提供されます。
雇用先はあくまでもUTエイムですので、UTエイムの福利厚生は利用できますが、日野自動車の福利厚生は利用できません。
また、正社員登用制度も日野自動車のものは利用できません。
あくまでも派遣社員であり、日野自動車で働いていてもUTエイムの社員となります。
期間工は、日野自動車と契約を結ぶ契約社員です。
福利厚生は日野自動車のものを利用でき、日野自動車の正社員登用制度も受けることができます。
ただし、期間工ですので期間が限定されており、日野自動車では短期ですと3ヶ月から、契約更新で最長24ヶ月まで。
その後は6ヶ月の待期期間をあけなければ再赴任できないのがデメリットです。

期間工は満了金が最大の魅力

期間工には、「満了金」という手当があります。
日野自動車にも、満了報奨金、慰労金制度というものがあり、3ヶ月の短期が満了するごとに支給されます。
支給条件は90%以上の勤務。
遅刻や欠勤が多いと、期間工最大のメリットである「満了金」を受け取ることができないので注意が必要です。
日野自動車では、満了報奨金が3ヶ月で6万円。
慰労金が4万8千円支給されるとのこと。
合計で10万8千円が3ヶ月ごとに支給されることになります。
個室寮が完備で、寮費、水道光熱費は無料。
食堂が利用でき、食事補助も出ますので、生活費はほとんどかかりません。
赴任のための旅費や帰任のための旅費も支給。
地方から出てくるにはもってこいですね。
安定した無期雇用派遣とは違い、2年で期間満了となりますが、満了金は無期雇用派遣にはありません。

東京の工場で働くなら日野自動車の期間工

日野自動車には茨城や群馬にも工場があるので、面接時に「羽村工場希望」と伝えておくのがいいようです。
自動車工場には、残業のない工場と残業の多い工場があります。
稼ぎたい人は残業の多い工場を選ぶ傾向にあり、それほど稼ぎにこだわらない人は残業のない工場を選びます。
羽村工場は、月の残業が多くて30時間。
夜勤がなく、稼ぎたい人には向かない工場であるといえます。
これは生産ラインの状態にもよるので、新車が出るなどの場合大幅に変わるかもしれません。
また、日野のトラックですので、部品も大型で作業もきついといわれていますが、羽村工場ではトヨタの普通車も製造していますので大丈夫だと思います。

まとめ

東京でできる工場の仕事についてみてきました。

東京なら日野自動車。

日野自動車に勤務する方法は2つあって、1つはUTエイムのような人材派遣会社から無期雇用派遣で派遣される方法。

もう1つは、期間工で直接雇用される方法。

無期雇用派遣は、人材会社の正社員となれるので、雇用が安定するのがメリット。

日野自動車の満了金が受け取れない、正社員登用制度が利用できないのがデメリット。

期間工は、満了金など手当が充実しているのがメリット。

2年で期間満了してしまうのがデメリット。

日野自動車は、ほかの企業と比べると、トラックという性質上、部品が大きく、重く、きつい仕事になりがち。

羽村工場はトヨタの普通車も製造しているのでおそらく大丈夫。

羽村工場は寮の評判も、工場の評判もそれほど悪くはないが、夜勤がないので稼げないデメリットもある。

こうしたことを見てきました。

いろいろ含めても、新宿から45分のところで無料で住み込みで働けることを考えれば、とてもいい条件ではないかと思います。

あとは、安定を取るか、稼ぎを取るかですね。

PAGE TOP