期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

派遣で工場勤務に対する質問あるあるをまとめてみた

工場に派遣されるときって、不安が多いですよね。質問できる場があれば、そのタイミングでしっかり質問を行って、問題なく仕事ができるようにしたいところです。意外と多くの質問が工場に出ていて、答えてほしいと思うことはありますよ。

あなたも質問に答えてほしいことはありませんか?ここでは工場に派遣される時に、質問されやすい内容についてまとめてみました。特に期間工などで仕事をする場合には、チェックしておいたほうがいいでしょう。

 

工場勤務って最高何歳まで働けるの?

 

工場勤務で仕事のできる人は、最大で60歳に設定されています。派遣の場合でも60歳が限界となっていて、それ以降は正社員だった人に限り、延長して雇用してくれるサービスがあります。派遣で仕事をするのであれば、60歳を迎えた段階で定年退職という扱いになります。

60歳以上に設定されているところも多くなりつつありますが、派遣の場合は50代の人が限界と考えたほうがいいかもしれません。これは長期的なキャリア形成を行いたいと考える工場が多いためで、意外と若い人の方を中心に取りたいと思っているからです。

 

契約更新するのが当然なの?

 

契約更新については、当然と思われているかもしれませんが、実は行われない場合もあります。

長く仕事をしてくれることを望んでいる場合は、長期的に契約を更新することとなるので、自然と契約更新が実施されていきます。これは長く仕事をしてほしいことと、人が不足していることによって起こっているので、当然と言えるかもしれません。

しかし、繁盛期だけ採用したいと思っている場合もあるので、派遣の場合は更新されない場合もあります。仕事態度などを確認して、更新するに値しないと判断されている場合には、更新されないこともあります。

 

工場勤務で便利な資格って何がある?

 

持っていると良い資格ですが、大きなものを運ぶことを考えるなら、フォークリフト免許があればいいでしょう。フォークリフトを使える人は限られているので、免許を持っているだけでもプラス材料となります。

大きなものを持っていかないところだと、工場ではフォークリフトを使わないことが多くなってしまうので、資格を持っていてもあまり活躍できないかもしれません。工場によって変わりますが、必要されているところならフォークリフト免許を持っていたほうがいいかもしれません。

持っていなくても仕事はできるので、持っていないなら無しでも問題ありません。

 

正社員登用って本当にされるの?

 

正社員登用は、ある程度の経験を積んでいる人にだけ行われます。そして、多くの場合は正社員登用試験が実施されます。この試験に合格して、本当に正社員として雇用できると判断されれば、派遣社員から正社員に登用されます。

特に期間工で仕事をしている人の場合は、登用されるケースが多くなっていますので、会社次第ではチャンスが大きいと思ってください。

 

工場勤務はやっぱりつらい?

 

確かに向上の仕事は辛いことばかりで、休憩もあまりもらえないところが多いです。立ち仕事をしているわけですから、体力も必要になってきて、最初のうちはなれない仕事で辛さばかりが見えてしまいます。

しかし慣れてくると、そこまで辛いと感じることはありません。人間関係に困らないようなら、疲れを感じることは少なくなり、仕事も難しくないと感じてきます。

 

コミュニケーションが密接な工場ってある?

 

コミュニケーションが密接な工場は、ほぼ全てだと考えていいです。全ての工場が、多くの仕事でコミュニケーションを取るようにして、問題が起きないようにしています。正しい仕事をしっかりと行うようにして、製品の問題を作らないためには、話し合いをする必要があります。

何も話をしないような工場はありません。話をすることは大事だと思ってください。

 

不器用でも工場のライン作業は勤まる?

 

不器用だったとしても、教えてもらうことによって仕事ができるようになります。自分は不器用だから何もできないと思っているのではなく、どんどん仕事を行ってみましょう。多少のミスは、上司の人がカバーしてくれますから、慣れてくるまではサポートをしてくれます。

不器用で困っている人は多くいますが、工場でしっかり仕事をしていますから、慣れている仕事を続けられるようになります。

 

工場勤務で男女に時給の差とかあるの?

 

工場の仕事では、男性の方が肉体労働でも大きなことを行っています。女性の方は、あまり難しい仕事を担当しないことが多いので、給料の差が付けられている場合もあります。特に男性の方を重要視している工場の場合は、給料に明確な差がついている場合もあります。

ただ、全ての工場が給料に差をつけているわけでもありませんから、給料が男女で同じに設定されている工場もあると考えてください。

 

長期の派遣を辞めるにはどうすれば良い?

 

長期の派遣というのは、意外と短い期間を指している場合も多いです。会社としては、1年でさえ長期の派遣として考えている場合もあります。長い期間仕事をしてくれるなら、それは長期となります。

辞める場合は、契約を更新しないのが一番理想的な方法です。更新してほしいと言われたものの、都合によりできないと話をしていれば、ここで辞めることができます。勝手に辞めることを告げるよりも、契約を更新しない方法が一番辞めやすいです。

 

まとめ

 

工場には多くの質問があって、特に派遣に関連している質問は増え続けています。代表的なものをチェックして、仕事に生かせるようにしていくことが大切になります。意外と仕事の期間が長くなることを想定して、初期の頃に必要な内容と、長期で仕事をしていく時に必要なものに分けておくといいでしょう。

期間工の方は、派遣として仕事をしていく形もあります。期間工の場合は、待遇面でも安心できて、サポートもしっかりされますので、質問で不安を抱えている内容が解消されます。期間工なら安心感も高いです。





 

PAGE TOP