期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

派遣で工場の仕事をお探しですか?損しない方法はこれ!

工場の仕事といえば、派遣社員で派遣される求人がたくさんありますね。
こうした派遣の工場勤務と、派遣以外の工場勤務では何が違うのでしょうか。
また、工場勤務といっても種類はさまざま。
応募から工場勤務までの流れは?
さらに作業内容はどうなっているのでしょうか。
工場勤務の仕事の流れは?
こうした工場勤務のいろいろな疑問について、今回は派遣をメインにしながら、派遣以外の雇用形態にも触れていきたいと思います。
意外と知らない派遣形態の種類。
実は派遣より条件のいい雇用形態がある?
応募から実際の工場勤務の流れは?
こうしたことを徹底的に見ていきましょう!
工場勤務の流れをしっかりと把握し、あなたにぴったりの工場求人を見つけてください!

派遣社員の種類、ご存知でした?

派遣社員には大きく分けて3つの種類があるのをご存知でしょうか。
その1つが最も一般的な「登録型派遣」です。
これは、派遣会社に自分の情報を登録し、希望に合った仕事が見つかったときに派遣会社と契約し派遣先企業で仕事を開始するタイプです。
お給料は時給制で、福利厚生や社会保険の加入状況は企業によって違います。
比較的、自分の希望で仕事ができるのがメリット。
ただし、派遣先での仕事が終了すれば失業することになるデメリットがあります。
2つ目が「紹介予定派遣」です。
こちらは、登録型派遣と同じように派遣先で仕事をしますが、一定の期間を働き、自分も派遣先企業も納得すれば、派遣先企業に引き続き雇用してもらえるというタイプ。
仕事をする側は、そこで働き続けたいかを派遣期間中に見極められますし、企業側も、必要な人材かを見ることができます。
3つ目が、「無期雇用派遣」です。
こちらは、派遣会社の正社員になり、派遣会社の正社員として派遣先企業で働くスタイルです。
派遣先の仕事が終了しても失業することがなく、安定した給料と仕事がもらえます。

工場で働くなら派遣よりこっち!

派遣には3つの働き方があることがわかりました。
ただ、工場で働くとなると、派遣社員よりずっとお得な雇用形態があります。
普通、派遣ではなく企業に直接雇用してもらう場合、アルバイトやパート、契約社員、正社員などがあります。
もちろん、週5日以上しっかりと働けますという場合、正社員で仕事を探すのが一番でしょう。
それでも、週に5日は入れないとか、丸1日入れないとかになると、アルバイトやパートを探すことになりますね。
正社員をお探しでも、なかなか資格や経験が必要なことも多く、簡単ではないのが現状ではないでしょうか。
そこで、おすすめなのが「期間工」です。
期間工は、期間を3ヶ月から35ヶ月に限定した契約社員になります。

応募資格は18歳以上のみ。

未経験でも、無資格でも大丈夫。

派遣とは違い大手企業と直接雇用契約を結ぶことで、さまざまなメリットがあるんです。

応募から作業の流れまで

期間工でも、派遣でも、工場勤務の場合は製造系求人の専門サイトでの応募がお得です。
各サイトでは、特典やキャンペーンがあり、入社祝金などがすごい金額でもらえたりします。
期間工に特化したサイトもあれば、無期雇用派遣専用のサイトも。
こうしたサイトでは、カウンセリングが受けられて、自分がどういうスタイルの雇用形態に向いているのか、どういう企業が向いているのかなどの相談にも乗ってくれます。
面接で失敗しないように指導や勉強会に無料で参加することもできます。

履歴書の書き方なども丁寧に指導してくれます。

採用されると、遠方であれば入寮して寮生活。
仕事はライン作業と呼ばれる「流れ作業」につくか、「流れ作業」ではないオフラインでの仕事もあります。

期間工のすごい手当! 派遣社員と同じ仕事でこんなに違う?!

このように、応募から入寮、仕事の内容まで、期間工と派遣社員には全く差がありません。
月収例も、30万円程度でこちらもそれほど差はありません。
強いていうなら、期間工の場合、ほとんどが無料の個室寮完備。
水道光熱費も無料となります。
派遣の場合、寮費が必要であったり、水道光熱費も有料であることが多いです。
また、仕事の内容にも差がないにもかかわらず、手当、待遇には大きな差があります。
それは「正社員登用制度」と「満了金」です。
正社員登用制度とは、勤務先企業の正社員として登用してもらえる制度です。
これは、期間工は適用されますが、派遣社員は直接雇用ではないので適用されません。
また、期間満了ごとに支給される「満了金」についても、期間工は満額支給されますが、派遣社員の場合、額が少ないか、ほとんどは支給されません。
この満了金は、契約期間35ヶ月で300万円にもなる企業もあるのです。
同じ仕事で35ヶ月で300万円も差がつくなんて、考えられませんよね。

まとめ

工場勤務の派遣社員とその他の雇用形態について、応募から作業内容まで簡単に見てきました。
派遣社員には、「登録型派遣」「紹介予定派遣」「無期雇用派遣」の種類があること。
未経験OK、無資格でも大丈夫な期間工があること。
応募は製造業の求人専門サイトがいいこと。
期間工は手当がすごいこと。
やはり、満了金のことを考えると、期間工は断然お得です。
ただし、期間満了すれば失業するのも事実。
無期雇用派遣なら、失業はありません。
どちらを取るかは自分次第。
じょうずに選んで無理のない工場生活を楽しんでくださいね。

PAGE TOP