期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

騒音だけじゃなかった難聴の原因!これで完璧、工場勤務の難聴防止術!

工場には、たくさんの製造用機械があり、あちらでもこちらでも、ものすごい音を立てて動いています。
こうした環境の中で、1日8時間以上も作業していたら、確かに耳はおかしくなるでしょう。
難聴とまではいかなくても、しばらくは水中にいるようなくぐもった聞こえ方をするかもしれません。
実際に、工場勤務で難聴を起こしたという方もいらっしゃいます。
工場の騒音対策には、耳栓が有効ですが、ほかにも難聴に対してできることはないのでしょうか。
今回は、工場勤務での難聴を防止するためにできるさまざまな方法を考えていきましょう。
そのポイントは、「難聴の原因は騒音だけなのか?」という視点です。
普通に考えれば、難聴の原因は工場機械の騒音でしょう。
では、耳栓をしていても発症される方がわずかでもいるのはなぜでしょうか。
こうした視点をもとに、難聴予防の対策を探していきます!

工場の仕事をしたいけど難聴が心配?

これから工場のお仕事をお探しの方のなかには、「難聴が心配」「もともと耳鳴りなどがあり、突発性難聴が怖い」といった方もたくさんいらっしゃると思います。
工場の騒音は、工場や部署によっては想像を絶する場合があり、騒音が原因で退職する人もいます。
工場の仕事を探していると、工場勤務についての難聴被害の記事に目が留まることもあります。
そのたびに、「自分はだいじょうぶだろうか」という不安に襲われているのではないでしょうか。
工場の仕事をしたいけど、難聴が怖くてもう一歩踏み出せないといったところかもしれません。
もともと耳の悪い人や、普段から耳鳴りを抱えていればなおさらのことですね。
実際に、工場勤務だと難聴になりやすいのでしょうか。

工場勤務だと難聴になりやすい?!

騒音性難聴という病気があります。
これは、ヘッドフォンで大きな音を聞き続けるとか、ライブハウスで大きな音を聞き続けるなど、「大きな音を聞き続ける」ことによって発症する難聴です。
これには、科学的にどれくらいの音で何分聞くと症状が発症する可能性があるということがはっきりとわかっています。
たとえば、ステレオの音を最大で鳴らすと105dBという音圧になりますが、この音圧だと4分でなんらかの難聴の症状が出てくる可能性があるというのです。
これによると工場の騒音であれば、100~110dBと考えられ、30秒から15分程度しか持たないのです。
8時間の勤務時間を乗り越えようと思えば、「街頭の騒音」程度、85dBまで落とす必要があります。
そのため、工場勤務では、「耳栓は必ずつける必要がある」といっていいでしょう。

あなたは大丈夫?! 難聴の予兆!

これとは違う考え方もあります。
漢方薬の考え方では、「難聴」の原因は、イライラや怒りのストレス、不安や心配のストレス、睡眠不足や過労などの極度の疲労、消化吸収の衰えなどが挙げられています。
こうしたストレスや疲労、おなかの弱りがベースとしてあったうえで、騒音のなかに身おくことがきっかけとなって発症すると考えます。
イメージとしては、イライラがピークに達したところで難聴が起こる感じです。
こうした考えによると、普段からイライラしがちであるとか、不安で不安でしょうがないとか、疲れ切っているとか、食欲がないとか、こうした予兆がある場合は、注意が必要であるということです。
たとえば、難聴にならなかったとしても、こうした予兆が出ていては快適に仕事をすることはできません。
とくに高い音の耳鳴りが頻回起こるようなら、生活習慣を先に改めることが大切です。

現代医学でも、突発性難聴は「耳の脳梗塞」ともいわれ、食べ過ぎや食生活とも関連しているといわれています。

こうして乗り切れ! 工場勤務の難聴予防術!  

まず、身体が疲労しているとイライラなどのストレスを感じやすくなりますから、睡眠時間をしっかりととってよく眠ること。
ただし、こうした症状の人は「眠れない」人も多いのが特徴。
こうした人は、短く吸って長く吐くなどの深呼吸をして、眠れなくても体を休めることがまず必要です。
自律神経は、緊張を表す交感神経が「吸う」動作、弛緩を表す副交感神経が「吐く」動作を行っているため、意図的に長く吐くことで、副交感神経が優位になり、徐々に身体をリラックスさせてくれます。
眠れなくても、布団の中で目を閉じて、余計な心配事などは考えずに呼吸に集中してリラックスすることが大切です。
疲労が回復してくると、イライラや不安は少しマシになってきます。
食べ過ぎや間食に注意して生活リズムを整えましょう。

まとめ

工場勤務の難聴についてみてきました。

工場勤務の難聴防止には、「耳栓」は絶対必要だということ。

イライラ、心配、極度の疲労、消化吸収の弱りがベースの原因になるということ。

まず、睡眠が大切。

しっかりと睡眠時間を確保してよく眠ることが一番。

眠れない人でも、布団の中で深呼吸をし、眠れなくても身体を休めることが必要。

食事についても、食べ過ぎ、間食はやめ、消化吸収の働きを弱めないように気を使うこと。

こうした身体全体のケアが、工場勤務における難聴の予防につながるのです。

PAGE TOP