期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

工場の交代勤務!3交代制もあるってほんと?

工場の交代勤務ってどんな就業時間?

工場はそのほとんどが24時間体制で生産ラインを稼働しています。そのため、工場勤務は交代勤務体制になっていますが、その中でも会社によって2交代、3交代制とシフトが様々です。

大手自動車メーカーを調べてみると、現在はほとんどが基本的には2交代制になっています。例を挙げると、トヨタ自動車では、早番06:25~15:05、遅番16:00~00:40とされていますが、工場によっては3交代制とっているところもありました。

日産自動車では、早番8:00~17:00 遅番 20:00~05:00となっていますが、こちらも工場によって勤務体制が様々で、時期によって体制を変えているところもありました。

 

では3交代制ってどうなの?

3交代制の勤務は、それまで経験したことがない人にとっては、戸惑いがありますね。イメージとしてはきついんじゃないかと考える人が多いのではないでしょうか?
3交代制は、シフト勤務とも呼ばれますが、Aシフト、Bシフト、Cシフトという呼び方をされます。たとえば、シフトA 8:30~17:30、シフトB 17:00~02:00、シフトC 01~9:00という形で回していきます。このダブっている時間には引き継ぎ業務が行われたりします。

3交代制の勤務はこのように時間がバラバラですので、その都度その時間に対応して生活を変えなければなりません。そのため、体のリズムを整えることに時間がかかります。睡眠時間もですが、食事をする時間もバラバラになりますので、最初のうちは食欲が落ちたり、睡眠をちゃんととれないなどのトラブルがあり、体調をしてしまう人もいます。

 

では3交代制のメリットはどこにあるの?

いいえ、期間工をいろいろなところで体験している人によると、3交代の方を選ぶという人も多くいます。彼らによると、3交代の場合は残業が少ないと言います。24時間、いつでも担当の期間工が従事している状態なので、よっぽどのことがない限り、残業はありません。ただたまに次の引継ぎの

また、それ以上に3交代制のメリットは、とにかく稼げるということです。深夜勤の回数が増えるので、必然的に深夜手当が増えるのは当然なのですが、3交代制の場合は2交代の時と同じ時間帯でも、時給そのものが高く設定されるのです。それに加えて、22:00~05:00までの時間帯は23%増しと法律で決められているので、さらに高額となります。

実際に3交代制で1か月に24日働き、シフトAが8日、シフトB,Cで16日勤務すると、月収は21万ほどとなり、残業なしでこの金額はかなり魅力な金額です。そして、これにさらに残業代が加わるとなると、30万を手にすることもできそうです。

 

結局2交代制と3交代制とどっちがいいの?

工場勤務をする人にとって、交代制の勤務時間は大きなポイントですが、正直、どちらが良いとは一概に言えません。体力があり、とにかくお金を稼ぎたい人にとっては、絶対的に3交代制がお勧めでしょう。

しかし、体のリズムが崩れやすいことと自分のプライベートの時間の予定が立てにくいのが困るという人には2交代が良いのかもしれません。2交代制の場合は、休みが多くなることが大きなメリットと言えるかもしれません。

2交代制は基本的に一日に残業を含め、12時間労働となることが多く、そのため食事休憩のほかに、2時間ごとに小休憩が入ります。
3交代制は基本的には8時間労働の後の残業はほぼありません。しかし、勤務日数は多くなります。

どちらが良いかはその人の体力や働き方の好みになりますが、体が慣れてしまえばどちらでも同じだという人も多いですね。また、その工場の仕事内容にもよります。それほどきつい作業でなければ、一日に長時間労働し、休みをたくさんもらえる方が良いのかもしれませんし、体力的にきつい仕事であれば、残業のない3交代が良いのかもしれません。

いずれにしても、会社の募集項目を確認し、また面接の時にもどんな勤務体系になるのかを担当者にしっかりと聞いておくと良いでしょう。

PAGE TOP