期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

工場の仕事を辞めたい!その原因と対策をやさしく解説

工場の仕事の実情

工場勤務には様々な業種があります。自動車業界の工場や印刷工場、精密機器の工場、食品加工工場などです。
今、一番業績を上げているのは自動車工場でしょう。そのため、自動車工場では常に求人募集を行っています。自動車工場では、期間工の募集が良く見かけられますね。期間工は一定の契約期間だけ就業する契約社員ですが、彼らの存在が重要となっています。

自動車メーカーや自動車部品の工場は、人材不足が常態化しており、求人募集も常に行われている状況です。期間工は最長で2年11ヶ月まで勤務を継続することができます。しかし、その仕事内容は体力的にもきついと言われており、わずかな期間で辞めてしまう人もいると聞きます。

また、印刷工場、食品工場なども肉体的に仕事がきついという評価が多く、やはり離職者が多い職種だとされています。それぞれの工場が抱える問題とはどんなものがあるのでしょうか?そして、それを改善する方法はあるのでしょうか?いろいろな工場の立場から考えていきたいですね。

 

自動車工場の過酷な現場

自動車工場の作業場はエアコンを設置しているところがほとんどなく、特に夏は過酷な現場だと言います。ただでさえ、溶接やプレスを扱う部署では、高温の機械を使用したり、防護服を着用して作業をしなければならない状況なので、暑さとの戦いとなります。作業員はそのために一ヶ月で数キロも体重が減ることもあるそうです。

また、重い重機を扱うこともあり、肉体的な疲労がたまります。自動車工場は2時間ごとに休憩時間がありますが、残業が多いと12時間労働になることもあり、体力に自信がある人でもきつい仕事だと言われています。さらに夜勤が加わっての交替勤務となるので、体のリズムを崩しやすく、精神的にもきつい仕事と言えそうです。

自動車工場の期間工の場合、単身で地方から赴任してきての寮生活となります。初めての工場勤務と寮生活で、緊張や不安を訴える人もいます。多くの人は一週間ほどで仕事にも慣れてきますが、たまに数日で辞めてしまう人もいるのです。

 

その他の工場の不評な理由

食品工場は女性には比較的人気が高い工場です。食品を扱うことで女性にとっては抵抗のない職種ですし、むしろ興味深い仕事内容でもありますね。しかし、実際に勤務してみると、食品を扱っているため、作業場は20度以下のひんやりとした低温となっており、特にそこから冷凍、冷蔵と商品を運搬するため、常に寒い中での作業となります。

体が冷え切ることで体調を崩す人も多く、その対策が各社によって検討されているところです。また、職種柄、衛生管理が厳しく、月に一度の検便の提出があったり、身だしなみや手や指の洗浄などはかなり厳しいとされています。

繁忙期は残業が多くなり、仕事量も一気に増えます。年末年始やお盆前などはなかなか帰れないような状況が続くので、家族から反対の声が出ることもあると言います。一方で閑散期になると残業がないだけでなく、時間の短縮を頼まれるアルバイトやパートもいるようです。

 

工場の仕事を辞めたいと思ったら

工場の仕事は主にラインにそっての仕事が多くなります。その中で、次々と流れてくる製品に加工を加えることは慣れないとなかなかうまくいかず、作業スピードについていけないことで自信を失う人も多いですね。また、自動車工場などでの激務では肉体的に続けることが困難だと判断する人もいるようです。

けれど、工場に勤務をしているベテランの人々に聞くと、誰でも最初は不安も多く、また作業スピードも自分でコントロールできずに悩んでいた人がほとんどなのだそうです。それでも長く続いているのは、継続仕様とする気持ちと、いろいろなことを相談できる上司や友人を作ったからだと言います。

工場勤務は、そのほとんどが単純作業を繰り返す仕事となりますので、繰り返し作業することで、必ず仕事には慣れていくものです。また、長く務めている人は作業のコツを会得しています。そのコツをいかに自分もつかめるかが勝負となってくるのです。辞めたいと思ったら、まずはもう一度作業をふりかえり、自分と先輩とどこが違うのかを考えてみましょう。そして、相談してみましょう。1か月勤めてみれば、きっとあなたも自信がついて、辞めたいと思った頃を懐かしく思い出すことができるはずです。

PAGE TOP