期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

工場勤務の1日を徹底調査してみた

少し給与が高めのお仕事を探していると工場勤務の仕事が、よく見につくと思います。

でも、工場勤務経験がない方や、事務的な仕事経験しかない方にとっては仕事の質や量が気になったり、不安材料だったりしますよね?

そこで、おおよその工場勤務の一日の流れを調査してみました。

実際に工場勤務されている方の証言を素にまとまてみましたので、参考にしてくださいね。

工場勤務の1日の流れ

工場勤務の1日の流れは、ラジオ体操などの準備運動から始まることが多いようです。合わせて、安全確認のスローガン的なモノを全員で唱和するなどを行います。基本動く作業が多いので、体を目覚めさせる目的と安全確認を促す作業から1日が始まります。

このあと、グループや班に分かれて朝礼や引継ぎなどが行われて業務が始まります。

業務初めは、機械の立ち上げや部材の準備などから入って行きます。単調でダラダラしているように感じることもありますが、流れ作業で行う事が多い工場勤務では準備作業をきちんと行わないとその後の作業に大きく影響が出るので、多くの企業では始業直後の準備をとても重んじています。その後、ようやくいつもの流れになる感じです。

午前の作業が終わると、一斉にお昼休憩に入ります。食堂や休憩室など一度に大勢の人が休めるスペースが十分に確保されているので、ゆったりと昼休憩を過ごせます。

午後からの作業は、流れに従って淡々を行われます。就業間際になってくると、遅番勤務への引継ぎ業務や片づけ作業が同時に始まるので、わちゃわちゃして来て、『あ~今日も1日終わったな・・』と、大体の時間を肌で感じ取れます。

休憩時間の過ごし方|皆はこうして過ごしている

休憩時間の過ごし方は、どうでしょう?

わりと労働者の年齢層が幅広いので、十人十色です。ササッとご飯を済ませて、昼寝をしている方もいらっしゃいますし、カードゲームをしたりするグループあったり、まったり読書している方も多いです。敷地の広いところが多いので、昼休憩にキャッチボールやバドミントンなどの軽い運動をされる方も多いです。グラウンドが併設されている工場も少なくないのでサッカーや野球などができる企業もよく見かけます。  近年では、ランニングをしている方なども

よくお見かけします。

それぞれ、思い思いの方法で休憩時間を過ごすことができます。一般的な職種よりも、工場勤務の休憩時間の方が、自由度が高いとよく言われています。

先述のように屋外で休憩時間を過ごされる方も多い為、食事がすんだ後の時間は比較的食堂などの屋内が空いているので静かに過ごしたい方にも有意義な時間が過ごせると思います。

休日の過ごし方|しっかり休みは取れる?

これまでの内容で、工場勤務の1日の流れと休憩時間の事が分かって頂けましたか?そうなると、休日の事も気になって来ますよね?

仕事の雰囲気や休憩時間が割と自由な事を知り、工場勤務に興味が湧いては来たけれど・・休みがしっかりとれなかったらキツイよな~・・・と思う頃ですよね。(笑)

そこは、太鼓判を押して言いたいです!

休みはしっかり取れます!!たぶん、オフィスワークなんかよりも安定して、しっかりと休みは保証されていると思います。

そこには、工場という環境ならではの特別な要因があるからなんです。工場って、皆さんもご存知の通りモノを作るところですよね。モノを作る生産の現場では、生産計画というものが必ずあります。その生産計画は、材料の仕入れや納期と言った絶対に外せない時期を守る為に、とても厳密に管理されています。年間計画どころか、数年単位で厳密に計画されている事も少なくありません。なので、計画通りに生産を間に合わせる為に人員も労働時間も厳密に定まっているので、休みも計画的に取得されているのでしっかり休みがあります。

まとめ

いかがでしたでしたか?

工場勤務って、とてもルール整備が行き届いいる働きやすい環境だという事がお分かり頂けたのではないでしょうか。

ここまで、工場勤務が厳格なルールに守られているのには生産業界の過去の歴史があるからです。もともと高度成長期に働けば働くだけ利益になり、市場からの生産要求も膨らみ続ける時代に、闇雲に労働者を働かせていた時代があるんですよね・・・。その為、現在でも工場や生産現場に対する誤解や偏見が不安となって残っているのかもしれません。

今は昔の事ですから、工場勤務の現状を正しく理解して稼げる環境の幅を広げていきましょう!コツコツタイプや、黙々タイプの方には特に働きやすい環境ですので、工場勤務を考えたことがる方は、改めて求人を探して見るのも良いのではないでしょうか?

PAGE TOP