期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

工場の仕事が激務じゃないのか心配?そんなことはありませんよ!

工場勤務と聞くだけで、イコール激務と位置付けられてしまう傾向があるようですが、誤解です。

確かに肉体労働ではありますが、激務ではありません。休憩時間も休日もしっかり取れる仕組みが整った仕事環境が提供されています。IT業界のような、鬼残業もありません。むしろ、クリーンな勤務状態が管理されています。

肉体労働と言っても、力自慢の大男じゃないと務まらないような仕事ではありませんし、むしろ手作業が多いです。年配や女性の活躍も目立つ軽作業が殆どです。

さて、これでも激務を心配しますか?

一般的な工場勤務の仕事内容とは?

一般的な工場勤務の仕事内容は、先述でも述べましたが、手作業が多いです。力仕事ではありません。もちろん一部力作業の部門もありますが、そういうところは明確に「力作業」を謳って募集していますので、行ってみたら力作業の仕事だった・・・なんて心配はありません。

細かな部品を扱ったり、組み立てたりの作業が主流なので「手先は器用ですか?」なんて質問が飛び交うような作業です。だからと言って、特別器用である必要もありません。毎日が同じ作業の繰り返しなのでできない方は、ほとんどいませんから安心して下さい。

それに、細かいモノの扱いが苦手でも、軽くて大き目の部品の組み立てさぎょうなんかもあるので心配ないです。

自動車関係では、座席のシートカバーを作る工場なども多くあるので、特殊技能を獲得したい方には狙い目だったりします。職業ミシンが使いこなせると年齢を重ねた後も続けていけるので年配の女性にもとても人気があります。

残業もほぼなし、休みもしっかりとれる期間工を選択すべし!

さて、工場勤務が激務ではなく実は、女性や年配の方にも人気の職種だとお伝えしてまいりました。工場勤務への偏見が取れたところで、おすすめの就業形態をご紹介します。

それが、『期間工』と言う就業形態です。具体的には契約社員という位置づけになります。大手自動車メーカーでよくある雇用形態です。期間工は、大手企業の直接雇用なので給与や待遇がとても良いです。そして、抜群に素晴らしいことは、残業がほぼなく、休みがしっかり取れ易いことです。アフターファイブの予定も立てやすく、自分磨きのために習い事に通ったりできます。

なぜここまで、休日がしっかり取れるかと言うと期間工が従事する仕事が生産業である為、生産計画にも続いて人材確保や作業工程の時間調整などが、計画的に組まれている為です。

年間計画で緻密に計画された工程を日々行うので、突発的な残業がなく、休日がしっかりととれるのです。残業が無い理由も、休日がしっかり取れる理由も裏打ちされた情報なので、安心して信じられまるよね。

期間工人気メーカーランキングー楽さ編ー

期間工の募集がされている人気のメーカーをランキングにしてみました。

1位 トヨタ自動車

2位 スバル自動車

3位 ホンダ自動車

4位 日野自動車

5位 マツダ自動車

楽しいと語る理由の第一位は『貯金の額が見る見る間に上がる』でした。期間工は、企業が提供する光熱費込の無料の寮に住むことができるので生活にお金がかかりません。引っ越しの為の費用も出るし、家具もすべて備え付けだし、お金が出て行く要素がないのでお金が貯まる一方なんですね。

そして、寮完備という事で日本全国各地から人が集まってくるので、個性豊かな人々と仲間に慣れることが第二位でした。毎日が県民SHOW的な楽しさがあるようです。(笑)

それ以外の理由では、期間工として2期目を迎えた方々からのご意見で、「仕事へ対する姿勢が評価されて昇給した」とか「グループリーダーに昇格した」などの適正な評価を受けたことに対する楽しさを語ったものも多く見受けられました。

やはり、期間工は企業の直接雇用なので企業側も期間工に留まらず、正社員になってもらえる方も探しているので、きちんと仕事にたいする評価が帰って来るようです。働く人間として一番嬉しい事なのではないでしょうか?

まとめ

工場勤務は、とても待遇が良くクリーンな労働環境だという事が分かりました。更に期間工という働き方を選択すれば、給与以外の手当金が沢山あるし光熱費込の寮に住むこともできるので貯金が貯まり放題でウハウハという事が分かりました。更に期間工からは社員も目指していけるので、将来を見据えたトライアル期間として無駄なく働けるので素晴らしいとおもいました。

知られていなかったり、誤解されていたりするだけで実は、とても安心で安全な働き方を見つけられました。

今、ワークライフバランスが取りにくい時代ですが、残業に振り回されずに休日もしっかり確保できる働き方はまだまだあります。自分の生活を犠牲にしないで楽しく生きて行くためには、働き方を見つめ直してみることも大事なのではないでしょうか?

PAGE TOP