期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

【諦めないで】50代からの工場勤務 自動車メーカーや食品で働ける?

50歳代になると、急激に働き口が減ります。

アルバイトやパートの求人があったとしても、なかなか採用を得ることが難しくなり、仕事ができなくて困っている人も多いのではないでしょうか?

人材不足と言われている工場では、そんな50代の採用を見直しています。

男性も女性も多くの人々が就職を希望しており、人材不足の工場との利害関係が一致したという状況ですね。

工場勤務は、常に人材不足が続いており、各工場も需要に対して生産が追ついていないという現状です。

人材不足さえ改善できれば、もっともっと生産量が増え、利益の増大も図れるのに、と残念に思っている工場関係者も多いと聞きます。

そんな工場にとってみれば、50代であってもまだまだ仕事して欲しい年代と言えるのです。

しかし、工場勤務は若い人でも肉体的にきついと言われています。

そんな中で50代の人々に工場勤務が勤まるのでしょうか?

また、工場側は本当に50代の方たちを戦力として迎えているのでしょうか?

そして、若い世代の人々が工場勤務の求人に集まらない原因はどこにあるのでしょうか?様々な職種の様々な工場がある中、その実情を調べてみました。

 

食品工場の作業内容を見てみる

食品工場は女性が多い職場ですが、50代以上の工場勤務者が多く、若い世代はほとんどいません。

年長の人たちは60代の工場勤務者が多いですね。

食品工場は、体を使う重労働は少なく、計量や簡単な盛り付け、原材料の加工などが主な仕事なので、年齢が高くなっても続けやすいというメリットがあります。経験がなくても心配する必要がない仕事量、作業となっています。

また、食品工場の場合は、朝から夕方までの日勤のみの仕事も多く、主婦を始めとした女性に人気の職業なのでしょう。

食品工場では夜間の勤務はないのかというと、そうではありません。

多くの工場はその設備や時間を有効に活かすために、夜間の稼働もしています。

ただし、夜勤専門の人を雇用して工場を操業しているところが多いようです。

夜勤の仕事は女性もいますが、男性が多く原料を仕分けしたり、味つけ作業など、日勤の仕事の下準備となる仕事が多いとされています。

また、冷凍作業や冷蔵作業など食品保管の管理作業や日中で出来上がった製品を全国に配送するための仕分け作業や梱包作業も行われているようです。

このように、食品工場だけでも様々な仕事や作業があるのですね。夜勤の仕事では50代の男性も多く勤務しています。

通常の警備の仕事などに比べると、仕事内容は楽だと言われています。

 

期間工としての50代の工場勤務者

工場には期間限定で働く期間工と呼ばれる人たちがいます。

自動車工場などでの募集が多いのですが、期間工は夜勤も含むところが多いため、ほとんどが寮での生活となります。

単身で寮生活をする中に、50代の人もいるのでしょうか?

様々な理由で、単身者となっている50代の人にとっては、光熱費を含んだ寮費無料の寮はとてもありがたい存在でしょう。

そのため、期間工の募集に応募してくる50代の人々も多いと聞きます。

しかし、実際には自動車工場において、50代で働いている人はかなり少ないと言えます。

それはやはり体力的に厳しいことと、会社側が50代の人はなかなか採用しないというのが理由です。

自動車工場では、夜勤と日勤の2交替制が多く、繁忙期などは12時間勤務も珍しくありません。

作業自体のきつさもありますが、勤務時間が長いことで体力的にかなり負担な点も理由に挙げられます。

ただ、同じ自動車工場でもボディを扱わない部品工場であれば、かなり肉体的な疲労は減少され、また勤務条件も残業のない会社もあるので、中高年の人々も働いています。

若い頃から期間工の仕事を続けてきた50代の人などは、フォークリフトなどの資格も取得しているので、そのような技術的な作業で活躍している人も多いです。

 

50代でも工場勤務は諦める必要はない

昨今では60歳の定年制を撤廃する会社も増えているような状況です。

それだけ世の中は高齢化が進み、それに対して社会も様々な働き方を考えるようになってきました。

昔は立ちっぱなしが当たり前だった工場勤務も、椅子に座ってのライン作業をする会社も出てきているくらいです。

また、中高年の人々も体が元気になってきていて、働くことが生きがいになっている人もいます。

今後の工場勤務もオートメーション化が進むことで、中高年でも十分に勤務が可能な工場が増えていくことでしょう。

 

PAGE TOP