期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

工場で残業100時間なんてあるのか?昨今の期間工の工場事情について解説

残業時間が増えていく理由とは?

世の中では様々な仕事があります。

良く問題とされているのが、労働基準法を違反した残業時間による過労死や自殺の事例ですね。

過労死や自殺するほどまでに残業をするのは何故なのでしょうか?

そこには、人それぞれの事情や会社の体制の問題があります。

一体、どんな状況でそんな問題が起きているのでしょうか?

会社の業務そのものに人材が不足していて、作業遅れが生じたり業績悪化につながっている場合、会社に残業を頼まれることがあります。

上司の信頼を裏切りたくない思いがあったり、会社に自分が貢献したいという思いが残業を引き受けてしまう原因だという人もいます。

また、残業代を稼ぎたいために自ら残業を申し出るという人もいますね。

しかし、そんな理由で毎日残業を繰り返してると、知らぬ間に残業時間がどんどん積もり積もっていきます。

そして、その結果、1か月の残業時間が100時間を超えてしまった、などという場合があります。

この1か月100時間の残業に大きな問題があることを知っていますか?

 

残業時間に制限はあるの?

では、残業時間が1か月に100時間を超えることは法律的に違法になるのでしょうか?

答えはNOです。

1か月に100時間を超える残業があったとしても、合法なのです。

ただし、そこにはある条件が必要となります。

労働基準法36条の協定を労働者と会社が結んでいればという条件です。

いわゆる「36協定」と言われるものですね。

この協定は残業や休日出勤に関して、決められた報酬を払っていれば、労働時間を延長しても違法ではないとされています。

また、特別条項を利用すれば、1か月100時間を超える残業であっても違法性は問われないのです。

しかし、ここで冷静に考えてみると、会社側も1か月に100時間以上の残業をさせる場合、膨大な残業代が発生することになります。

特別条項では残業代の割り増しが義務付けられているからです。

100時間の残業を多くの社員にさせたら、かなりの人件費が発生することになるのです。

そこで、昨今では残業させないための働き方へと変わってきています。

 

例えば期間工の場合

期間工はもともと時給が高く設定されています。

その期間工に残業をさせるとなると、かなりの給料を支払わなければなりません。

いくら大手の会社だと言っても、何百人という期間工に残業代を払い続けたら、業績が上がっても利益が出にくいということになります。

そこで、工場でも残業の削減の方向が進められています。

とにかくお金を稼ぎたい期間工にとっては、残業代がなくなることは大きな損失ではあります。

しかし、体のことを考えれば、1か月100時間以上の残業はかなり過酷です。

しかも、夜勤の多い期間工にとっては、過労死や精神的な病になりかねない常陽な問題です。

健康を害してしまって、長い入院生活を送るよりは、健全な働き方をして長く仕事を続けられる方が良いに決まっていますよね。

また、不思議なことに残業をセーブするようになった会社ほど業績が伸びたりしている現実もあります。

これは、残業を減らすために一人一人の業務に対する生産性アップを図り、より効率的な仕事のやり方を学習していったからだと思われます。

残業しなくても、同じだけの業績を上げることができるのであれば、それは会社にとっても、期間工にとっても絶対に良いことですね。

 

それでもまだまだブラックに近い会社もある

そうはいってもまだまだ会社として問題があるところも多く存在しています。

世の中から過労死やうつからの自殺が増えているのがその証拠でしょう。

大手企業ではコンプライアンスが定着してきましたが、まだまだ社員のことを考えない会社も確かにあるのです。

残業時間をサービス残業として、正しい勤務時間を計上していなかったり、決められた残業手当を支払わない会社もあります。

少しでもおかしいなと会社に疑問を感じたら、あらゆる情報を集めて信頼できる人に相談するか、労働基準局に問い合わせてみましょう。

自分の体は自分で守り、働いてもらうべき報酬はきちんともらうために、様々なアンテナを張っておくことは大切です。

PAGE TOP