期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

期間工の年末調整、確定申告を図を用いてわかりやすくまとめてみた

今回は、期間工と税金の話題です。ちょっと難しそうに聞こえるかもしれませんが、しっかり理解しておかないと、後々税金未納で大変な事になったりする可能性もあります。

 

期間工の場合はどうやって税金を納めるのか? 一般的なサラリーマンの場合、会社がやってくれる「年末調整」は、期間工でも行う必要があるのか?さらには確定申告が必要なケースは?などなど。

期間工と税金にまつわる様々な情報をお届けしたいと思います。

 

年末調整、確定申告って何?

なんらかの形で収入を得ている場合、所得税や住民税などの税金の支払いが必要になる事は、みなさんご存知の通りです。

 

それら税金にまつわるワードとしては「年末調整」とか「確定申告」などという言葉がありますが、そもそも「年末調整」とか「確定申告」とは、どういう意味があるのか?ここで解説したいと思います。各々の意味について、以下の通り図解で解説していますので、参考になさってください。

 

下の図は、年末調整の流れになります。図の中のコメントでおおまかな流れを解説していますが、一般的な企業では年末の12月までに年末調整を終わらせているようです。

 

【年末調整の流れ】

 

次は確定申告の流れです。確定申告が必要なのは、個人事業主はもちろん、以下にも記載している通り、副業などで年間20万円以上の収入がある人や、年収が2,000万円以上の給与所得者です。尚、株の売買で利益を得ている場合などは、ほとんどのケースでは証券会社が源泉徴収をしてくれていて、利益の中から所得税を差し引いて、先に国に税金を納めてくれているので、特に自分で手続きする必要はありません。ちなみに、確定申告は毎年2月16日〜3月15日の間で手続きする必要があります。

 

確定申告、年末調整しないとどうなる?

尚、もし年末調整を忘れた場合や、会社が年末調整をしてくれない場合などは、自分で確定申告をして、払いすぎた税金を取り戻すなどの処理が必要になってきます。特に年末に会社を退職した場合で、前の会社が年末調整をしてくれないケースなどは特に注意が必要です。この場合は自分で確定申告をするケースも出てきます。

 

また、副業をしている場合などで、年間20万円以上の収入を得ている場合、本来なら確定申告をしないといけませんが、それを忘れていたり、故意に確定申告をせずに、税金を納めなかった場合などは、延滞税などを請求されるケースがありますので、充分注意しましょう。さらに、年間20万円以下の場合でも、住民税などはかかってくる場合がありますので、詳しくはお住まいの市町村の役場に確認される事をおすすめします。

 

確定申告、年末調整をする必要がある期間工のケース

では、期間工をしている場合などは、年末調整をする必要があるのでしょうか?

 

期間工をはじめ、基本的にどこかの会社に雇用されて働く人の場合は、基本的に自分で確定申告をする必要はありません。必要書類を提出すれば、会社が年末調整を行ってくれて、税金の処理はそこで終わります。(一部の工場では年末調整をしてくれないなどの口コミがあるようですが、詳しくは期間工として勤務している会社の総務部などに、確認してみる事をおすすめします。)したがって、会社から年末調整の書類を提出するように求められた場合は、速やかに応じるようにしましょう。特に、住宅を購入した最初の年や、生命保険料などを支払っている場合には、別途控除されるお金があり、いくらか税金が戻ってきますので、絶対に忘れないようにしましょう。

 

その他、年収が2000万円以上となるサラリーマンは確定申告は必要…との事ですが、さすがに期間工で2000万円を超える給料をもらっている人は居ないと思いますので、ここは考えなくて良さそうです。

 

まとめ

自分で事業をしていたりすると確定申告が必要となりますが、期間工ならほとんど会社が年末調整をしてくれるので安心ですね。一方で、期間工は残業があっても月20時間程度ですし、休みもきっちりありますから、FXやアフェリエイトで副収入を得ることも可能です。もしそれらの収入が年間20万円を超える場合があれば、速やかに確定申告をしておく事をおすすめします。尚、これら副業をしている事が会社にばれるとどうなるか…という点については、賛否両論分かれるところではありますが、一般的なサラリーマンでも、不動産収入を得ている場合もありますし、オークションで年間20万円以上の収入を得ている人もいくらでもいます。したがって、これらの収入が副業にあたるのかどうか…という議論になってくると思います。あくまで個人的な見解ですが、余暇の時間で別のアルバイトをする以外は、会社が禁止している副業にはあたらないのでは?と筆者は考えます。

PAGE TOP