期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

40代でも工場勤務できる?!「きつい仕事」を乗り切る5つのポイント!

工場勤務の仕事へ転職をお考えですか?
40代でも工場勤務で働けるのか。
体力的にも、経験や資格が必要なのかという点でも不安ですよね。
ましてや40代ともなると、収入もある程度必要。
40代、未経験で無資格、ある程度の収入。
希望にかなった求人情報は見つかるでしょうか。
心配いりません。
結論から言うと、40代で未経験でも工場勤務はできます。
ある程度の収入になる求人もあります。
問題は、体力面。
工場勤務の仕事は、1日中立ち仕事や不自然な姿勢で作業しなくてはいけません。
また、反復する動作で筋肉痛もあります。
暑い中や騒音のなかで勤務するため、かなりの疲労になります。
こうした、「きつい」仕事を乗り切る自信があるなら、40代でもいい仕事はあります。
今回は、こうした「きつい」仕事をどうすれば乗り切ることができるか、そのあたりを詳しく見ていきたいと思います!

40代で転職。収入は最低でもこれくらいは必要?

40代の平均年収は、なんと550万円程度。

驚きの数字です。

実際には、もっと少ないような気がしますよね。

これはあくまで平均値なので、実際に一番多い層は400万円~500万円くらいだそうです。

住宅ローンや、子供の教育費など、まだまだお金のいる世代だと思いますので、やはり年収400万円くらいは必要なのではないでしょうか。

40代の転職で年収400万円を確保することは簡単ではありません。

資格や経験があり、すぐに管理職として働けるなら可能性はありますが、未経験で無資格となると、残念ながら厳しいのが現実でしょうか。

期間工なら収入もあり、未経験でもいける!

工場勤務であれば、未経験でも、無資格でもできる仕事は確かにたくさんあります。

40代でも受け入れてくれる工場もたくさんあると思います。

問題は、年収400万円をどう稼ぐか。

夜勤や残業、休日出勤の多い工場を選べば、ある程度の収入にはなるかも知れません。

例えば、自動車製造の期間工であれば、月収例が30万円。

残業が月20時間程度、休日出勤が月1日の場合でこれくらいの額になります。

期間工であれば、さらに皆勤手当が2~3万、満了報奨金が3ヶ月に一度15万円程度支給されます。

期間工であれば、年収400万円は十分に可能。

それほど無理をしなくても稼げる金額だといえます。

慣れるまでを乗り切る5つのポイント! プラス1!

期間工には、「つらい」といわれるポイントがいくつかあります。

「騒音」「暑さ」「姿勢」「筋肉痛」「睡魔」「重度の疲労」「単調な作業」などです。
これらを乗り切る対策を押さえておきましょう!

①「騒音」には耳栓!

工場の騒音は100~110dBという音圧になり、これは15分もしたら難聴になるレベルなのです。
そのため「耳栓」は必須アイテム。
工場勤務では必ず着用するようにしましょう。

②「暑さ」には水分補給!

自動車製造の場合、ほとんどすべての工程で「暑さ」がつきまといます。
大量の汗をかき、大変な疲労となりますので、こまめな水分補給が必要。
必ず塩分やミネラルの入ったものを選んで飲むようにしましょう。

③「筋肉痛」にはテーピング!

筋肉痛対策も重要。
期間工の半分は最初の1ヶ月でやめてしまうという過酷な仕事ですが、その理由が筋肉痛と疲労です。
小休憩ではストレッチを行い、仕事後、痛みのある部位は氷で冷やす。
入浴ではしっかりと温めて、テーピング、サポーターで固定して仕事に臨みましょう。
ここまでするとしないでは、かなり違います。

④「睡魔」に襲われる前にしっかり寝とけ!

夜勤になれないうちは、夜勤前に眠れずに睡魔に襲われます。
これは「眠いだけ」と侮れるものではありません。
夜勤の前には必ず睡眠をしっかりと摂っておきましょう。

⑤「重度の疲労」には、休養しかない。

身体が慣れる最初の2ヶ月ほどは、何も予定を入れずに早く寝ること。
休みも体力を使う予定を入れずにしっかりと休むこと。
期間工はきつい仕事です。
ただし、それは身体が慣れるまでのこと。
身体が慣れれば、あとは楽なもんです。
慣れてからのつらさは「単調な作業」
これは、鼻歌を歌うとか、他の事を考えるとか、現場の人はそうして乗り切っているようです。
身体が慣れてしまえば、それくらい楽な仕事になります。

まとめ

40代でもできる工場勤務についてみてきました。

期間工なら、未経験でも無資格でも大丈夫。

必要な、年収400万円も十分可能です。

ただし、身体が慣れるまではきつい仕事になります。

  1. 「騒音」には耳栓!
  2. 「暑さ」には水分補給!
  3. 「筋肉痛」にはテーピング!
  4. 「睡魔」に襲われる前にしっかり寝とけ!
  5. 「重度の疲労」には、休養しかない。

という5つのポイントをしっかりとおさえて、期間工でがんばってほしいと思います。

PAGE TOP