期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

2017年9月28日、今日のデンソー期間工

みなさんこんにちは。

もちまるです。

 

デンソーでは年に1度車両紹介制度で家族や友人知人に手紙を出さなくてはいけなくて先日その手紙の提出を求められました。

私の場合、親兄弟でノルマは達成できたので問題なかったのですが上司の話を聞く限りあまり良い印象はなかったですね。

手紙の注意書きの様な欄には送り先の住所は控えたりなどは一切しないと書かれていましたが下の方に紹介情報を引き出すには車両購入者の名前と住所が必要だと明らかに矛盾していることが書いてありました。

上司曰く、友人知人にも挨拶だと思って気軽に送ればいいと言われましたが送り先の許可もなく勝手に住所や氏名を紹介者制度という名目のダイレクトメールを送るために会社側へ差し出すのは如何なものかと考えてしまいました。

少なくとも私は、友人には絶対送りたくありません。

今は昔と違い情報化社会で、アドレスが登録されるだけで数百円貰えるアフィリエイトや住所、氏名、電話番号が書かれたリストを販売して利益をあげている様な業者がある様な時代です。

私の考えすぎかもしれませんが、こんな時代に友人の住所と氏名を勝手に会社側へ提出するというのは後々問題になることもあるかもしれません、今後デンソーの紹介者制度の手紙を送るときは十分に注意した方がいいかもしれませんね。

 

では今日の食事です。

今日食堂で食べたメニューはこちら。

麻婆丼と豚汁。

値段は484円でした。

 

初めての麻婆丼ですがちょっと物足りなかったですね。

麻婆豆腐を構成する最小限の具材で作った様な品でした。

入っているものは豆腐と少なめなひき肉だけ、ネギは入っていませんでした。

味はそんなに悪くなかったですがネギぐらいケチらないで欲しかったですね。

 

次は質問コーナーです。

今日の期間工に関する疑問はこちら。

 

 

 

19歳女性です。

今度の金曜日にデンソーの期間工の面接に行くのですが、志望動機が上手くまとまらなくて困っています。どういった志望動機があるのか例をあげてくださると助かります。

ご回答よろしくお願いします。

引用:Yahoo!知恵袋

 

志望動機に関する疑問ですね。

知恵袋を見ているとこの志望動機に関する疑問は意外に多くてみなさん悩んでいるみたいですね。

今回は私が今まで受けてきた期間工面接で使ってきた志望動機を紹介していこうと思います。

 

1社目、待遇面が魅力的に思えた。

給料や寮無料が魅力的だったからと当時感じていたことを正直に面接官に話しました。

確か『私が現在申し込める求人で御社の求人がもっとも給料の条件がよく、さらに寮が無料と求人ページに書かれていたので御社しかないと思いました』みたいなことを言った気がします。

 

2社目、ネームバリューで働きたいと思った。

2社目の面接先は自動車業界最大手の会社でしたのでそのことを理由にしてみました。

『金銭的に魅力があり期間従業員という働き方をしたいと思いましたが数ある会社の中で規模や業績などを考えて御社がもっとも安定していて職場環境なども安心できるのではないかと思いました』みたいなことを言いました。

 

3社目、進学資金を貯めるために。

借金以外でお金が必要でもっともそうな理由を考えた末、私の場合、年齢がまだ20代前半だったので進学資金を理由にしました。

確か『25歳までには進学したいと考えていてそれまでに1000万円ほど貯金したいと考えていますが以前の職場では目標達成が厳しそうだったので御社に転職しようと決意しました』といった内容だった気がします。

ちなみに進学する気は全くありません。

 

ここまで3つ私が実際に使った志望動機を紹介しましたが正直なところ期間工の志望動機ならなんでもいいと思います。

あまりにも非常識すぎるのはよくありませんが単純にあなたが期間工になろうと思った本当の理由を話してしまっていいのではないでしょうか?

ネットの書き込みを見ると『お金を理由にするのは目標が達成された時に簡単に辞めてしまうということだから良くない』と書かれていますが逆に目標が達成するまで辞めないでいてくれると解釈してくれる場合の方が多いと思います。

私の場合はどれも少なからずお金が関係していたので面接官は口を揃えて『なら直ぐは辞めなそうだね』と言っていたのでとりあえず『ハイ!』と答えておきました。

 

みなさんもあまり考えすぎないで単純な理由を用意して気楽にリラックスして面接に挑んで見てはいかがでしょうか?

 

それでは今回はここまでです。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

PAGE TOP