期間工バイブル

工場・期間工のHTC(派遣 × 転職 × 貯金)パーフェクトConnectガイド。自動車メーカーで働く俺たちの情報バイブル

期間工にFXをおすすめする理由|現役デンソー期間工が解説

みなさんこんにちは。現役デンソー期間工の豚野郎です。

みなさんは今回の記事のタイトルを見てどう思ったでしょうか?

 

『投資なんて危ない!』

『経済のことはよくわからないしなんだか難しそう』

『FXなんてギャンブルと同じだ』

 

なんて思った人も少なからずいると思いますが私は期間工こそ投資活動をするべきだし、その中でもFXが期間工と相性が良いのではないかと考えていますし実際に私も期間工をしながらFXのトレーダーをしています。

今回はそんな私が期間工にFXをオススメする理由について書いていこうと思います。

 

そもそもFXとは?

そもそもFXって何って人もいますよね。

FXは日本語の正式名称を外国為替証拠金取引と言いわかりやすく訳すと色々な外貨を両替して価値の変動から生じた差額でお金を稼いでしまおうと言うものになります。

例えば1ドル100円の時に1万ドルを100万円で買ったとします。

通貨は国の経済状況や企業の送金需要で日々価値が変動しているので1万ドルを買った瞬間からこのドルに対する円の評価額は変動しています。

ですので、翌日1ドルの価値は買った当初から変動していてその価値を確認してみると運良くドルの価値が上がっていたか円の価値が下がっていたので円換算で1ドル101円になっていたとしましょう。

この場合ここで1万ドルを売却して円を買うと101万円の円になっているわけです。

これで1万円の利益を得ることができると言うのがFXになります。

そして現在インターネットの普及によりこの通貨の売買をネット上でボタン一つから行うことができるわけです。

どうでしょう?結構簡単ではないでしょうか?

しかしこんな説明をするとほとんどの人が『なら株で良くない?』と疑問に思うのですが株のデメリットがサラリーマンには致命的なので私は期間工にFXをオススメしています。

 

株とFXを徹底比較!期間工にFXをおすすめする理由がこれ!

 

株とFXでメリットとデメリットを比較

FXのメリットは何と言っても24時間マーケットが開いていると言うことです。

為替市場は土日を除き24時間いつでも取引ができるようになっています。

それに対して株式相場は平日の朝9時から11時30分までと12時30分から15時までの時間しかマーケットが開いていません。

そのためFXであれば出勤前や帰宅後にトレードをすることができますしポジションを持ち越す必要もありませんから仕事中に価格が気になって仕事に身が入らないなんてことにはならないでしょうが株であればサラリーマンの場合、無理して時間を作るかある程度長期取引をしなくてはいけないので持ち越す必要が出てきます。

このことからサラリーマンには株式よりFXの方が向いているのではないかと考えています。

 

レバレッジについて解説

次にレバレッジです。

株にも為替にも信用取引という種類の取引がありそこでは証券業者からお金を借りることで自分の持っている資金以上の額で取引することができますが株の場合は3倍、FXの場合25倍で取引することができます。

これは一見FXの方が危険なように感じるかもしれませんが考え方によっては少ない資金で通常の取引ができると言うことなのでリスクを限定化することができますし何より少ない資金で取引ができると言うのは大きなメリットと言えると思います。

プロのトレーダーでもなければ大きな金額でさらに大きな金額の取引をするのはリスクが大きいかもしれませんが大きな金額で余裕を持ってそれなりの取引をすることができたり小さな資金でそれなりの金額で取引をしたりできると考えるとそこまで危険ではありませんよね?

対して株の場合はレバレッジが3倍までしかかけられません、これはFXより最初の資金が必要と言うことになりますしそのぶん損失の額も大きくなりやすいです。

宝くじで1000万円ぐらい当たったなどそれなりに大きな金額を持っていてそれをとかしても問題ないような精神状態であれば問題ないでしょうがほとんどの期間工はそんな経済状況をしていないでしょうからやはりFXの方が向いているでしょう。

 

難易度について

最後に難易度です。

単純に価格の予想がFXと株のどちらが簡単かと言う話ですがこれは株の方が簡単です。

これはマーケットの構造に理由があります。

FXの場合例えば先ほど例にあげたドルと円で取引したとしましょう。

この場合ドルも円も価値が変動しています。

例えばドル円が100円から101円になったとしてこの情報だけではドルの価値が上がったのか円の価値が下がったのかわからずユーロドル、ユーロ円、ポンドドル、ポンド円など複数の通貨を確認して初めてわかるものになってきます。

逆説的にドルの価値が上がると思っていてもそれ以上に円の価値が上がってしまえばドル円のチャートは現在の価格より下落してしまいます。

要するに複合的な価値判断が必要になってきますしそのぶんチャートも素直には動いてくれないわけです。

反して日本株の場合は円が絶対評価になります。

円の評価に関係なく株式だけの価値が上がってくれればチャートが上昇してくれます。

この場合チャートは非常に素直な反応を示してくれます。

テレビなどで株の成功者がよく紹介されてFXの成功者が滅多に出てこないのもこのためだと個人的に考えています。

確かにFXでもいくつかの通貨を一定の割合で同時に取引することで擬似的に単一の通貨をトレードすることはできますがこれは非常に面倒であり高度な取引でもあります。

一般的にgoogleで”FX 手法”などと検索しても絶対に出てくるような内容ではないので初心者がここにたどり着くことはなかなかありません。

ですので、単一の通貨の取引ができないとされているFXに比較して円が絶対評価の株の方がトレードの難易度が低く簡単であると言えると思います。

しかしこの難易度も経験と知識でカバーできるものと考えているのでそこまで気にすることではないと思います。

 

まとめ

さて、ここまでFXと株について説明してきましたがいかがだったでしょうか?

投資と聞くととっつきにくいかもしれませんが始めてみると意外になんてことはありませんからぜひチャレンジしてみてはどうでしょうか?

 

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました。

*********ブログ著者プロフィール***********

ライター名:豚野郎

元ニートのデンソー期間工。 好きな物は二次元美少女とお金です。

********************************

PAGE TOP